若年性更年期障害と早発閉経の違いについて

今回は若年性更年期障害と早発閉経の違いについて書いてみたいと思います。

若年性更年期障害とはその名の通り更年期障害が若年性で来ると言うことです。

では若年性とはいったい何歳のことを指すのでしょう?。

一般に更年期障害とは閉経前に出てくる症状ですので基本的には40代から50代の女性に圧倒的に多い わけです。

ところが若年性更年期障害はそれよりも早い20代30代から起こるものを指すものです。

若年性更年期障害の主な症状は、通常の更年期障害と変わらずホットフラッシュ(急に体が熱くなり大量の汗をかく、特に上半身からの汗を大量にかく)、生理不順、不正出血、イライラ、不眠症、訳もなく悲しくなる、やる気が起きない、頭痛、めまい、吐き気、体の倦怠感など様々な症状が現れます。

一方早発閉経と言うのは通常40代中頃から50代の辺りに閉経を迎えるに比べ もっと早い段階で閉経を迎える状態を言います。

家庭の医学などの辞書辞典関係には40歳未満で卵巣機能が低下し半年以上無月経となった状態が続いている状態 とか半年以上月経が来てない状態とかそういったものを定義しているものが多いように思います。

一方、日本産婦人科学会では43歳未満での閉経としています。

いずれにしろま大雑把に言えば 40代前半よりも早く閉経したものを早発閉経と呼んでいるわけです。

では早発閉経と若年性更年期障害にはどの様な違いがあるのでしょうか?

これは私の経験から言えば早発閉経の患者さんは必ずしも更年期症状の症状を出すとは限らないということです。

実際、うちの薬局に来られている早発閉経の患者さんは更年期障害の症状出してる方はほとんどおられません。

早発閉経の方で更年期障害の症状に近い症状が出ることはあります。

それはどういう時かと言うと、病院での治療によって一時的にしろ生理を完全に止めてしまう様な治療を行うことによってその様な症状が出てくることがあるのです。

男性不妊イメージ

ただ 一般の不妊治療の方が生理を止めた時に起きる更年期障害の症状に近い症状に比べて早発閉経の患者さんが起こす更年期障害の症状は軽いように思います。

それは何故かと言えば早発閉経の患者さんは元々ホルモンの出が悪いためホルモン分泌の過程を止めてもそれほど差が出てこないからなのではないかと思います。

つまり早発閉経の患者さんは必ずしも若年性更年期障害になるとは限らない、むしろ若年性更年期症状を出している患者さんは少ないと思います。

少なくともうちの漢方薬局に過去来られていた早発閉経の患者さん、現在もこられている早発閉経患者さんはそうです。

では、若年性更年期障害の患者さんについて、改めて考えてみます。

早発閉経の患者さんは必ずしも若年性更年期障害の症状を起こすとは限らないといいましたが、

若年性更年期障害を起こしている患者さんが何も治療を行わなければおそらくかなりの確率で早発閉経を起こしてくると思われます。

当たり前ですが、若年性更年期障害の診断をされるのは産婦人科などの病院です。

病院で更年期障害の診断がなされる場合と言うのは、女性ホルモンの分泌低下が血液検査で現れるものですので確実に卵巣機能は低下しているわけです。

その状態をそのまま放置しておくと 卵巣機能はさらに低下し閉経に近づいていくと思います。

そのため若年性更年期障害の患者さんは妊娠を希望される場合はまだ早発閉経ほど症状が進行していないわけですから治療することによって卵巣の状態を維持することが可能かもしれません。

ただしどうして若年性更年期障害の様な症状が出てきたのかについて原因を突き詰めていく必要があります。

それによって漢方的な対処法も全く異なってくるからです。

痔瘻

食事制限などによって急激な体重の減少が起き、その結果として発的に生理不順が生じ、それに伴って更年期のな症状が出た場合は、体重を増やすようなことが最優先になります。

また、ストレスによって生理不順が起こり、それと共に更年期障害の様な症状が起きたのであればストレスを緩和する様な漢方薬が効く可能性が高いわけです。

特にこれといった原因がなく若年性更年期障害の様な症状が出てきた場合、一般的な方と比べて卵巣機能が早く衰えてきたと言う可能性があります。

それによって用いる漢方薬は全く異なってきます。

ただ 間違いなく言えることは 少しでも早く治療を始められた方が良いと言うことです。

早発閉経の患者さんは妊娠を希望される場合、若年性更年期障害の患者さんと比べるとその治療は難しいように思います。

そのため若年性更年期障害の患者さんよりも身体の状態を改善して卵巣の機能を回復させて妊娠に至るまでにはかなり長い道のりになる可能性があります。

そのため早発閉経の患者さんの治療は若年性更年期障害の患者さんに比べかなり忍耐をするものになるのではないかと思っています。

いずれにしろ不妊治療を行うのであればどちらの症状の方も早めに越したことはないと思います。