広島で赤ニキビの事なら漢方薬局ハーブス

ニキビイメージ

このページは広島市西区にある漢方薬局ハーブスの赤ニキビに関する情報ページです。

ぜひ参考にしてください。

赤にきびは見た目通り赤く大きく腫れ上がったにきびのことです。多くの場合は若い人に多く見られるニキビです。

赤ニキビとは

白ニキビや黒ニキビの状態にさらに細菌が繁殖して、その部分に炎症を起こして赤くなってしまっている状態です。

その部分を触るとさらにその部分を於傷つけ、炎症を助長し赤みや腫れが増えてしまいます。

赤ニキビの原因

赤ニキビの原因は基本的に白ニキビ、黒ニキビと一緒です。

毛穴に様々なものが詰まって白ニキビが生じます。

この毛穴に何が詰まるかが問題なのですが、多くの場合、古くなった角質が溜まることで生じます。

角質が毛穴に溜まると詰まってしまって、そこから出てくる皮脂がそこに蓄積して白ニキビが生じるわけです。

角質以外にも落としきれなかったファンデーションやシャンプー、リンスの洗いの残しやほこりなどでも詰まる可能性があるのです。

それ以外には皮脂の過剰な分泌によっても毛穴が詰まる可能性があります。

不規則な生活や生理周期による女性ホルモンの異常によっても皮脂の過剰な分泌がおこり、それによって毛穴がつまり白ニキビが生じるのです。

黒ニキビは初期の皮膚の盛り上がった皮脂が外気に触れて黒く変色した時に生じるものなのです。

そのため基本的は発生や原因は白ニキビと一緒なのです。

 

漢方薬局ハーブスイメージ

赤ニキビのスキンケア

赤ニキビの原因は直接にはアクネ菌などの常在菌によるものです。

アクネ菌は本来、肌を弱酸性に保ち、肌を外敵から保護しているのです。

ところが余分な皮脂があると、アクネ菌はそれを栄養として増殖するため、大量にアクネ菌が増殖して悪さをしてしまうわけです。

でも本来は人の肌には必要なものなのです。

そのため、アクネ菌を除去することが最善の方法ではないのです。

できるだけアクネ菌が増殖しないように皮脂の過剰分泌を起こさせないようにすることが重要なのです。

肌を清潔に保つことは大切なのですが、肌をごしごし洗うのは、肌の保護・保湿機能を低下させてしまいます。

そうすると皮膚の自分で治す力が低下してニキビが慢性化してくる可能性もあります。

またあまりに洗顔をしすぎると、肌の皮脂が減ってしまい、それを防ごうとして逆に皮膚分泌が盛んになってより毛穴に彼子が詰まりやすくなるケースもあるのです。

それ以外には肌が気になってついつい触りすぎてしまうと手からさらに雑菌が付着して化膿が悪化することもあります。

髪の毛で隠すのも同様で、髪が触れる刺激で悪化したり、そこから雑菌が付着したりします。

あくまでやりすぎないことが重要なのです。

 

治療イメージ

赤ニキビの養生法

基本的にはホルモンバランスを乱さないことが重要です。

そのためには規則正しい生活を心がけるとこが重要です。

そのなかでも最も重要なのが寝る時間です。

夜遅くまで起きていると、ホルモンの分泌低下を招いたり、ホルモンバランスが乱れたりします。

できるだけ23:00くらいまでには寝るように心がけてください。

それからストレスを極力ためないように日ごろからガス抜きするように心がけることも重要です。

ニキビの食事(食べ物)・食生活

甘いもの、脂っこいものは極力控えるべきです。それとトウガラシなどの刺激物やお酒も同様に控えることが望ましいです。緑の野菜を摂取することを心がけてください。あとは旬のもの、バランスのとれた食生活、お菓子やジュースをとらないことも重要です。あとは食べる時間が深夜にならないようにすることも同様に重要です。

赤ニキビの治療に用いる代表的な漢方薬

清上防風湯・・・赤ニキビで、大きさも大きいもの、思春期にできるニキビに使われる代表的な漢方薬です

黄連解毒湯・・・化膿がひどいものに使われます。

荊芥連翹湯・・・赤ニキビが慢性化してなかなか治らないような場合に用います。

 

ここまでが広島市の漢方薬局ハーブスの赤ニキビに関する情報でした。

今後も体験談や関連ブログを掲載してゆく予定です。

またごくごくたまに見に来てみてください。

Follow me!

お気軽にお電話ください