広島で男性の不妊治療のことなら漢方薬局ハーブス

男性不妊イメージ

漢方薬局ハーブスの男性の不妊治療のサイトへようこそ!!

漢方薬局ハーブスは広島県広島市西区にある漢方薬局です

このサイトはハーブスが提供する男性の不妊治療に関する治療情報サイトです。

ぜひ参考になさってください。

不妊症の中で男性が原因の不妊症の占める割合

日本ではあまり認知されていない事実ですが、男性の不妊症というのは実は,意外に多いと言われています。

WHO(世界保健機関)の発表によると、不妊症の原因のうち、男性だけに原因のあるもの(男性の不妊症)は全体の24%男女共に原因となっているケースが全体の24%女性だけが原因となっているケースは全体の41%、そして原因不明のケースが11%となっています。

これをまとめると、少なくとも男性が不妊症の原因(男性不妊)となっているケースは全体の48%にものぼるといわれているのです。

一方女性の場合は全体のうちの65%が女性の原因であるということになります。

何れにしても男性不妊が全体の約5割に近いということからこれは無視できない原因であると考えられます。

西洋医学的にみた男性の不妊症の原因

男性の不妊症の原因の中で最も多いのが原因が特定できない原因不明のものなのです。

これが逆に言えば漢方的な男性の不妊症の原因なのではないかとも思えるのです。

それ以外に多いのが勃起障害、精索静脈瘤、精路閉塞、染色体異常、射精障害、性腺発育障害などと続いていきます。

男性の不妊症と検査

男性の不妊症の診断には各種の検査が行われます。そのなかでももっとも重要なものは清液検査です。

WHOで定義されている、男性の精液の正常値は以下の通りです。

精液検査

・精子量1.5ml
・精子濃度1500万/ml以上
・総精子数3900万以上
・運動率40%以上
・奇形率96%未満
・総運動精子数1500万以上
それ以外に日本産婦人科学会では精子の直進運動率も参考にされます。
・直進運動率25%以上
※この値は射精後60分以内のもので37度の条件下で25μm/秒以上、20度の条件下で20μm/秒以上進むものをいいます。

抗核抗体

男性にも抗核抗体が存在する場合があります。

もし抗核抗体が存在した場合は精子の運動率が低下し男性不妊の原因になります。

染色体異常

精子に染色体異常を持つ男性は男性不妊で来られる患者さんの数%程度いると言われています。

これは血液検査によって行われます。

ホルモン検査

血液検査によって体内の性ホルモンを調べます。主にFSH(卵巣刺激ホルモン)LH(黄体形成ホルモン)、テストステロン(男性ホルモン)などです。

テストステロン250~1100ng/dl

FSH2.9~8.2mIU/ml

LH1.8~5.2mIU/ml

男性の不妊治療と漢方薬

男性の不妊治療と漢方薬

西洋医学では男性の不妊症の原因は精子の数(精子密度)の低下、及び運動能の低下等が考えられていますが、漢方(中医学)ではその主な原因を腎精不足、お血、気虚、肝気鬱結などと考えています。

そのためこれらの原因を治療することが男性の不妊治療となります。

中医学と男性の不妊治療

※中医学とは中国で独自に発展を遂げた東洋医学で日本の漢方とは若干異なる部分があります。

腎虚と男性の不妊治療

その中でも一番多いのは腎精不足を中心とした複合型です。

そのため漢方治療としては補腎をベースに治療を行うのが一般的です。

漢方(中医学)では腎臓は両親からの生命力を受け継いだ、生命力の根本であり、生殖機能の中心と考えられています。

腎精とはとくにその生殖機能をさしています。

この臓器の機能は加齢、慢性疲労、過度な性生活などで低下しますし、先天的に弱い人もいます。

そのような人には補腎薬という、腎臓(生殖機能)を強化する薬を用います。

肝気鬱結と男性の不妊治療

また現代のようなストレス社会ではこれが引き金となって自律神経を乱し、体調不良を引き起こしているタイプ(肝気鬱結)の人も増えてきています。

このような人は自律神経を整えて行くお薬を中心用います。

瘀血と男性の不妊治療

また血流が悪くそれが原因で精子を十分育てられないケースもあります。

こういう場合は血流を良くする薬を用います。

それ以外の男性の不妊症の原因

食生活が片寄りがちで、高カロリー、野菜不足、睡眠不足、ストレスの多い生活などの人はミネラルバランスが乱れそれが精子の減少をきたす原因になることがあります。

そのため、ミネラル補給の補助的なものを使うこともあります。

※インポテンツなども男性不妊の要因の一つになりますが、これは腎虚をベースにした複合型の方が多いので、補腎薬にその人の問題に合わせた薬を組み合わせることが多いです。

