漢方薬局 東広島市|東広島市の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

東広島市の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

東広島市をはじめとして 多くの患者さんが来られています。

東広島市等広島市外から来られる患者さんで多い疾患・症状は次の様なものです。

不妊治療(不妊症) 、アトピー性皮膚炎湿疹めまい自律神経失調症パニック障害非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症) 、慢性関節リウマチ五十肩過敏性腸症候群逆流性食道炎がん治療肝炎肝硬変など多岐にわたります。

まず不妊治療(不妊症)に関してですけれども、漢方薬局ハーブスは広島県内において、最も妊娠された患者さんの症例を多く掲載しています。

ケース別不妊治療体験談を参考にしていただければ分かると思いますけれども、ここには様々な お悩みで来局され、不妊治療を受けて見事に妊娠・出産に至った患者さんの生の声と治療した際の私の率直な感想が書いてあります。

そのため不妊治療における様々な相談お悩みにお答えできるのではないかと思います。

不妊治療の中でも特に相談が 増えてきているのは、早発閉経や40歳以上の高齢不妊治療多嚢胞性卵巣症候群不育症(習慣性流産) 、二人目不妊卵管閉塞黄体機能不全などです。

早発閉経の患者さんは、すでに閉経しているので、まず排卵月経が自然にくるようにするところから始めないといけません。

この一度閉経してしまった状態は治療すれば必ずうまくいくわけではないのですけれども、うちの患者さんの中で妊娠し、出産まで至ったケースも出てきています。

40歳以上の高齢不妊治療の患者さんに関しても、広島県内では一番多く妊娠・出産まで行った人が多いのではないかと思っています。少なくとも40歳以上の不妊症の患者さんが妊娠出産した症例を載せている漢方薬局は他にはないと思います。(確認してみてください)

また、不育症(習慣性流産)に関しては、まず通う病院から吟味する必要があります。

誤った病院に通い続けると、妊娠しても出産まで至らないという悲しいことを何度も繰り返してしまいかねません。

そういったことも含め 漢方相談を行っています。

多嚢胞性卵巣症候群は、基本的には排卵障害起こして生理を 遅らせることが多い疾患です。

けれども 病院の治療でうまくいかない場合に漢方を併用することで排卵が促されたり、軽いケースであれば漢方薬だけで排卵が定期的に来る様になる方もおられます。

アトピー性皮膚炎湿疹の患者さんは漢方治療ももちろん大事なのですけれども、それと同じぐらい食事やスキンケアなども重要になってきます。

ニキビの方も同様で食事とスキンケアは資料と同じくらい重要なので、そこを気をつけてもらう必要があります。

めまいに関しては、多くのめまいは漢方的に言うと水毒と言って、水分の摂りすぎなどが 影響してることが多いのですが、中には脳血流の問題でめまいが起きている場合もあるので注意が必要です。

一度は病院に行かれて検査をしてみることも大切です。

病院の検査で脳の血管の問題などがなければむしろ病院の治療よりも漢方の治療の方が結果が出やすいこともあります。

自律神経失調症 やパニック障害 などの精神神経のトラブル に関しては漢方で昔から腰と言う考え方があり 心と 体の病気は繋がっていると言う考え方が 昔からあったのです そして漢方は そういうものに関して得意としています。

ただし病院でお薬を飲まれていたりする場合は、急にお薬をやめたりすると反動で奥に調子が悪くなったりすることもありますので症状の改善とともに徐々に薬を減らしていくことは重要です。

そういうことも含め漢方相談を行っています。

非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症肺・肺MAC症)に関しては病院では一般的に難治とされており、病院での治療は難しいためお薬が出ないケースも多々あります。

また病院でお薬を飲むにしても抗生物質を多剤併用するという形が取れるため、その副作用によって後で苦しむケースがある様ですので注意が必要です。

漢方薬を用いる場合はその様なことはなく、自分の体を元気にすることで免疫力を上げ、非結核性抗酸菌症をやっつけるというような考え方で治療を行ってゆくため、安心安全です。

それから、意外に思うかもしれませんけれども、漢方は慢性関節リウマチや腰痛五十肩などの痛みに対してもよく効きます。

慢性関節リウマチは漢方で考える場合、寒さや湿気などが原因で発生する場合が多いため、体を温めたり、水分代謝を良くしたりする様な漢方薬を行うことが多いです。

人によっては血流障害などが原因になっている場合もあります。

五十肩は、冷えによる場合が圧倒的に多いですけれども、湿気による原因による痛みも存在します。

全く腕が上がらない様な重症の五十肩の場合は実際には原因が複合していることが多いので何種類かの漢方薬を併用する必要があります。

それでも根気よく続けていけば 何ヶ月かすると 痛みが徐々に減っていくことが多いです。

腰痛は、整体やはり灸などの治療を用いるのが一般的ですけれども、そういったものでうまくいかない難治性の腰痛などには 思った以上に良く効くことがあります。

また過敏性腸症候群や逆流性食道炎などの胃腸のトラブルに関しても漢方薬は よく効く場合が多いです。

がん治療に関してはやれば必ず良くなるとは言い難いですが、間違いなく抗がん剤の副作用の軽減はできると思いますし、病院で言われた余命宣告より長く生きられる方が多いです。

中にはもう漢方薬を全く飲まなくても再発していない完治された患者さんもおられます。

肝炎に関しては、ご自身の身体を整え免疫力を上げて肝炎を治してゆく方向に向けてゆくものですので、副作用などは等はなく、安心・安全なものです。

このように漢方薬局ハーブスは漢方薬を通して様々な疾患・症状に対応しいております。

東広島市在住の方も、広島市西区までは遠いですが、ぜひ一度ご相談いただければと思います。

Follow me!

お気軽にお電話ください