基礎体温からわかる婦人科の病気を漢方で整え改善させる方法とは?|漢方薬局ハーブス

基礎体温からわかる婦人科の病気を漢方で整え改善させる方法について書いています。

漢方では婦人科の病気を基礎体温から予測することと、その病気を漢方理論的に解釈して漢方薬で治療する方法が確立しています。

ここではその主な婦人科の病気と漢方理論による おおよその治療法について書いてみたいと思います。

それぞれの婦人科の病気に特徴的な基礎体温と漢方による治療法

子宮内膜症

子宮内膜症は子宮の内膜細胞が子宮内膜以外にできてしまう病気です。

この子宮内膜症が卵巣の中でできてしまうとチョコレート嚢胞という病名になりますし、それが子宮内膜の筋肉層にできてしまうと子宮腺筋症という名前になります。

どちらの病気になっても不妊症の原因となります。

特に不妊症の中で重症化しやすいのがチョコレート嚢胞です。

チョコレート嚢胞は卵巣内で子宮内膜ができてしまうため生理の度にその内膜が剥がれ落ちて出血してしまいます。

その出血した血が卵巣内 あ蓄積してチョコレート色になるところからこの名前が付きました。

この病気になると卵巣の外側の膜が硬くなってしまい排卵しづらくなります。

あともう一つは、チョコレート嚢胞ができているような状態だと、卵巣周辺に癒着が起きていることが多いのです。

卵巣の周辺に癒着起きるとピックアップ障害といって排卵した卵がうまく卵管内に取り込むことができないことになってしまいます。

これは不妊症の大きな原因の一つと考えられています。

子宮腺筋症は子宮の筋肉内に子宮内膜ができることによって起こるのですが、この病気になると生理の度に筋肉内で生理と同様のことが起こるため炎症や癒着を繰り返すことになります。

その結果として子宮の内側は子宮の本来の働きができなくなります。

このため子宮内膜の血流の状態は非常に悪くなり、これが不妊症の原因となります。

また子宮内膜症が卵管周辺にできてしまうと卵管と組織が癒着して卵管閉塞(卵管狭窄)を引き起こす原因となってしまいます。

子宮内膜症の基礎体温

子宮内膜症の基礎体温の形の特徴は低温期も高く、短く、高温期も高くなりがちです。

子宮内膜症の基礎体温

また生理が始まっても基礎体温の高温期が高いまま数日続くことがあります。

子宮内膜症の基礎体温

 

子宮内膜症と漢方薬による治療

子宮内膜症の基礎体温というのは漢方理論に当てはめて考えると表面的な問題は瘀血の状態と考えられます。

そして根本原因は血虚と考えられます。

そのため、子宮内膜症表面的に治療するには活血薬を用います。

活血薬とは血液をサラサラにする漢方薬です。

そして根本原因を治療するためには補血薬を用います。

この治療を行うことによって子宮内膜症の大きな症状の一つである生理痛は改善してくることが多いですし、癒着と炎症繰り返すような状態の進行が止まることがよくあることです。

しかし一度できてしまった癒着を取り除くことはできません。
そのため、子宮内膜症が進んだ重度の癒着の場合は病院での子宮鏡下手術が必要になります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌量が高まることによって卵胞の発育が遅くなってしまうことと卵巣の外膜の部分が厚くなって排卵しづらくなる病気です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をおこす原因は海外では肥満が多いのですが、日本では糖尿病が関係していることが多いのです。

具体的にはインスリン抵抗性を示す方が多く結果としてLH(黄体形成ホルモン)の感受性が高まり、結果として男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が高まって、卵胞の発育の低下と卵巣の外膜の肥厚を引き起こすのです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状は男性ホルモンが増加するために体毛が濃くなったり、ニキビができやすくなったり、声が低くなったりする人がおられます。

また不正出血などを起こす方もおられます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の基礎体温

基礎体温としては低温期が長くなる、低温期から高温期が徐々に上がるという特徴があります。

軽度の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の基礎体温のグラフ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があまりにも悪化すると希発月経、無月経となってしまいます。

重度の多嚢胞性卵巣症候群の基礎体温のグラフ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方薬による治療

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因を漢方理論で考えると瘀血です。

そのため漢方理論ではこの瘀血に対して活血薬を用います。

 

黄体機能不全

黄体機能不全は何らかの原因で卵巣機能が低下することによって起きる病気です。

黄体機能不全によって黄体ホルモンプロゲステロンの分泌の低下もしくは黄体ホルモンに対する子宮内膜の細胞の感受性の低下などが起こります。

その結果として基礎体温の高温期を維持することができず、高温期が36.7°に届かない場合や高温期の日数が12日未満(10日未満と定義しているものもある)短くなってしまったり、低温期と高温期の温度差が0.3°以下になってしまったりします。

