卵管水腫の事なら広島の漢方薬局ハーブス

卵管水腫イメージ

このページは広島市西区にある漢方薬局ハーブスの卵管水腫に関する情報ページです。

ここでは卵管水腫の原因や症状、不妊症との関連、病院での治療(手術)、漢方薬による治療について書いています。

ぜひ参考にしてください。

卵管水腫と体験談

卵管閉塞(卵管狭窄)を行って妊娠された患者さんの声を載せています。ぜひ参考になさってください

卵管閉塞とLUF(黄体化非破裂卵胞)乗り越え妊娠しました!!

ひどい生理不順と卵管閉塞を乗り越え妊娠しました!!

体外受精で妊娠できませんでしたが自然妊娠しました!!

卵管閉塞を乗り越え妊娠しました!!

卵管水腫とは

正式には卵管留水腫といいます。

卵管内に卵管液が貯留し、それによって卵管が膨れてしまう病気です。

つまり卵管液によって卵管内が水膨れ(水腫)を生じてしまった状態なのです。

多くの場合卵管のうちの卵管采の付近に癒着が生じた場合に発生します。

卵管水腫を起こす原因とは

一番よく知られているのはクラミジア感染です。しかしそれ以外の感染症などでも発生する可能性はあると思います。

なぜなら生理学的に身体で水が発生する場所には基本的に炎症がある場合が多いのです。

そのため炎症を生じさせるような感染症があればそれは水腫を起こす原因になりえるのです。

それいがいの原因としては子宮内膜症や手術後の癒着です。

子宮内膜症という病気は他のページにも書いていますが、子宮内膜の細胞が別の組織の中にできてしまって生じる病気です。

子宮内膜症の中で特に良く知られているのがチョコレート膿腫と子宮腺筋症です。

子宮内膜細胞の特徴は生理前までは増殖し、生理時にそれが剥がれるという性質を持っているということです。

そのため卵巣内でそれが生じると内膜が剥がれていわゆる生理を起こすわけですが、それが卵巣内だと、どこにも行けないので生理が起こるたび内膜が剥がれてゆき、その血が溜まってどんどん卵巣が血(内膜)でふくらんでゆく病気なのです。

これが普通の臓器や腹膜付近で子宮内膜の細胞が同じように剥がれると、剥がれた後にその部分を再生する際に、臓器同士や腹膜と臓器などで癒着を生じてしまうのです。

また手術後に癒着とするというのは可能性が2つあると思います。

一つは術後の感染症によって炎症が生じて、それによって癒着が生じてしまうようなケース(多くはないと思いますが)それと術後傷ついた器官・臓器が接触したまま自己修復(自己再生)を行うと臓器・器官同士がくっついてしまうケース(子宮内膜症による原因と似ている)です。

そのためこの癒着をはがす様な手術を行っても、数か月後には再癒着し、卵管留水腫を再び生じてしまうことも多々あるのです。

漢方薬局ハーブスイメージ

卵管留水腫の症状

自覚症状のないケースも多々あります。

女性の場合の原因として多いクラミジア感染も男性の場合は強い自覚症状を伴うことが多いのですが、女性の場合は気づかないケースが多いようです。

そのため病院の検査で偶然発見されることの方が多いかもしれません。

あまり自覚症状が出ないケースの多いことの卵管留水腫ですが、症状が出るとするならば、おりものの増加が多いようです。

しかし、これは排卵の時期に増える傾向があるため、気づかないケースも多いようです。

卵管留水腫と不妊症

卵管留水腫は不妊症の原因になると言われています。

卵管留水腫がある場合と無い場合では、体外受精(ART)の妊娠率は、卵管留水腫が片側ある場合6~7割の妊娠率に留まると言われています(この数値は文献などによっても異なりますが・・・)。

もし卵管留水腫が両側に存在した場合は、卵管留水腫が無い方に比べるとある場合は、妊娠率はその半分程度まで下がると言われています。

そのため体外受精を行う患者さんであっても卵管水腫は、あらかじめ治療しておいた方がよい疾患と言えると思います。

 

なぜ卵管留水腫で不妊症になるのか?

