瞼中心のアトピー完治症例|広島の漢方薬局ハーブス

まぶた周辺のアトピー画像
来局時 7か月後
 瞼中心のアトピー性皮膚炎来局時 瞼留鍼のアトピー性皮膚炎7か月後

来局時のアトピー性皮膚炎(湿疹)の状態

主訴:まぶた周辺のアトピー性皮膚炎(瞼の周りの皮膚の赤味と痒み。)瞼以外に胸のあたりにもかゆみが出る。

食べ物でも悪化することがある。

胃腸も丈夫でない。

ちょっとした刺激が影響する。

食事をチェックし、合わない食べ物は極力避けるように指導する。

漢方薬による治療の経過や漢方薬の変更など

瞼の痒み5年前から悪化、疲れが溜まると悪化する。漢方服用後2週間後くらいから改善し始める漢方薬

梔子拍皮湯→スクワレン→越婢加苓朮湯

加味逍遙散→加味逍遙散

漢方薬服用後の改善した時の薬の組み合わせなど

多少の改善・悪化を繰り返しながらいい状態で維持できるようになる

漢方薬

越婢加苓朮湯、安中散、荊芥連翹湯で安定する

Follow me!

お気軽にお電話ください