右卵管閉塞の患者さん半年の漢方服用で卵管が通りました!!|広島の漢方薬局ハーブス

卵管閉塞改善イメージ

卵管閉塞の患者さんが来られました。

この患者さんは妊娠を希望されています。

ただ、もう一人お子さんおられるので二人目不妊ということです。

現在も病院に通われていて、できれば自然妊娠を希望されているのです。

年齢的には30代の半ばですので自然妊娠は無理ではないのではないかと思います。

ただし、漢方相談に来られる数ヶ月前に卵管造影検査をしたところ、右の卵管閉塞が見つかったため、この治療をしたくて相談に来られたのです。

そして、ご主人の男性不妊の検査はされていないそうです。

ただ、ご主人に関しては数年前にこの方は自然妊娠されているので問題ないのではないかと思いました。

そこで、 まずはこの患者さんの卵管閉塞の治療を行うことにしました。

まずは漢方的な視点からの問診をおこない、卵管閉塞の原因を探すことにしました。

私の経験上、卵管閉塞を起こす漢方的な原因で多いのはおけつ(血流障害)、気虚(エネルギー不足)、水毒(水分代謝異常)などです。

問診したなかで特に気になったのが、この患者さんが疲れやすいということです。

疲れやすいというのは、漢方的には気虚(エネルギー不足)や血虚(栄養不良、女性ホルモン不足)などの時に出てきやすい症状です。

このうち血虚の場合は生理の量が少なかったり貧血傾向があったりすることが多いのですが、この方の場合は生理に特に問題もなく、貧血傾向もありませんでした。

そして胃腸のトラブルが起こりやすいという症状もありました。

胃腸にトラブルが起こりやすいのは気虚(エネルギー不足)の特徴の一つです。

そのため、気虚(エネルギー不足)の可能性が高いように思いました。

そこで、気虚で卵管閉塞に用いる代表的な漢方薬をチェックしてみると・・・どうも完全には合っていない気がしました。

そのため、ほかの漢方薬を併用して服用していただくことにしました。

そしてまた、2週間後に来ていただくことにしました。

そして、2週間後に来ていただくと、疲れは若干よいのですが、生理不順のツボに反応が出てくるのです。

この反応が続くと、次の生理が遅れてしまう可能性があります。

そこで、また漢方薬を変えました。

次の漢方薬は生理不順のツボには反応が出なかったのですが、みぞおちのつかえが気になるそうなのです。(前回出した漢方薬はみぞおちのつかえも自然と改善していたそうです)

そこで今度はみぞおちのつかえを改週間善しそうな漢方薬に変更しました。

そして次に来ていただいたら、みぞおちのつかえは悪くないのですが、疲れが再び出てきたと言われました。

このように1~2週間おきに来られる際に漢方薬やその組み合わせを変えていきました。

そしてやっと、みぞおちのつかえも良くなり、疲れも改善し、生理不順にもならない漢方薬を見つけることができました。

ただ、その漢方薬を今度は不妊のツボと卵管閉塞のツボの反応でチェックすると・・・不妊症の改善にはなるのですが、残念ながら卵管閉塞の改善にはならないことが分かったのです。

そこで、そこから、さらにまた何度も漢方薬を変えてゆくことを約2か月続けてやっと卵管閉塞に効きそうな漢方薬の組み合わせを見つけることができました。

その漢方薬を服用して1か月が過ぎたころに、婦人科の病院を受診することになりました。

正直、この患者さんの卵管閉塞の改善には最低でも3か月程度は必要なのではないか?と思っていたので、患者さんにも「まだきっと通っていませんよ」というお話をしていました。

ところが、次に漢方相談に来られた際に卵管閉塞の検査結果をお伺いすると・・・

病院の先生に卵管は通っているといわれたそうです。

正直、私もびっくりしました。

通常はそんなに早くは改善しにくいものだし、この患者さんの卵管閉塞の原因は私には複雑に感じていたのです。

それでも、非常に短期間で改善したことは本当に良かったです。

ホッとしました。

Follow me!

お気軽にお電話ください