なぜ卵管留水腫で不妊症になってしまうのかに関しては完全にその理由が完全にわかっているわけではないのですが恐らくこれが原因ではないか?というものがいくつか考えられています。

一番問題だと考えられているのは、卵管に溜まっている水です。

この水が妊娠に悪影響を与えると考えられているのです。

ではどのように悪さをしているのかというと、

  • 水腫の水によって卵子と精子の受精が妨げられる(水が多すぎて精子と卵子の出合う確率を下げてしまっている)
  • 卵管水腫で生じた水が受精卵の発育を妨げている
  • 卵管水腫で生じた水が子宮内膜の発育を妨げている

以上のような原因が考えられています。

病院治療イメージ

卵管留水腫の病院での治療(手術など)

卵管水腫のがある場合、自然妊娠を希望するか、体外受精を前提とするかによってその治療法は異なってきます。

そのためこの手術・処置を受けられる際は先を見越してよくよく話し合われて行った方がいいように思います。

自然妊娠を希望される場合(卵管温存)

自然妊娠を希望される際は当然卵管がなければ自然妊娠はできません。

そのため卵管を温存して機能回復を目指すような治療法が選択されます。

  • 卵管開口術
  • 卵管采形成術

卵管開口術の場合、手術後妊娠率はおよそ2割前後改善すると言われいます。

まら卵管采形成術の手術後は4割前後の改善があると言われています。

しかしどちらの手術を行っても、子宮外妊娠の確率も、手術前に比べ2~3割上昇すると言われています。

 

体外受精を視野に入れる場合(卵管・卵管采手術)

  • 卵管内容液吸引
  • 卵管クリッピング術
  • 卵管切除術

卵管内容液吸引は術後の妊娠率に有意な変化が見られないと言われています。

そのため、この手術はどうなんだろうと思われます。

卵管クリッピング術は卵管内容液吸引に比べれば妊娠率は高まると考えられていますが、クリップで止めた部分に感染症が発生した場合に卵管留膿症という病気を生じてしまうリスクがあります。

完全に自然妊娠の可能性はなくなってしまいますが卵管切除術を受けた不妊症の患者さんは1.8倍体外受精による妊娠率が上がったというデーターもあるようです。

そのため、体外受精でよいという割り切りができるのであれば、卵管切除術は悪い選択ではないといえます。

卵管留水腫と漢方薬による治療

卵管留水腫は基本的に卵管閉塞の病態の一つと考えられます。

そのため卵管留水腫の治療は卵管閉塞の治療とほぼ一致します。

では漢方的には卵管水腫とはどのような病気と考えているのでしょう?

卵管水腫の漢方から見た原因

卵管留水腫を漢方的に考えてもっとも大きな原因は2つです。

水毒

まさにに水の毒です。水毒とは漢方的には身体の中の水の偏在が体に悪影響をするという考え方と余分な水が悪さをするという考え方の2通りあります。

今回のようなケースは余分な水が悪さをすると考えてもらうと良いと思います。

瘀血

血流の問題です。血行が悪くて血液の循環が悪くなり、それに伴って水(体液・リンパ液組織液など)の循環が悪くなり、それが卵管に影響して水が溜まって腫れてしまったと考えるのです。

卵管水腫の漢方薬治療

漢方では漢方薬による治療を行う際、その原因に即した治療を行います。

漢方的な卵管留水腫の原因は水毒と瘀血が多い訳です。

そのため治療の原則としては、水毒を減らしてゆく治療(利水)や血液の流れを良くする治療(活血)を行うのが基本となります。

卵管水腫とブログ

卵管閉塞と卵管狭窄の悩みどころ

とうとう卵管が通っているといわれました!!

卵管が通りました!!

言われた通り卵管閉塞、良くなっていました!!そして多嚢胞性卵巣(PCOS)・・・

 

卵管水腫関連ページ

卵管閉塞(卵管狭窄)

FT(卵管鏡下卵管形成術)

子宮内膜症

 

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

Follow me!

お気軽にお電話ください