山口県 漢方相談|山口県の方も広島の漢方薬局ハーブス

広島の漢方薬局ハーブスへ

 

漢方薬の事なら山口県の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

山口県から漢方薬局ハーブスへは少し遠いですけれども、山口県から来られてる患者さんはある程度おられます。

山口県から来れる患者さんで多い場所は下松市や山口市、岩国市などが来られる患者さんです。

山口県から来られる患者さんで多い症状は圧倒的に不妊症の患者さんです。

最初は岩国市から不妊治療で来られていた患者さんが妊娠されたおかげで、その口コミでかなりの患者さんが来られるようになりました。

その次に下松市から来られていた患者さんが数名妊娠され、その口コミで来られた患者さんがまた妊娠してという形で、山口県という遠方にもかかわらず、ある一定の数の患者さんが常に来られています。

不妊症と一口に言っても、実際には様々な原因があります。

漢方薬局ハーブスに来られる患者さんで、不妊症の原因として多いのは病院で検査をしても特に原因がないと言われるのになかなか妊娠しないか 方

そういう方は漢方的に見れば何らかの問題があるケースが多いです。

特に基礎体温をつけていただければメイン原因がはっきりするケースが多くあります。

それ以外に多いのは、病院で不妊治療続けて行って最初のタイミング療法から人工授精、体外受精とステップアップし、それでも妊娠せず体外受精を繰り返してもやっぱり妊娠しない、そういう場合に最後に医師の方から卵の質が悪いのではないかというようなことを言われて困っている患者さんです。

卵の質の改善というのは基本的には病院では治療が難しいです。

そのため、漢方薬を併用して再度体外受精に挑まれたりするケースが多いのです。

またこれ以外に漢方薬局にハーブスに来られる患者さんで多いのは高齢不妊治療の患者さんです。

35歳以上を一応高齢不妊という風に言いますけれども、ほとんどの方が35歳以上です。

そして他の漢方薬局とクラブで漢方薬局ハーブスの方に多いと思われるのは40歳を超えた高齢不妊治療の患者さんです。

漢方薬局ハーブスには現在でも46歳の人が5名以上不妊治療を続けていらっしゃいます。

この46歳の不妊治療の方の半分ぐらいは突然生理が来なくなり、閉経の心配から漢方相談にから来られた方が多いのですけれども、現在は漢方治療によって生理が回復しています。

四十歳を超える高齢不妊治療になってくると、もともと持っている不妊症の体質プラスアルファ年齢に伴う別の不妊症の問題が現れてきます。

そのため、この二つの治療を行っていく必要があるのです。

また、同様に増えてきているのは、早発閉経と言って従来であれば45歳から55歳の間に閉経を迎える方が多いのですが、40歳未満ですでに閉経となってしまっている患者さんです。

こういう患者さんは40歳未満ですでに閉経しているわけですから卵巣機能が著しく低下しているわけです。

そのため、年齢は40歳未満ですけれども、卵巣だけの働きを見ると45歳~55歳を超えているのと一緒なわけです。

そのため先ほど言いました40歳以上の高齢不妊治療よりもさらに治療が難しくなります。

しかし、治療のやり方は原則40歳以上の高齢不妊治療の方と一緒です。

それよりもむしろ治療に用いる漢方薬の種類や量が増える可能性はあります。

閉経しているのに妊娠することができるのかと言う疑問あると思います。

漢方薬局ハーブスイメージ

けれども、漢方薬局ハーブスで治療を受けて行った患者さんの中には全員ではないですけれども、卵胞がずっと育っていなかったのに漢方治療を受けて卵が育つようになった患者さんもおられます。

そしてその中の一部の方は、体外受精において採卵が可能となり、さらにその中の一部の人ですけれども妊娠されています。

そしてその中で出産まで 至っています。

ただし多くの場合、この早発閉経に関して言えば、病院選びが重要になります。

そのため、どういった病院を選べばいいのかについても合わせて漢方相談を行っています。

これ以外の症状としてはこれ以外の不妊の原因としては、妊娠はするけれどもなかなか出産までに至らない不育症(習慣性流産)の患者さんがおられます。

こういう方も漢方治療は大事なのです。

けれどもそれと同じくらい病院選びが大事になってきます。

そのため、そのため病院選びについても合わせて相談を行っています。

それ以外には一人目は比較的簡単に妊娠できたのに二人目になるとなかなか妊娠出来ない二人目不妊

卵巣内の黄体の働きが低下しておこる黄体機能不全、子宮内環境が悪くなり妊娠しづらくなっている子宮内膜症子宮筋腫子宮内膜ポリープなどの患者さん、更年期障害が出始めた患者さん

この中で子宮内膜ポリープに関しては漢方薬を飲まれるよりも手術した方が良いケースの方が多いように思います。

そのため話を聞いて手術を勧める場合もあります。

子宮筋腫の場合はその大きさとご本人様の年齢によって行った方がいいかどうかは個々に異なりますのでご相談いただければと思います

このように不妊症と一口に言っても様々な原因があります。

これ以外に山口県から相談に来られる患者さんで、おられるのは癌に対する相談で。

がん治療の場合は治療すれば必ず良くなるというわけではないですけれども、治療された患者さんの中には治癒された方もおられます。

そして漢方薬をもう服用しなくても何年も再発してない患者さんもおられます。

また最近、漢方薬局ハーブスに来られる患者さんで増えているのは非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)の患者さんです。

この疾患は西洋医学的に難病とされています。

そのため病院ではこの病名と診断がされても経過観察と言って治療せずに様子を見るというケースが非常に多いのです。

なぜならこの非結核性抗酸菌に効果的な抗生物質がないのです。

そのため多剤併用と言って数種類の抗生物質を併用 して治療を行うのですけれども、その効果も十分とは言えないものなのです。

さらにこれらの構成物質には重篤な副作用が出ることがしばしばあり、治療効果が低い割に副作用が強いということで病院の医師も治療 を躊躇するケースが多々あるのです。

漢方薬局ハーブスの非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)に対する治療というのは、自分自身の免疫力を上げることによっ 自らの力で非結核性抗酸菌症対抗するという治療ですので、病院の治療と比べて安心安全な治療法と言えます。

これ以外には自律神経失調症不安神経症(パニック障害)不眠症円形脱毛症多汗症(手汗)、様々な疾患症状の患者さんが来られています。

詳しくはホームページを見ていただければと思います。

もしホームページに載っていない疾患や症状の治療をご希望の場合は本ページに書かれていない疾患症状でも漢方薬局ハーブスで治療をしていたり、完治まで至ってるケースもあります。

そのためメールまたはお電話でお問い合わせいただければと思います

Follow me!

お気軽にお電話ください