脂漏性湿疹 広島|広島で脂漏性湿疹なら漢方薬局ハーブス

湿疹イメージ

このページは広島市西区にある漢方薬局ハーブスの脂漏性湿疹の情報ページです。

ここでは脂漏性湿疹、概要、原因、症状、スキンケア法、一般的治療、漢方的治療、治った患者さんの体験談などを載せています。

ぜひ参考にしてください。

脂漏性湿疹とは

脂漏性湿疹とは皮脂の分泌の多い皮脂腺が多く存在する顔面(特に鼻周辺)から頭部(頭皮)にかけて生じやすい湿疹です。

脂漏性皮膚炎ともいいます。フケのような分泌物が多量に患部に出ているのが特徴です。

乳児や高齢者に多い湿疹で、一般的な脂漏性湿疹と乳児の脂漏性湿疹は原因がことなることがあるため、乳児の脂漏性湿疹に関しては乳児脂漏性湿疹とわけて考える場合もある。

脂漏性湿疹の原因

乳児と成人では原因が異なると考えられています乳児の場合は皮脂の分泌が過剰になっているため、頭皮などの毛穴が詰まってしまって症状が出ると考えられています。

成人の場合は、皮脂腺から分泌される皮脂の中に存在する、トリグリセリド(中性脂肪)がマラセチアという真菌(カビの一種)によって分解され、遊離脂肪酸が生じそれが皮膚を刺激して皮膚に炎症を生じさせると考えられています。

マラセチアは汗や皮脂の多い環境を好むため、皮脂の過剰分泌は脂漏性湿疹を生じさせる大きな原因の一つです。

中でも男性ホルモンの過剰分泌は皮脂の分泌を促進させるため、この疾患は男性に多いといわれていますが、最近ではホルモンバランスの乱れなどから女性にも多くなってきいているといわれています。

また免疫力の低下(免疫力が十分あればカビの繁殖は抑制できる)や過酸化脂質が過剰になって生じる疾患であるため、ビタミン不足や肝臓疾患、糖尿病、肝臓疾患、高脂肪食、HIV感染などによっても生じます。

そして免疫力が低下してくる高齢者に多いとも言われています。

湿疹イメージ

脂漏性湿疹の症状

乳児脂漏性湿疹

前額部から頭皮にかけて強い症状が出ます。多くの場合、時間とともに自然に改善することがほとんどですが、中にはアトピー性皮膚炎に移行する場合があります。

成人(高齢者)の脂漏性湿疹

顔の鼻周辺や眉毛周辺、口の周り、頭皮、首の生え際付近などを中心に症状が出ることが多いです。

その周辺は赤味を伴うことがあり、痒みを伴うこともあります。また加齢臭のようなにおいを伴うことがあります。

脂漏性湿疹のケア方法

乳児脂漏性湿疹

皮膚を清潔に保つことが基本です。ただし、乳児の皮膚はデリケートなので洗いすぎにも注意が必要です。

成人(高齢者)の脂漏性湿疹

皮膚を清潔に保つことは重要です。それ以外にビタミンB類の摂取や免疫力の低下を避けるため、疲れをためないこと、十分な睡眠の確保なども重要です。

ハーブスイメージ

脂漏性湿疹の一般的治療

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹には決定的な治療法はありません。ステロイド剤で抑えながら自然に良くなるのを待つのが一般的です。

成人(高齢者)の脂漏性湿疹

成人(高齢者)の脂漏性湿疹 に関しても症状の小康と再発を繰り返し、根治ちにくいというのが一般的な考えです。

薬はカビの繁殖を抑えるために抗真菌薬の外用剤、炎症を抑えるため、ステロイドの外用剤、かゆみを抑えるため抗アレルギー剤or抗ヒスタミン剤が用いられます。

ビタミン不足の可能性があればビタミンB剤が使われることがあります。

脂漏性湿疹の漢方薬による治療

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹は漢方では昔からくさと言って、治療対象の一つでした。この乳児脂漏性湿疹に使われる代表的な漢方薬が治頭そう一方というお薬です。ただし誰にでも使えるわけで貼りませんし、合わなければ逆に悪化します。

成人(高齢者)の脂漏性湿疹

これは患者さんの体質やできた原因によって薬は全く異なると思います。

治頭瘡一方や十味敗毒湯、黄連解毒湯などが代表的なものです。

脂漏性湿疹の治療を受けて治った患者さんのお喜びの体験談

脂漏性湿疹が治りました!!

Follow me!

お気軽にお電話ください