不妊治療の患者さん妊娠されましたが風邪を引いてしまいました|広島の漢方薬局ハーブス

風邪を引いてしまったイメージ

不妊治療をされていた患者さんから電話があり、風邪を引いてしまったとのこと。

この患者さん、今月、妊娠していることがわかったのです。

この患者さんはうちの薬局に不妊治療に来られて、もう4年以上過ぎていました。

そのため内心、この患者さんはもう妊娠出来ないのではないか?とさえ思ったのですけれども、妊娠する時はあれっ?という感じであっさり妊娠してしまったりするのです。

ただ、まだまだ妊娠初期で、あんまり喜んでばかりもいられない時期なのです。
そんな大事な時期に、困ったことに、風邪をひいてしまったそうなのです。

産婦人科に相談に行ったら、漢方薬を出しましょうか?と言われたので、それなら、より専門的な私の薬局で相談したいということで来られたのです。

そこでまず、風邪の症状お伺いしました。そうすると、もう寒気とかそういうものは一切なく、喉が少し痛むのと咳がとても多く出るそうです。

特に、寝ている時に咳が多く出て、咳で夜中、眠れなくなるそうなのです。

漢方治療イメージ

漢方でも、妊婦の人に使える漢方薬は非常に限られます。

風邪に対する漢方薬も、ものによっては、妊婦に出すことができないものもあります。

ただし、この方の症状は咳が中心で夜中に多く出る咳なのです。

妊婦の咳に使える代表的な漢方薬としては麦門冬湯がよく知られています。

麦門冬湯は夜中の咳によく使われるものでもあります。

そのため話を聞いた段階で、おそらく麦門冬湯だろうと思ったのですけれども、 実際に咳のツボで、麦門冬湯が合っているかどうかチェックしてみると、麦門冬湯ではどうもうまくいかない気がしたのです。

そこでさらに、この患者さんの咳のツボを使って、合う漢方薬を探してみると・・・やはり麦門冬湯が合っているような気がしました。

しかし、よくよくチェックしてみると、どうも麦門冬湯だけでは不十分な気がしたのです。

そこで麦門冬湯に併用することの多い漢方薬の組み合わせをいくつかチェックしてみると・・・合いそうなものが一つ見つかりました。

最近、この漢方薬を麦門冬湯に併用することが多いような気がします。

この漢方薬は麦門冬湯の作用を強めるような働きがあるのです。

ひょっとすると、最近の麦門冬湯に使われている生薬は栽培品が多くなっているので、 その分だけ、 天然の生薬で作られていた頃の麦門冬湯に比べて薬の力が落ちているのかもしれません。

なにわともあれ大事になる前に夜中の咳が治ってくれるといいのですが・・・

Follow me!

お気軽にお電話ください