広島 パニック障害|広島でパニック障害なら漢方薬局ハーブス

不安神経症イメージ

このページは広島県広島市西区にある漢方薬局ハーブスの不安神経症(パニック障害)に関する情報サイトです。

ここでは不安神経症(パニック障害)が改善した症例、原因、症状、全般性不安障害の症状、原因、病院での治療、関連ブログなどを載せています。

 

ぜひ参考にしてください。

不安神経症(パニック障害)が改善・治癒した体験談

パニック障害治癒体験談

パニック障害治癒体験談3

不安神経症(パニック障害)治癒体験談1

不安神経症とは

不安神経症は、最近では急性  の不安発作(パニック発作)を繰り返すパニック障害と、慢性的に不安感と同時に様々な身体症状を訴える全般性不安障害の2つに分けられています。

パニック障害とは

パニック発作の症状

突然の動悸、頻脈、胸苦しさ、息苦しさ、めまい、震え、しびれ、発汗、吐き気、過呼吸などに激しい不安感、恐怖感を伴う場合が多いそして発作は繰り返し起こるそのため、そのような発作が起こりそうな場所や状況を恐れ避けるようになるのが特徴です。

パニック障害の原因

原因はまだよくわかっていません

もともは心因性の原因で生じると考えられていましたが、中には心因性の原因がないにもかかわらず症状を発症するようなケースもあるため、

心理的原因よりも脳内ノルアドレナリン系の過敏・過活動、あるいはセロトニン系の機能不全など、脳機能異常説が有力考えられています。

パニック障害の患者さんはカフェインや炭酸、乳酸などに敏感で発作が誘発されやすい傾向にあります。

また風邪や寝不足や過労などが誘因となることもあります。

全般性不安障害について

全般性不安障害の症状

慢性的な不安と一般的に言われる不定愁訴(過敏、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中困難、不眠などの精神症状と、首・肩のこり、頭痛・頭重(ずじゅう)、震え、動悸(どうき)、息苦しさ、めまい、頻尿(ひんにょう)、下痢、疲れやすい)などの多様な症状が出てきます。

全般性不安障害の原因

不安神経症の場合、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因で起こるのが一般的と考えられますが、まったくないこともあります。

過労、睡眠不足、かぜなど、身体的な状況がきっかけになることもあります。

全般性不安障害はもともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多い傾向があります。

女性に多いのも特徴の一つです。

不安神経症(パニック障害)の病院での治療

不安神経症(パニック障害)は一般的に抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)が用いられるのが一般的です。

これにほかの症状が併発している場合は(不眠症であれば睡眠薬を併用、うつ病であれば抗うつ剤を併用など)それぞれに対して薬を追加で合わせて服用するのが一般的です。

ただし、不安神経症(パニック障害)に対して抗不安薬は症状を抑えるための薬であって、根本的に治療する薬ではないのでそれを理解したうえで服用すべきです。

一般的にベンゾジアゼピン系の薬剤は連用すると依存症が生じやすいので、服用量や服用期間に関しても注意が必要です。

また薬物療法だけでの治療が難しい場合は、心理療法などを併用するケースもあります。

不安神経症とパニック障害と漢方薬

漢方的には不安神経症とパニック障害も病名で薬を使い分けることわありません。

むしろ出ている症状がその方の体質を投影しているので、その症状と体質を踏まえて薬を選びます。

不安神経症とパニック障害に良くつかわれる漢方薬

自律神経失調症様の幅広い症状・・・加味逍遙散・逍遙散
息苦しさ・胸苦しさ・・・半夏厚朴
緊張症状・・・抑肝散
イライラ…柴胡加竜骨牡蠣湯
めまい・・・苓桂朮甘湯
動悸…牛黄清心元(丸)
不眠…帰脾湯

 

不安神経症(パニック障害)関連ページ

自律神経失調症

不眠症

更年期障害

ここでは広島県広島市西区にある漢方薬局ハーブスの不安神経症(パニック障害)に関する情報書いてきました。

パニック障害に関して何か気になることなどあればご相談ください。

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

Follow me!

お気軽にお電話ください