卵管閉塞 漢方|卵管閉塞(卵管狭窄)なら広島の漢方薬局ハーブス

 

このページは広島市西区にある漢方薬局ハーブスの卵管閉塞(卵管狭窄)に関する情報サイトです。

ここでは卵管閉塞についての原因や症状、基礎体温、漢方的な原因や用いる漢方薬、ブログ、体験談、関連する疾患症状などについてきています。

ぜひ参考にしてください。

卵管閉塞(卵管狭窄)について

卵管閉塞や卵管狭窄は卵管通過障害と呼ばれ、女性の不妊症の全体の約3割がこの原因によると考えられている重要な疾患です。

卵管閉塞とはその名の通り卵管が詰まってしまう病気です。そうすると排卵された卵が精子と出会うことができず、受精することができないため妊娠できないのです。

卵管狭窄は卵管閉塞の軽度なものと考えてもらうといいです。卵管狭窄の場合は絶対妊娠ができないわけではないですが、通常に比べれば妊娠しにくい状況になります。

卵管閉塞が生じると排卵した卵が卵管を通過できないため受精の障害となり、不妊症の原因になります。

ただし一方でも通っていれば確率は下がりますが、妊娠は可能です。

両方の卵管が詰まっている場合、一般的には自然妊娠は難しいと考えられます。

卵管閉塞(卵管狭窄)の原因

卵管閉塞の原因としては子宮内膜症・腹腔内の炎症(虫垂炎)などありますが、一般的には細菌(クラミジア感染症以外にも雑菌による感染も多々あると思います)などによる炎症反応の結果として起きることが多いと考えています。

卵管閉塞(卵管狭窄)と基礎体温

卵管閉塞(卵管狭窄)の場合、その状態が基礎体温のグラフに投影されることがあります。

卵管閉塞の基礎体温の特徴は徐々に上がることが多いのです。

卵管閉塞の基礎体温のグラフ

卵管閉塞(卵管狭窄)の病院での検査及び治療法

卵管閉塞を検査する方法として代表的なのが、造影検査、通水検査、通気検査です。

通水検査は治療としても用いられます。

通水検査などが治療可能なのは通常卵管狭窄などの軽度のものです。

両側性の卵管閉塞などになると治療としてはFT(卵管鏡下卵管形成術)があります。

さらに卵管采まで完全に閉塞している場合や癒着を伴うものはFT(卵管鏡下卵管形成術)では難しく、腹腔鏡下手術やFT(卵管鏡下卵管形成術)と腹腔鏡下手術を併用しなければならないケースもあります。

ただし、それらの治療法はその時点では有効ですが、感染症が原因の場合、卵管閉塞や卵管狭窄を引き起こす原因そのものを治療しているわけではないため再閉塞、再狭窄する可能性があります。(3か月以内に再閉塞、再癒着するケースは全体の約10%といわれています)

卵管閉塞イメージ

 卵管閉塞(卵管狭窄)と漢方薬による治療

繰り返す卵管閉塞や卵管狭窄には漢方薬という方法もあります。

FT(卵管鏡下卵管形成術)は即効性のある治療法ですが、すぐに詰まってしまう方には不向きです。

それは先ほども書きましたように卵管閉塞や卵管狭窄を引き起こす原因そのものを治療していないからです。

漢方にはその大元の原因に対応する理論があります。

漢方(東洋医学)からみた卵管閉塞(卵管狭窄)の原因

卵管閉塞(卵管狭窄)を漢方的に考えるとは瘀血(血液の滞り)と水毒(水の滞り)が大きな原因となっています。

卵管閉塞とは卵管が腫れて詰まっているわけですから、その詰まりを生じさせる原因がある訳です。

そういう場所では血管の透過性が高くなり、体液(組織液)が過剰になっています。

ですから血液の流れを良くして、余分な水を取り除く水毒のお薬が合うと考えられるのです。

実際に水毒の薬というのは西洋医学的に考えると免疫に関わるものが多いのです。

代表的なものは菌糸体系(キノコ系)の生薬です。水毒の薬にはこの菌糸体系の生薬が含まれていることが多いのです。

それらによって卵管内の局所免疫が高まるのではないかと考えています。

また性感染などを起こした心当たりのない方の場合、卵管閉塞を生じる、大元(根本原因)には本人さんの感染症に対する免疫力の低下(気虚)が場合もあります。

そういう場合は元気にする漢方薬で卵管閉塞が回復することがあります。

卵管閉塞(卵管狭窄)に使う代表的な漢方薬

活血薬
桂枝茯苓丸など

利水薬
二陳湯系統

卵管閉塞(卵管狭窄)で妊娠された患者さんの声

卵管閉塞とLUF(黄体化非破裂卵胞)乗り越え妊娠しました!!

ひどい生理不順と卵管閉塞を乗り越え妊娠しました!!

体外受精で妊娠できませんでしたが自然妊娠しました!!

卵管閉塞を乗り越え妊娠しました!!

さらに不妊治療体験談に興味のある方は➡ケース別不妊治療体験談

卵管閉塞(卵管狭窄)に関するブログ

卵管閉塞と卵管狭窄の悩みどころ

とうとう卵管が通っているといわれました!!

卵管が通りました!!

言われた通り卵管閉塞、良くなっていました!!そして多嚢胞性卵巣(PCOS)・・・

卵管癌が消えたと病院で言われた話について

さらに不妊治療の関連ブログに興味のある方は➡不妊治療カテゴリー別ブログ

卵管閉塞に関連するページ

子宮外妊娠

卵管水腫

FT(卵管鏡下卵管形成術)

子宮内膜症

 

以上が広島市西区にある漢方薬局ハーブスの卵管閉塞(卵管狭窄)に関する情報です。

卵管閉塞(卵管狭窄)に関する基本的な情報は変わることはありませんが、関連するブログや妊娠された患者さんの体験談などは随時更新していく予定です。

なのでまた不定期にでも来てみてください。

さらに漢方薬局ハーブスの不妊治療全般に興味のある方は➡不妊治療

 

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

Follow me!

お気軽にお電話ください