漢方薬のことなら府中市の方も広島の漢方薬局ハーブス

漢方薬局ハーブスイメージ

 

漢方相談のことなら府中市の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

 

 

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

府中市からは随分遠いところにありますけれども府中市から来られる患者さんもおられます。

府中市からわざわざ来られる患者さんで多いのは不妊治療の患者さんです。

不妊治療と言っても様々な原因があります。

漢方薬局ハーブスに不妊治療で来られる患者さんとして多いのは、病院では特に原因がないと言われたけれども なかなか妊娠されない方

不妊治療を続けていても なかなか妊娠せず体外受精まで治療してみたものの体外受精でもうまくいかず病院では卵の質が悪いのではないかと言われその治療法が病院にはないと言う事で相談に来られる方

それ以外黄体機能不全 といて卵巣の働きが良くない方

35歳以上の高齢不妊中でも特に40歳以上の高齢不妊の患者さんは どんどん増えてきていると思います。

それ以外に早発閉経と言って40歳よりも早く閉経がきてしまっていて病院では治療が難しいと言われるような患者さんも最近では増えてきています。

それ以外に1人目は簡単に妊娠したのに二人目はなかなか妊娠しないという二人目不妊の患者さんや妊娠は するけれどもなかなか出産まで至らず、病院で詳しく調べていくと胎児が育ちにくい原因を持っておられる不育症(習慣性流産)

卵管が詰まることによって精子と卵子の受精を妨げてしまう卵管閉塞・卵管狭窄

漢方薬局ハーブスイメージ

また甲状腺機能亢進症や低下症なども不妊の原因になると言われておりそれが病院で初めて分かって治療に来られる患者さんもおられます。

また排卵がなかなかすることができずそれが生理不順を引き起こし、その結果として不妊症の原因となっている多嚢胞性卵巣症候群なども患者さんは多いです。

この疾患も漢方飲むことで徐々に生理周期が整ってくる方がおられます。

早発閉経や40歳を超える様な高齢不妊の治療は比較的似通っており、もともと持っている体質的な問題と年齢による卵巣機能の低下が複合してこの様な症状を起こしていることが多いため、その両方の治療を行っていくことで改善してくるケースが多々あります。

漢方薬局ハーブスイメージ

高齢不妊の患者さんに関しては、ケース別不妊治療体験談を読んでもらえばわかると思いますけれども、かなりの方が妊娠出産まで至っています。

早発閉経の患者さんは治療すれば必ず結果が出ると言うことではないですけれども、体外受精などを行っても何年も 卵が育っているのを確認することができなかった様な患者さんでも、卵が育っているのを確認できたり、採卵できる様になったり、その卵を取って妊娠されたり、出産まで至ったケースも出てきています。

不育症(習慣性流産)などに関しては、漢方薬による治療と同じぐらい若しくは場合によってはそれ以上に病院での治療が重要になってきます。

そのため、どの病院を選択するかということがかなり重要な鍵となります。

漢方薬局ハーブスでは漢方相談の一環として、どの様な病院を選んだら良いかということについても患者さんに知りうる範囲での情報提供を行っています。

不妊治療以外で漢方相談に来られる患者さんが多いのは間非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC 症)、質性肺炎などの難治性の呼吸器疾患などです。

非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC 症)は 難病として知られ 病院では治療がなかなか難しいと言われています。

なおかつ、病院で使用する際には 抗生物質を多剤併用しないと難しいのですけれども、その多剤併用によって重篤な副作用を起こすことがしばしばあり、効果が薄い割には副作用が強いということ 病院の医師もあまり積極的に治療を進めないケースが多いのです。

そのため病院では経過観察と言って特別な治療をせずに様子を見るというケースがかなり多いように思います。

このように病院で難しい非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC 症)でも漢方であれば治療していくことが可能です。