男性の不妊症と養生法

男性の不妊症の食養生

脾虚(胃腸が弱めな)男性の不妊症の方の食養生

胃腸が弱めなのが不妊症の原因となっている男性の場合、一番大事なのは良く噛んで食べることです。

できるだけバランスの取れた食事を心がけることが基本です。

胃腸を休ませる時間が必要なので、極力間食を摂らないようにしてください。

基本的に胃もたれしないもの、下痢にならない食べ物を摂るようにしてください。

多くの場合脂っこいもの、冷たいものは良くない場合が多いです。

汗をかきやすい男性の不妊症の方の食養生

身体からミネラルが奪われやすいのでミネラルを多く含む食べ物を積極的に摂取する必要があります。

野菜を大量に摂取するよりも、海産物でミネラルを補充するのをお勧めします。

瘀血が原因の男性の不妊症の方の食養生

瘀血とは血液の滞りのことを指します。実際にはドロドロ血だけでなく、血管の動脈硬化の概念なども含む広いものです。

瘀血が原因で男性の不妊症となっている代表的な病気は精索静脈瘤です。

精索動脈瘤は血管と血流に問題があります。

そのため血液をサラサラにすることが男性の不妊治療となるわけです。

そのため動脈硬化が進まないために、カロリーの高い食事、動物性の脂肪(お肉の油、牛乳、バターなどの乳脂肪)、お酒を極力控える必要があります。

それ以外には血糖値の急激な上昇は体内の脂肪を増やす結果になります。砂糖を含むお菓子の間食や夕食後の果物の摂取、アイスクリームなども控える必要があります。

特に緑の野菜を中心にして、脂肪分の少ないお肉や魚などを補助的に摂るようにしてください。

男性の不妊症の生活上の養生法

ほとんどすべての男性の不妊症の方に言えること

睡眠時間を減らさないことです。これは男性不妊における生活の養生法のなかで最も重要です。

精子無力症、乏精子症、精索静脈瘤など、ほとんどすべてのタイプの男性の不妊症の患者さんにも当てはまることです。十分注意してください。

胃腸が弱めな男性の不妊症の方の養生法

このタイプの方は多くの場合疲れやすいタイプです。疲れをためると食欲も減少し、精子の働きや量も減ってしまいやすいです。

そのため疲れを溜めない生活を心がけることが重要です。

そのためしっかりと睡眠をとることも重要ですし、食べ物を良く噛んで食べることも大切な養生法です。

また運動としてはスポーツジムなどで週に1回激しい運動をするより、毎日コツコツと10分でも歩くみたいな運動が向いています。

精索静脈瘤が原因の男性の不妊症の生活上の養生法

原則は血流を良くすることです。もっとも手軽で一定の効果があるのは歩くことです。

パス通勤の方などは下車予定のバス停よりも1つor2つ前で降りて歩かれることをお勧めします。

あとはお風呂ですがシャワーでなく毎日必ず浴槽につかるということも重要です。

 

広島の漢方薬局ハーブスの考える男性の不妊治療の基本

男性の不妊治療で漢方的に最も多いのが日々の疲れによる気血の消耗です。

そのため大事なことは気血を補うことと、消耗を極力防ぐことです。

すべてではないですが、男性不妊は女性に比べ改善しやすい方が多いです。

悩んでおられる方は一度ご相談ください。

広島の漢方薬局ハーブスが提供する男性の不妊治療のさらに詳細な疾患と治療

乏精子症

精子無力症

精索静脈瘤

無精子症

精子奇形症

精子死滅症

精子過剰症

広島の漢方薬局ハーブスで男性不妊の原因の方が妊娠された患者さんの声

精子の状態が悪く顕微授精を行い無事妊娠しました!!

無精子症と言われたが、病院治療との併用で無事妊娠しました!!

漢方に2年間通い10回目の人工授精でやっと妊娠しました!!

14回目の人工授精で無事安定期まで来ました!!

不妊13年目で初めて子供を授かりました!!

通常の不妊治療と男性不妊治療を行い自然妊娠した不妊治療体験談

漢方服用(男性不妊症治療)2か月で妊娠しました!!

 

男性不妊の関連ブログ

男性の不妊治療連ブログとしてまとめてありますので是非読んでみてください!!

男性不妊の関連ページ

体外受精の適応

フーナーテスト(フューナーテスト)

不妊検査

タイミング療法

 

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

Follow me!

お気軽にお電話ください