生理不順には体脂肪が関係していることもあります|広島の漢方薬局ハーブス

体脂肪イメージ

私の薬局には婦人科の相談が比較的多いです。

30代、40代で多いのは不妊症・妊活のご相談で、20代で多いのが生理不順です。

生理不順を起こす原因は様々ですが、最近は食生活に由来する原因とストレスが関係する原因が増えてきているように思います。

また、体質的に生理不順(生理が始まった頃からずっと生理不順)の方もおられます。

多くの方は食生活の改善や漢方薬の服用で徐々に生理不順が解消していくことが多いのですが、生理不順でも改善しにくい方の傾向というのがあります。

それは、体脂肪率の高い方です。

西洋医学のお医者さんの書かれている本などには肥満と生理不順の関係はしばしば取り上げられるのですが、治療を始めたころはそうは思わなかったのです。

しかし、たくさんの生理不順の患者さんをみてきて、最近はこの関連性はやはりあると実感しています。

こういう場合、漢方的なアプローチも行うのですが、ご本人様の努力も必要になります。

具体的には運動です。

私は食事制限によるダイエットは身体の状態を長く維持することができないケースが多いのでお勧めしていないです。

それよりも面倒でも身体を動かし、筋肉をつけることが大事です。

では何をすればいいのか?

筋トレ?

それができるならそれでもいいです。

今まで運動らしいことをしたことが無い方はまずは歩くことから始めてみてください。

 

 

Follow me!

お気軽にお電話ください