生理痛の漢方薬なら広島の漢方薬局ハーブス

生理痛イメージ

このページは広島県広島市にある漢方薬局ハーブスの生理痛(月経困難症)に関する情報ページです。

ここでは生理痛(月経困難症)を起こす原因となる基礎疾患や漢方医学的な原因と漢方薬による治療、その他の原因及び治療法、関連するページなどについて書いています。

ぜひ参考にしてください。

生理痛(月経困難症)とは

生理痛は正式には月経困難症といいます。
生理痛は月に1回のこととはいえ、ひどい患者さんになると、痛み止めを服用しても全く効かず、さらにエスカレートすると痛みで吐いてしまうこともあるのです。
とても大変な症状です。
そして生理痛には重大な基礎疾患が隠れていることがあるので注意が必要な症状でもあります。
そのため、場合によっては一度病院で精査してもらうのも一つの手です。

生理痛が改善された患者さんの体験談・症例

生理痛(月経困難症)を起こす原因となる基礎疾患

月経困難症をおこす原因は大きく2つにわけることができます。

器質性月経困難症

月経困難症(生理痛)を引き起こすはっきりとした病気がある場合のことをいいます。

代表的な疾患には子宮筋腫子宮内膜症子宮腺筋症、子宮後屈、テーラー症候群、子宮下垂、神経症などがあります。

機能性月経困難症

はっきりとした病気の原因があるわけではなく、子宮の収縮に関わるプロスタグランジンが何らかの原因で過剰な分泌を起こし生じるものです。

一般的にいう冷え性やストレスが原因、初経が起きてからあまり年数が経過していない卵巣や子宮の成熟度が不十分な時期に生じやすいといわれています。

多くの月経困難症はこれが原因といわれています。

生理痛を生じる東洋医学的原因と漢方薬による治療

瘀血(血流障害、血液の滞り)

東洋医学では不通則痛といって通じていなければすなわち痛むと考えます。
つまり流れが悪いといたくなるという考え方です。

漢方薬による治療

桂枝茯苓丸

桃核承気湯

血虚(貧血、女性ホルモン不足)

東洋医学の血虚は単純な貧血を表す言葉ではありません。
東洋医学でいう血の概念の中には女性ホルモンが含まれているのです。
そのため血虚の中には女性ホルモンの分泌量の低下やそのホルモンの働きの低下も含んでいるのです。

漢方薬による治療

当帰芍薬散

肝気鬱結(自律神経の乱れ、情緒不安定)

激しい生理痛の中には情緒や自律神経の乱れが関係していることがあります。
東洋医学ではそういう原因を肝の問題として考えます。
肝の気の流れが悪くなっているときにそういう強い症状が出ることがあるのです。
そのためその気の流れを浴することが重要と考えているのです。

漢方薬による治療

加味逍遙散

陽虚

いわゆる冷え性です。基礎代謝が落ちて冷えてくると免疫力なども低下します。
そのようなことも含めて冷えが原因になることがあります。

漢方薬による治療

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

上記した以外の生理痛の原因

細菌感染を起こしている

クラミジアなどの感染症を起こしている。
細菌感染によって生理痛が重くなることが決して珍しいことではありません。
これも病院でチェックしてもらうことも一つの方法です。

骨盤のゆがみがある

片側のみが痛い場合に関係することがります。

生理痛と関連するページ

生理痛と子宮内膜症と不妊治療

早発閉経と同時に子宮腺筋症で生理痛もある

瘀血と基礎体温

子宮後屈を漢方薬で妊娠しやすい身体にする方法とは?

自律神経失調症

Follow me!

お気軽にお電話ください