黄体機能不全を起こす原因は脳下垂体からの刺激ホルモン(ゴナドトロピン)の分泌低下or卵巣機能そのものの低下が考えられます。

自覚症状というものはあまりなく、黄体機能不全の状態がひどくなると不正出血や頻発月経などを起こすことがあります。

黄体機能不全の基礎体温

黄体機能不全の基礎体温は軽度であれば、高温期に基礎体温が一時的に下がるようなことが起きます。

軽度な黄体機能不全

黄体機能不全のが重度になってくると高温期も低めで短めになったり低温期との温度差が無くなってきます。

黄体機能不全やや重度の基礎体温のグラフ

黄体機能不全の漢方薬による治療

黄体機能不全を漢方理論で、考えると血虚もしくは気虚腎虚になると考えられます。

血虚は貧血の概念や女性ホルモン不足、栄養状態の不足などを含む概念です。

気虚はエネルギー不足やガス欠の状態です。

症状としては疲労倦怠感や食欲不振などの症状を主訴とするような状態を言います。

腎虚とは先天的に虚弱な状態もしくは老化に伴って起こってくる体力やホルモンの機能の低下です。

卵胞期短縮症

卵胞期短縮症はその名の通り加齢に伴って卵胞期(低温期)が短縮する症状の事を言います。

これは加齢(老化)に伴い卵巣機能が低下してくる過程で一過性で起こる症状です。

卵巣が弱ってくると卵胞の育ちが悪くなり、卵胞ホルモンの分泌が低下します。

この卵胞ホルモンの分泌低下を脳が機能低下と判断し、脳下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)が大量に分泌されます。

これによって卵胞の発育促進されます。そうすると結果として卵の成長が通常よりも早くなることでこの状態が起こるのです。

具体的に言えばずっと基礎体温の生理周期が28日から30日周期で来ていた方が40歳を超えた頃から卵胞期(低温期)が短くなってくるようなことが起こるのです。

卵胞期短縮症は、卵の発育は早いですが、もともとは卵巣機能の低下が引き金でこの状態が起きてきているので、卵の質に問題があることがあります。

そのため、妊娠しにくかったり(不妊症)、流産を起こしやすかったり(不育症)します。

卵胞期短縮症は特別な自覚症状はありません。

卵胞期短縮症の基礎体温

卵胞機能短縮症の基礎体温は低温期が短い基礎体温のグラフになります。

そのため、生理周期そのものも短くなります。

卵胞期短縮症の基礎体温のグラフ

卵胞期短縮症の漢方薬による治療

漢方理論で見るとこの卵胞期短縮症は腎虚もしくは血虚の可能性が高いです。

 

高プロラクチン血症

高プロラクチン血症はプロラクチンが妊娠していないし、授乳中でもないのにも関わらず高い状態のことを言います。

プロラクチンとは乳汁分泌ホルモンのことで母乳を出すのに必要なホルモンです。

そのため通常プロラクチンは妊娠後から授乳の間まで高い状態を維持するのです。

この乳汁分泌ホルモンの働きはお乳の分泌に関わる以外に排卵を抑制することで次の妊娠を抑制します。

具体的には高プロラクチン血症になると黄体形成ホルモンの分泌が妨げられるため黄体機能の低下や症状がひどい場合は無排卵となることもあります。

そのため高プロラクチン血症は不妊症の原因のひとつなのです。

高プロラクチン血症の基礎体温

高プロラクチン血症の基礎体温は軽度であれば低温期から高温期へ徐々にあがるグラフになります。

軽度の高プロラクチン血症の基礎体温のグラフ

それが重症化すると無排卵・無月経になります。

重度の高プロラクチン血症の基礎体温

 

高プロラクチン血症の漢方薬による治療

高プロラクチン血症を漢方理論で考えると気滞(肝気鬱結)と瘀血の混合した状態です。

そのため、疏肝理気の漢方薬と活血薬が使われます。

 

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能亢進症はその名の通り、甲状腺の機能が亢進した状態になった病気です。

なぜ甲状腺の機能が亢進してしまうのかというと、多くの場合甲状腺ホルモンの分泌が盛んになるためです。

甲状腺ホルモンというのは体の新陳代謝を活発にさせる働きがあるため、このホルモンが通常より 多く分泌されると体の新陳代謝が活発になりすぎてしまい様々な症状を起こしてしまうのです。

