ひどい卵管閉塞と生理不順を乗り越え妊娠しました!!|広島の漢方薬局ハーブス

 

不妊治療イメージ

卵管閉塞患者さんが妊娠されたお喜びの声 30代女性

若い頃の急激なダイエットによって、生理がとまり生理不順をずっと放置していたので、二・三ヶ月に一回短い生理が来るようなひどい状態でした。

漢方を飲み始めて、生理が一・二ヶ月ごとにくるようになり基礎体温も、徐々に二層に分かれてきたり少しずつ効果が現れてきました。

そろそろ、病院も兼用していこうと思い検査をしたところ、ホルモンが低いのと卵管に詰まりがあるのがわかり、それから、ホルモン剤と漢方で頑張りました。

排卵出来た月があったり、だめなときがあったりと不安定なときが続き落ち込んだりもしましたが、なんと妊娠することができました。

まだまだ、長期戦になるだろうなと思っていた矢先のことだったので、全然実感がわきませんでした。

ホルモン値も不安定な状態だったので、安定期に入るまでずっと、不安だったんですが、ようやく安定期までくることができたのでとても、嬉しいです。先生に、とても感謝です。

いろいろ不安なときもありましたが、先生に相談できたので前向きに頑張れました。

本当にありがとうございました。

漢方薬局ハーブスからのコメント

この方の治療は非常に苦労しました。

当初卵管閉塞とひどい生理不順があり、基礎体温はガタガタでした。

最初出した漢方薬で逆に生理周期が乱れ、基礎体温もガタガタになり、処方の変更を何度も行いました。

また基礎体温がきれいになってきたと思う処方で腹痛がでて服用ができなくなったり、いくつかの原因に対する治療を行うため、処方を変えるとまた生理不順になったりしました。

そのため複数の漢方薬を出すのを諦めて、時間はかかりますが一つずつ確実に治療してゆくやり方にしました。

この方はホルモン剤を服用しても基礎体温がきれいにならないので、漢方の効果が良い意味でも悪い意味でも出やすく、本当に毎回毎回が真剣勝負でした正直基礎体温も以前よりは良くなっていましたが、とても妊娠できそうな感じでなかったので非常に驚きました。

そして妊娠されて最初は胎児の発育が悪く、ここでも漢方の安胎薬の処方を修正して現在では何とか安定期に入り本当にホッとしています。

卵管閉塞と生理不順に使用した薬とその費用と服用期間

生理不順と卵管閉塞に使用した漢方薬

柴苓湯
桂枝茯苓丸
四物湯
当帰建中湯
スクワレン
白朮散
六君子湯
温経湯
など

妊娠後の流産防止のため
補中益気湯
芎帰膠艾湯など

卵管閉塞と生理不順の漢方治療期間

約14か月

卵管閉塞と生理不順の漢方治療の1ヶ月のお薬

最初の1~3ヶ月16000円/月

4・5ヶ月目13500円/月

6~9か月目12000円/月

9~12ヶ月目10000円/月

13~14か月13500円/月

14ヶ月以降(流産止め)9000円/月

※通常は15000円~21000円/月の場合が多いです

※その他の卵管閉塞で妊娠された患者さんの体験談はもあります

さらに卵管閉塞(卵管狭窄)の治癒体験談や卵管閉塞(卵管狭窄)の治療に興味のある方は➡卵管閉塞(卵管狭窄)

生理不順の治癒体験談や生理不順の治療に興味のある方は➡生理不順

 

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

Follow me!

お気軽にお電話ください