漢方薬による治療というのは自分の免疫力を上げ元気にすることでこれらの菌を自分の免疫細胞で殺せる様にしていくという治療です。

そのため、副作用の心配まずなく、安心安全な治療と言えます。

漢方薬局ハーブスイメージ

間質性肺炎は肺炎が慢性化して肺が繊維化する非常に厄介な呼吸器疾患で病院では特別な治療法がないものです。

しかし漢方薬で間質性肺炎を治療する場合は慢性化した呼吸器に用いる漢方薬に肺の再生を促すような 薬を組み合わせることによって改善が見られるケースが出てきています。

またアトピー性皮膚炎や湿疹、ニキビ・吹き出物、掌蹠膿疱症などの皮膚疾患の患者さんも比較的多いです。

アトピー性皮膚炎や湿疹は食事の取り方やスキンケアもかなり重要となってきます。

そのため漢方薬の服用と同様にそれらのことも合わせて漢方相談を行ってゆきます。

ニキビ・吹き出物に関しても食事はかなり重要です。

特に間食の有無、家での食事の質の問題(野菜の摂取量、糖質、脂質の摂取量)はかなり重要になってきますし、化粧品の選び方なども関係してくることがあります。

そのため、それらも含め漢方相談を行っていきます。

掌蹠膿疱症に関してはスキンケアはそれほど重要ではなく、漢方薬と食事の問題が重要となってきます。

それ以外には不安神経症(パニック障害)や自律神経失調症、円形脱毛症、手汗(手掌汗) などの精神や神経に関わるような疾患・症状も相談の多いものの一つです。

不安神経症やパニック障害、自律神経失調症などは漢方の理論においては昔から五志の憂とか七情といって、それらが病気の原因になる重要な問題そして重視されてきました。

そしてそれに対する治療法も確立しています。

円形脱毛症は現在の数学的な考え方としてはアレルギー的な説や免疫的な説が支持されていますが、漢方的に見ていくと自律神経や情緒の問題と深く関連していると思われます。

実際に自律神経を調整するようなものや情緒を安定させるような漢方薬を使うと改善症例がかなり多くあります。

また手掌汗は以外に相談の多いもので、これも自律神経 情緒的な問題と深く関わっていると思います。

これ以外に多いのはめまいです。

漢方薬局ハーブスイメージ

めまいは様々な原因が考えられるのですけれども最も多いのは水分代謝の異常です。

そのためその水分代謝を整えるような漢方薬を用いて治療していく場合が多いです。

けれども中には脳血管の循環障害やストレスや自律神経などとの関係によって生じる場合もあります。

それ以外に五十肩や膝の痛み、腰痛、慢性関節リウマチなどの痛みの症状で来れる患者さんも多々おられます。

五十肩などは整体針治療などの方が有効ではないかと思われる方もおられると思いますけれども、触ると熱感があり 寝ててじっとしていても痛いような炎症を伴う痛みに関しては、むしろ漢方薬の方が効きやすいように思います。

ただし飲んですぐになるようなことではなく、服用することによって徐々に徐々に改善していきます。

しかし良くなった患者さんによく言われるのは思ったよりも早く良くなったといわれます。

膝痛で最も多いのは高齢になって膝の内側が痛くなる様な状態です。

これは多くは変形性膝関節症の特徴的な症状です。

これは骨粗しょう症などの骨のもろさが原因になってることが多いです。

そのため整体的なアプローチよりも骨の状態を改善して痛みを取っていく漢方薬の方が向いているケースが多いのです。

腰痛などは 一般的には整体や はり灸の方が治療が早い場合が多いですけれども、骨粗鬆症やすべり症、椎間板ヘルニアなどが原因で生じるような慢性腰痛は、整体などよりも漢方薬のほうがアプローチしやすいと思います。

それ以外に過敏性腸症候群や逆流性食道炎潰瘍性大腸炎などの消化器系の疾患症状に対しても漢方薬は有効ですし漢方薬局ハーブスはこれらの症状を得意としています。

またそれ以外に難治性の肝炎やがんなどの治療も行っています。

がんの治療に関しては服用すれば 必ず良くなるような疾患ではないですけれども、漢方を服用することによって抗がん剤の副作用の緩和はかなりの確率でできます。そしてなおかつ服用された方の多くは病院で言われた余命よりも長く生きられる方が多いですし、完治された患者さんもおられます。

このように漢方薬局ハーブスは様々な症状や病気に対応しています。これ以外の病気や症状の治療なども行っていますが、時間的にすべてのものを載せることができていません。

そのため、もし大竹市在住の方で、上記した以外の症状や病気で気になるものがありましたら、TELまたはメールにてお問い合わせください。

Follow me!

お気軽にお電話ください