この甲状腺機能亢進症の中で最も代表的な病気が自己免疫疾患の一つであるバセドウ病なのです。

バセドウ病の主な症状は手足の震え、心拍数の増加、動悸、発汗の増加、体温の上昇、興奮しやすくなる、口が渇く、食事量の増加、体重の減少、息切れ、などです。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は主に不育症の原因になると言われています。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の基礎体温

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の基礎体温の特徴というのは低温期も高温期も高めになりやすいということです。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の基礎体温のグラフ

 

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の漢方薬による治療

甲状腺機能亢進症は漢方理論で考えると気滞(肝気鬱結)と水毒、瘀血などが原因のことが多いです。

甲状腺機能低下症(橋本病)

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌が低下することによって新陳代謝が低下する病気です。

甲状腺ホルモンは新陳代謝を促進させる働きのあるホルモンです。

そのため、このホルモンの分泌が低下すると、新陳代謝が低下し、様々な症状を引き起こすのです。

この甲状腺機能低下症で代表的なものが橋本病で自己免疫疾患なのです。

甲状腺機能低下症の主な症状は強い倦怠感、無気力、皮膚の乾燥、体温の低下、発汗減少、便秘、体重増加などです。

一見これらの症状はうつ病と見間違うこともあります。

甲状腺機能低下症(橋本病)は不妊症及び不育症の原因の一つになると言われています。

甲状腺機能低下症(橋本病)の基礎体温

甲状腺機能低下症(橋本病)の基礎体温の特徴は低温期も高温期もやや低めになりやすい、軽度なものは高温期の途中で一時的に体温が下がるなどの特徴があります。

甲状腺機能低下症(橋本病)の基礎体温

甲状腺機能低下症(橋本病)の漢方薬による治療

甲状腺機能低下症(橋本病)は漢方理論で考えると瘀血気滞(肝気鬱結)と水毒が原因であることが多いです。

 

早発閉経

早発閉経とは40歳未満(文献によっては43歳未満)で閉経となった状態をいいます。

日本産婦人科学会の定義としては

  • 4ヶ月以上 月経のない状態が続いている
  • FSH(卵胞刺激ホルモン)の値が40mIU/ml以上である。

このような状態を指す言葉です。

早発閉経は症状としては生理(月経)がない以外には何も症状が出ない方もおられます。

また更年期障害のような症状を出すだ方おられますし不正出血などの症状が出る方もおられます。早発閉経は基本的に月経が来ないわけですから重度の生理不順であり、不妊症です。

早発閉経の基礎体温

基礎体温的にはフラットな状態が続いている

早発閉経の基礎体温のグラフ

人によっては年に数回二層に分かれるような基礎体温(希発月経~無月経)になる方もおられます。

早発閉経の漢方薬による治療

この状態は漢方理論で考えると重度の腎虚または血虚の状態であると考えられます。

 

子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮筋層内に良性の腫瘍ができる病気です。

この病気は多くの女性に見られ30歳以上であると2割から3割の方に見られます。

原因はよくわかっていませんが、閉経すると縮小することから女性ホルモンが関係していると考えられています。

症状は筋腫の大きさや数、できた場所などによっても変わってきます。

人によっては全く症状がないという方もおられます。

一般的に多い症状としては過多月経、激しい生理痛や腰痛などが一般的です。

さらに大きくなって膀胱を圧迫すると頻尿、大腸を圧迫すると便秘、下肢の血管に影響すると静脈瘤やむくみなどを起こすこともあります。

子宮筋腫の基礎体温

子宮筋腫の基礎体温の特徴ですが、その大きさが小さかったり数が少なかったりすると基礎体温には全く影響しないケースもあります。

ある程度の大きさになってくると生理が来たのに高温期が数日続くような基礎体温が見られることもあります。

子宮筋腫の基礎体温

子宮筋腫の漢方薬による治療

子宮筋腫を漢方理論で考えると瘀血になりますそのため治療法としては活血薬という漢方薬を用いるのが一般的です。

まとめ

基礎体温からわかる婦人科の病気を漢方で整え改善させる方法について書いて書いてきました。

漢方は万能ではないですが、様々な婦人科の病気の治療に対して有効です。

そして基礎体温の見方、診断の仕方はとても漢方理論と相性が良いのです。

基礎体温を見たらどのような漢方薬を用いればよいのかある程度推測がつきます。

そして漢方薬を服用されてからの基礎体温をチェックすることで、現在服用している漢方薬が合っているかどうかもおおよそ推測できます。

このように漢方薬局ハーブスは基礎体温をベースに不妊治療を行い、多くの方がが妊娠されています。

その独自のノウハウがあります。

また基礎体温のグラフの測り方や見方などできるだけ詳しく知りたい方は➡基礎体温表のグラフの測り方や見方などを詳しく解説

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

 

 

Follow me!

お気軽にお電話ください