卵管閉塞を乗り越え妊娠しました!!|広島の漢方薬局ハーブス

妊娠イメージ

卵管閉塞患者さんのお喜びの声 30代女性

結婚して半年が過ぎた頃から子供が欲しいと思うようになり、自然にできるのを待ち望んでいましたがなかなかできず、

もしかしたら何か原因があるのかもしれないと病院で検査してもらった結果、卵管閉塞といわれ、

片方の卵管が詰まっていることが判明し、他の人よりもリスクがあることを悔やみました。

排卵チェックなど半年ほど病院に通いましたが、思うように効果も得られず、しばらく通院を休んでいたときに知り合いからハーブスを紹介され、半信半疑のまま主人と二人で相談に来ました。

そして出していただいた薬を飲み始めて約1ヶ月後に妊娠していることがわかり、最初は本当に信じられませんでした。

今では病院にいくたびに喜びをかみしめています。

初産なのでまだまだ予断は許されませんが、無事出産できるように頑張りたいと思います。

谷先生、本当にありがとうございました。

漢方薬局ハーブスからのコメント

この方は病院では卵管閉塞が大きな原因と診断されていますが、私の漢方的な見立てでは最も問題が大きかったのは卵管ではなく情緒的な問題だったように思います。、

西洋医学的には高プロラクチン血症に近い状態に思われます。

そこでその状態を改善する目的で出した薬が効いたのだと思います。

これによって基礎体温の状態が明らかに改善したので、手ごたえは感じていましたが、1か月で妊娠されたのは驚きでした。

もし卵管閉塞が原因であれば、服用1か月よりもさらに前に卵管が通っていないと理屈的にはつじつまが合いません。

(もちろん過去に漢方服用1か月で卵管が通ったのを病院で確認できたケースはありますが、それでも1か月はかかっていますから、そこから受精、妊娠の過程を経るためには1か月半程度はかかるのではないかと思います)

妊娠確認するためにはその約2週間前には排卵して卵管を通過する必要があるため、そうするとやはり卵管のどちらかは通っていて、そのどちらかから卵は通って受精して着床したのだと思います。

実際基礎体温が変化していますし、卵管閉塞の治療では基礎体温は極端な変化はしないはずです。

まあ今回は病院の診断に誤りがあったのではないかと思いますが、基本的には病院の検査結果は重要です。

卵管閉塞が原因と言われてもそうでないこともあるという理解をしていただだければと思います。

卵管閉塞の治療に使用した漢方薬とその費用の目安

不妊治療及び卵管閉塞に用いた漢方薬

補中益気湯
桂枝茯苓丸
芍薬甘草湯

妊娠後の流産防止のため
芎帰膠艾湯

卵管閉塞の治療期間

2ヶ月

卵管閉塞と不妊治療の1ヶ月のお漢方薬代

最初の1ヶ月13500円/月

2ヶ月以降(流産止め)月9000円

※通常は15000円~21000円/月の場合が多いです

 

※卵管閉塞の患者さんで妊娠されたその他の体験談もあります

卵管閉塞とLUF(黄体化非破裂卵胞)を乗り越え妊娠しました

ひどい卵管閉塞と生理不順を乗り越え妊娠しました!!

 

 

 

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

Follow me!

お気軽にお電話ください