漢方薬の事なら竹原市の方も広島の漢方薬局ハーブス

漢方薬局ハーブスイメージ

 

漢方薬のことなら竹原市の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

竹原市から広島市へは遠いですけれども竹原市から漢方薬局ハーブスに来られる患者さんはおられます。

竹原市をはじめ広島市街から漢方薬局ハーブスに来られる患者さんの症状で多いのは不妊治療(不妊症)です。

不妊症の中でも特に多いのが40代以上の高齢不妊の患者さん。

若くして閉経になってしまった早発閉経の患者さん。

妊娠はするけれども出産までなかなか至ることはできない不育症(習慣性流産)の患者さんなどです。

それ以外にも不妊治療の患者さんの症状は多岐にわたります。

卵管が詰まるもしくは狭くなることによって受精障害を起こしてしまう卵管閉塞・卵管狭窄の患者さん。

排卵がなかなかうまくできず受精する頻度が非常に低くなってなかなか妊娠出来ない多嚢胞性卵巣の患者さん。

一人目は比較的簡単に産むことができたけれども二人目だとなかなか妊娠出来ない二人目不妊の患者さん。

卵巣の黄体機能が弱くなっている黄体機能不全の患者さん。

甲状腺の機能が低下して基礎的な代謝が悪くなって、なかなか妊娠しにくい甲状腺機能低下症など様々な原因で来られている不妊の患者さんがおられます。

四十歳以上の高齢不妊の患者さんは43歳ぐらいまでは自然に妊娠する可能性がありますけれども、それを越えてくるとなかなか自然妊娠を難しくなってきます。

病院との併用による不妊治療が必要になるケースが多いです。

またその際には病院選びもとても重要になります。

不妊治療イメージ

この点に関しては早発閉経の患者さんも同様で、漢方だけで治療するのはなかなか難しいケースもあります。

そのため、どのような病院を選ぶかによって出産まで至れるかどうかというのも少なからず影響してくると思います。

そういったことも含めて漢方相談をおこなってゆきます。

不育症(習慣性流産)の患者さんに関しても、その原因が抗リン質抗体のような自己免疫疾患の場合は漢方で体質改善をしていくと同時に妊娠された際はヘパリンなどの注射が必要になる方もおられます。

そういう場合は広島県内の病院ではなかなか対応できないケースもあります。

そのため、その レベルに応じてどういった病院に行けばいいかということをなども相談に応じています。

卵管閉塞・卵管狭窄は、病院で FT(卵管鏡下形成術)などを受けるイメージがあるかもしれませんけれども、漢方薬でも治療は可能です。

漢方薬局ハーブスは卵管閉塞・卵管狭窄を得意としています。

ただし癒着がある場合は話は別です。

残念ながら癒着そのものは漢方薬で治すことはできません。

そのため基本的には癒着をしていない卵管閉塞や卵管狭窄を対象としています。

多嚢胞性卵巣は最近増えている疾患のように思いますが、ハーブス ではこの治療の方法はある程度確立できています。

ただしこの疾患は 体質的な問題が強いので体質改善には少し時間がかかります。

二人目不妊の患者さんは、以前は高プロラクチン血症と言ってお乳を出すホルモンが通常よりも多くでる方が原因として多かったのですけれども、最近は 二人目を妊娠する年齢が高くなってきたことによる高齢不妊が原因となってなかなか妊娠しない患者さんが増えてきているように思います。

また黄体機能不全は漢方的に言えば、ほぼ血虚の状態であり、非常によく見かける甲状腺機能低下症はチラージンの服用でももちろん治療は可能です。

しかし、漢方で治療することもできます。

不妊治療イメージ

これ以外によく来られる疾患としては

非結核性抗酸菌症(肺Mac症)があります。

これは遠方からでも来られる患者さんがおられます。

なぜ遠方からも来られるのかと言うと、この非結核性抗酸菌症(肺MAC症)は病院では難病で治療が難しいからです。

病院では非結核性抗酸菌症の診断をすることは出来るのですけれども有効な治療薬というのが存在しないのです。

そのため、結核に用いる抗生物質を複数併用して使うというやり方が一般的なのです。

けれども多くの方がその多剤併用しても効果がないケースが多く、なおかつこれらの薬には重篤な副作用を起こす場合が多いのです。

そのため病院の先生もこの治療を行うことに対して躊躇するケースが多いのです。

漢方薬局ハーブスでは非結核性抗酸菌症(肺MAC症)に対しての治療法はほぼ確立しています。

肺MAC症イメージ

この非結核性抗酸菌症(肺MAC症)に対しての基本的な考え方というのは、

まず、患者さん自身の体を元気にするということをベースに考えて治療を行っていきます。

自分自身の体を元気にすることによって、免疫力が高まり結果として結核性抗酸菌症(肺MAC症)に対抗できる力が身につき、自然治癒力が高まるということなのです。

このやり方は時間はかかりますが、大きな副作用を生じることもなく安心安全な治療法と言えます。

これ以外の疾患で多いのはアトピー性皮膚炎やニキビ、掌蹠膿疱症などの皮膚疾患です。

アトピーは漢方治療も重要なのですけれども、それと同じくらいスキンケアや食事が重要になってきます。

それらも含めて合わせて相談を行っていきます。

アトピーイメージ

ニキビ治療もアトピーと同様で、食事とスキンケアの両方が重要になります。

掌蹠膿疱症の場合はスキンケアはあまり関係なく食事が重要になってきます。

これ以外に僕の方が来られているのは不安神経症(パニック障害)自律神経失調症、過敏性腸症候群、円形脱毛症、不眠症など精神・神経・心の病です。

不安神経症(パニック障害)などは特別な精神的な問題という風に受け止められたりしますけれども、これらの病気や自律神経失調症過敏性腸症候群なども含め、性格的な問題が関係してることが少なくありません。

つまり性格と心の持ちようみたいなものも治療に関わってきます。

そのため、それらも含めて漢方相談を行っていきます。

円形脱毛症は西洋医学的には現在はアレルギーや自己免疫疾患が原因なのではないかと言われています。

けれども、実際に治療を行ってみると自律神経や精神的な問題で用いる漢方薬を用いて治療すると良くなるケースがほとんどです。

そのため 、円形脱毛症は精神的な疾患の中に含まれると考えています。

また意外に生まれるかもしれませんけれども、整形外科的な痛みに対しても漢方薬は有効であることがあります。

特に膝痛(膝の痛み)でも年齢に伴って生じる高齢の方の変形性膝関節症などに関しては、変形そのものを直すことはできませんけれども、漢方薬飲み続けることでかなりの確率で痛みがなくなります。

膝痛イメージ

また腰痛でも骨粗鬆症や脊椎分離症を伴うような慢性腰痛の場合は整体や鍼の治療よりもむしろ漢方薬の方が有効であることがあります。

五十肩に関しても触ると熱感がある、じっとしていても痛むというような炎症を伴う五十肩に関しては漢方薬で継続的に炎症を取るような治療を行うほうが整体などで治療を行うよりも有効であるケースが多いように思います。

これ以外にめまいは漢方薬は得意分野といえます。

どんなタイプのめまいに対しても対応するような漢方薬があります。

リウマチ更年期障害ガンなど様々な症状の方が相談に来られます。

あとは不定愁訴といって、病院では病名のつかないけれども、患者さんとしては非常に辛い症状で、原因もはっきりしないようなとき、漢方的な視点で見ると原因があることがあります。

このような方も漢方に向いていると思います。

これ以外に何か気になる症状などありましたらお気軽にご相談いただければと思います。

Follow me!

お気軽にお電話ください