子宮筋腫とハーブと花粉症|広島の漢方薬局ハーブス

ハーブイメージ

 

子宮筋腫で治療を受けられている患者さんが来られました。

この方治療を始めて約1年になります。

去年もこの時期に花粉症が出てきて、その際にハーブ茶を飲むようにしたのです。

そうすると少し症状が良くなるのだそうです。

その時にはなんとなくそうですか~という感じでお話を聞いていたのですが、それから2週間後に再度子宮筋腫の状態をチェックすると良くないのです。

おかしい・・・と思って再度詳しくチェックすると、なぜか突然、今まで使っていた漢方薬が合わなくなってしまったのです。

そこで急きょ薬を変更し合う薬を出したのです。

それから1年後再び、花粉症の時期になって、このまえからまた花粉症に使うハーブを使い始めたといわれるのです。

でも今回は1年前にハーブを使い始めてから変えた漢方薬だったので問題ないだろうと思っていました。

そして2週間たった今日、再び来られたのですが、子宮筋腫の状態をチェックすると・・・???ほとんど改善していないのです。

今回はお薬の飲み残しが3日あり、改善のスピードは確かに遅くなるのですが、それを差し引いても改善しなさすぎなのです。

どう考えてもこのハーブが影響している可能性が高いのです。

このハーブの名前はネトルです。超メジャーなハーブではないですが、ハーブが好きな方なら知っているくらいのハーブだと思います。

これの和名は西洋イラクサ、イラクサ科の植物です。

効能は抗アレルギー、利尿、浄血です。ここまでは関係なさそうですが、注意点には妊婦には禁忌とあります。

なんとなく女性ホルモンに間接的にしろ関係しそうです。

とりあえずは今回も同じ薬を出したのですが、次回再度チェックしておかしいようであれば、ハーブとは何か別のもので対処してもらうようにするかもしれません。

なかなか難しいです。

さらに子宮筋腫に関連するブログに興味のある方、または子宮筋腫の治療に興味のある方は➡子宮筋腫

Follow me!

お気軽にお電話ください