腰痛の患者さん、もうすぐ卒業です|広島の漢方薬局ハーブス

腰痛改善イメージ

腰痛の患者さんが来られました。

この方は以前、膝の痛みで整形外科の病院で治療を受けていたのですが、足に重りをつけてのリハビリをしてから、ひどい腰痛になってしまったのです。

その後、漢方薬を二週間~三週間服用してもらったら、これが原因の腰痛は治まったのですが、その直後、台所仕事をする際に、片足をあげた姿勢で少し長くいたら、また再び腰がいたくなったのです。

この再び腰が痛くなったのが意外に厄介で通常の腰痛の治療に比べるとかなり多くの種類の漢方薬と私が当初、思った以上に治療期間(約三ヶ月)を必要としました。

とにかく、不思議だったのが、ほぼ毎週のようにこの方の腰痛に合う漢方薬が変わるのです。
(通常、一つの原因に対して一つの漢方薬を用いるのです。沢山の漢方薬を用いるということは沢山の原因が複合しているということなのです。)

スポーツで激しく何ヵ所も故障したのなら理解できるのですが、この患者さんは、ご主人からの提案で、数十分間台所に台座を置いてもらって、そこに片足を乗せて、台所仕事をしただけなのです。

それにも関わらず、こんなに漢方薬を変えないといけないとは、不思議でした。

漢方治療イメージ

そして、何回も何回も漢方薬を変えていって、とうとう、この腰痛に合う薬を見つけることができず、困ってしまいました。

腰痛でとるべき原因はほとんど治療したはずですし、用いた漢方薬から考えてもあらかた出し尽くした感じがあるのです。

しかし、この患者さんの腰痛の症状はまだ残っているのです。
そこでまた、何回か腰痛を起こす漢方的な原因について色々考えていたら、一つ大きな原因を見落としていました。

その原因の漢方薬を二週間服用してもらったら劇的に症状が改善したのです。

これ、どんな種類の漢方薬かというと、ストレスや精神的な問題に用いる漢方薬なのです。

実は思った以上に長引く痛みの原因には、このような情緒やストレス等の問題が深く関わっていることがよくあるのです。

そして、これらの原因を治療しないと痛みの症状が完全に取りきれないことがよくあるのです。

この患者さんの場合は、純粋に腰痛に用いる薬だけで最初に腰痛の症状が取れたので、このストレスや情緒に関する問題が原因となるということを見落としてしまっていたのでした。

人によっては、このストレスの問題が大きく関わってることがあり、この漢方薬だけ長期に服用しないといけないケースもあるのですが、この患者さんの場合は、それほどストレスの問題を大きくなかったようで、短期間の服用で大丈夫でした。

今まで大事をとって家事や買い物を控えていたのですけれども、今週は腰の状態がよかったため、腰痛になる前と同じ、普段通りの生活行ったら、少し腰がだるくなったそうです。

そのため、今回は筋肉疲労に伴う腰痛の漢方薬を出しました。

その症状も、一週間もすれば、生活に慣れてしまって消えると思います。
その症状がなくなったら卒業です。

Follow me!

お気軽にお電話ください