広島で漢方薬局を開いて10年

広島で漢方薬局を開いて10年が過ぎました

広島で漢方薬局を開いて10年が経ちました。ほんとあっという間でした。約11年前に東京の漢方薬局で修業時代に突然開業しなきゃ!!となぜか思いました。そこから仕事をしながら毎月1回広島に帰っては漢方薬局を開くのに良い場所を歩いて探しました。広島にはだいたい2日間いて、その間はできるだけ歩いて漢方のお店にふさわしい場所を探したのです。歩いてみると広島は意外と自分のイメージにあう場所が少ないことに気づきました。ただその当時、自分は広島は漢方が十分浸透しておらず、今からの地域のように思っていたので地道に広島電鉄の駅を一つ一つ降りて、自分のイメージする漢方がしやすい場所かどうか調べてゆきました。広島駅を起点に山陽本線、呉線、可部線などJRの駅もチェックしましたが、広島駅から近い駅はやはり家賃も高く、空いている物件も少なく、ましてや漢方をやるにはある程度の広さと、病気の方を相手にするため、利便性も求められます。開業当初はお金もないわけですから、なかなか苦労しました。そうして休みのたび広島に帰っていたのですが、半年たっても漢方をやってゆくよい物件に巡り合いませんでした。広島で開業するのは難しいかな?それとも先にどこか広島の漢方薬局で修業してから開業しようか?といろいろ悩んでいる頃に、今、広島で開業している草津の物件に出会いました。最初はあまりに自分の漢方をするならとイメージしていた感じに近かったので逆に不安になったほどです。これが開業のため広島に帰るようになってから半年過ぎたころの話です。それから約半年後東京の漢方薬局を退職し、それから1か月もたたないうちに広島のこの場所で漢方の薬局を開業したのです。正直草津という場所はお物件探しするまで知りませんでした。あのころが少し懐かしいです。
今ではこの場所、広島県広島市西区草津東3-6-8がとてもしっくりくる場所になっています。これからも漢方をこの場所で続けられるといいと思います。漢方薬局ハーブスの独り言でした~

Follow me!

お気軽にお電話ください