早発閉経で妊娠・出産された患者さんの話を書きます4

早発閉経妊娠・出産イメージ

 

早発閉経で妊娠・出産された患者さんの話を書きますエピソード7

2週間たって再び早発閉経の患者さんが来られました。

今回は検査を広島の不妊専門クリニックでしてもらったため、検査結果はすぐには出ないので特に大きな変化は見られないみたいでした。

身体の状態も特に変化はないとのこと。

そこで気功によるチェックを行いました。

そうすると・・・やっぱり1種類では治療が不十分な気がして、再度合う薬を探すことにしました。

そうすると・・・少し前まで2種類飲んでいた漢方薬のうちの一つの方の処方に近い漢方薬が合っているのではないかと思いました。

そこで新たに漢方薬で追加治療することにしました。

それでまた2週間様子を見てもらうことにしたのです。

それから2週間後、再び早発閉経の患者さんが来られました。

今回は広島の不妊専門クリニックでの検査結果が出ている日なのですが、その結果は特別目を見張るようなものはありませんでした。

卵胞も今のところ育っていない状況です。

自覚症状も特に変化はなし、そこで気功によるチェックを行いました。

そうすると・・・こないだ新しく出した漢方薬はいまいちの気がします。

そこでやっぱり追加した漢方薬を抜いて1種類にしてもらうことにしました。

次に来られた時も同様で病院での検査は特に問題もなく、漢方でも追加した方がいいとは思うものの、いまいち合う薬を探しきれず、同じ漢方薬をやはり2週間続けていただくことにしました。

そして年が明けて、再び早発閉経の患者さんが来られました。

病院での検査は特にこれといった変化もなく、まだ卵胞も育っていないとのこと。

そして自覚症状も特になし。

ということで再度気功的なチェックで薬を探してみます。

そして今回は合いそうな漢方薬を再び見つけることができました。

そこでその漢方薬を追加で2週間服用していただくことにしました。

そして2週間後再び患者さんが来られました。

病院での治療は特に変わった点もないそうです。

身体の調子も変わらずということろだそうです。

そこで前回追加で出した漢方薬が合っているかどうかチェックします。そうすると・・・合っている気がします。

そのため、今回は同じものを2週間出すことにしました。

 また週間後早発閉経の患者さんが来られました。

神戸の不妊治療専門クリニックで見てもらった結果、久しぶりにE2が390近くまで上がっていたそうです。

FSHも決して低い値ではないですが、とりあえず卵胞が見えたそうです。

このまま順調にいけば採卵ができそうとのことでした。

体調の変化は特にないとのことです。

そして気功によるチェックも行いました。

そうすると・・・しばらく合っていた組み合わせの漢方薬が合わなくなっています。

また一つ入れ替えることになるのかな?と思っていたのですが、実際には現在出している2種類の漢方薬両方が合っていない感じになってきていました。

そこで漢方薬を変更することにしました。

最初は早発閉経で一般的に良く使う漢方薬から探してみましたが、なかなか合うものが見つかりません。

いろいろ試行錯誤して考えあぐねて結局は今まで出したことない薬の組み合わせでやってみることにしました。

この漢方薬で2週間様子を見てもらうことにしました。

 

早発閉経妊娠イメージ

 

早発閉経で妊娠・出産された患者さんの話を書きますエピソード8

そして2週間後、早発閉経の患者さんが来られました。

神戸の不妊治療専門クリニックでの治療の経過を伺うと・・・卵胞はそのまま順調に育って採卵もでき、受精もして凍結できたそうです。

いや~~~よかった!!治療は終わりではないですが、本当に良かったです。

体調も特に問題はないとのこと。そこでこの間初めて出した漢方薬が合っているかどうかチェックしてみます。そうすると・・・まだ合っていっます。

そこでこの組み合わせでまた2週間様子を見てもらうことにしました。

さらに今日は少し時間に余裕があったため、さらに別に合う薬がないか探してみることにしました。

そうすると・・・早発閉経の患者さんによく使うものが合っている気がします。

しかし、思い込みの時もあるので、この薬は保留にして、前回と同じものだけを出して2週間後に来ていただくことにしました。

そして2週間後、また再び早発閉経の患者さんが来られました。

その後の不妊治療専門クリニックでの経過をお伺いすると、治療そのものは取り立てて変わったところはないとのとこでしたが、FSHの値がいつも高いですが今回は特に高く60くらいまで上がっているそうです。

身体の調子は特に問題はないそうです。

そこで再度体の状態を気功でチェックしてみることにしました。

そうすると・・・今まで出していたものが再び合わなくなっていました。

そこでまた試行錯誤を繰り返し、最終的にFSHの上昇をヒントに新しい漢方薬を出してみることにしました。

また2週間後に早発閉経の患者さんが来られました。

神戸の不妊治療専門クリニックでまた血液検査による女性ホルモンの数値をみたそうです。

E2は200弱、FSHは40LHが8.5だそうです。

FSHは微妙に下がっていますが・・・どうなんだろう?体調に関しては特に問題ないということなので、気功によるチェックを行います。

そうすると・・・う~ん・・・微妙です。若干違っているかもしれません。

そこで今の状態に合う漢方薬を再度探すことにしました。

そうすると・・・なかなか見つからないのです。

結構長い時間をかけて探してみたのですが、見つかりません。

これは困った・・・どうしよう・・・いろいろ多角的に考えていろいろな処方を考えてみるのですが、どれもこれもやはりしっくりきません。そ

こで・・・今日はあきらめて薬を出さないことにしました。

たまにはこういうこともあります。

患者さんには事情を説明して納得していただいて、今回は漢方薬は出さずに、2週間様子を見てもらうことにしました。

続きはこちら↓

早発閉経で妊娠・出産された患者さんの話を書きます5

 

 

Follow me!

お気軽にお電話ください