呉市 漢方薬局|呉市の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスイメージ

 

呉市の方も広島にある漢方薬局ハーブスへご相談ください

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

呉市在住の方にとって、広島市の西区は遠いかもしれませんけれども、呉市の方で漢方薬局ハーブスへ漢方相談に来られている方はかなりおられます。

呉市から来られる方で漢方相談の多い病気や症状は不妊治療(不妊症) 、アトピーニキビ(吹き出物) 、更年期障害腰痛膝痛自律神経失調症めまいがん非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC病)、慢性関節リウマチ五十肩不安神経症、パニック障害夜尿症過敏性腸症候群逆流性食道炎潰瘍性大腸炎気管支喘息副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎・花粉症、多汗症円形脱毛症など多岐にわたります。

特に不妊症に関しては、広島県内では最も多く、不妊症患者さんが妊娠された喜びの体験談を乗せています。

ケース別 不妊治療体験談に様々な ケースで妊娠された患者さんの妊娠された体験談を載せていますので参考にしていただければと思います。

実際不妊症の中でも様々な原因によって妊娠できない場合があるのですけれども、その中で他の漢方薬局と比べて多いのは高齢不妊治療、特に40歳以上の高齢不妊症の方が他の薬局に比べると圧倒的に多いのではないかと思います。

漢方薬局ハーブスでは実際に40歳以上で妊娠された方の体験談を多数載せています。

それ以外には、若くして閉経して妊娠できなくなってしまっている早発閉経の患者さんも他の漢方薬局比べると多いと思います。

また、妊娠したのに妊娠した状態を継続することができない不育症(習慣性流産)の患者さんや1人目は妊娠できたのに二人目がなかなか妊娠することができない二人目不妊の患者さんも比較的多いです。

漢方薬局ハーブスイメージ

また卵巣の働きが普通の患者さんに比べて少し弱い黄体機能不全や卵管が詰まることによって妊娠できなくなる卵管閉塞卵管狭窄、排卵がうまくできなくなることによって妊娠がなかなかできなくなる多嚢胞性卵巣症候群、子宮の状態が悪くなりなかなか妊娠出来なくなる子宮内膜症や子宮筋腫など様々な患者さんが来られています。

またアトピー性皮膚炎湿疹 などは 人それぞれ原因が異なる場合があります 汗で悪化する様な方もおられれば感想で悪化する方もおられま。

すまた食事によって悪化する方もおられますし、黄砂などの影響によって悪化する方もおられます。

花粉症などで悪化することもありますし、カビなどで悪化することもあります。

そのため、アトピー性皮膚炎は養生法といって、食事や生活上の注意点を守らないとなかなか良くならないケースがあるのです。

また ニキビ吹き出物に関しても同様でスキンケアと食事の注意が なり重要になってきます。

それらも含めて漢方相談を行ってきます。

腰痛、膝痛、五十肩、慢性関節リウマチなど、痛みに関する疾患に関してですけれども、皆様が思ってる以上に漢方薬が有効であることがあります。

ただ飲んで翌日効く様な効き方はしないです。

けれども読み続けていく間に徐々に効いてきます。

漢方薬局ハーブスイメージ

腰痛、膝痛は針治療や整体治療などでうまくいかない場合でも漢方薬によって良くなるケースがあります。

特に難治性の慢性的な腰痛には力を発揮することが多々あります。それはそういう場合の原因と押して骨粗鬆症が絡んでいることがあるからです。

骨粗鬆症は整体や鍼灸では治すことはできませんが、漢方なら治すことができます。

五十肩などは基本的には整体や針などの方が良い場合がありますけれども、寝てても痛いじっとしていても熱感炎症があって痛む様な場合は漢方薬の方が有効であることがあります。

慢性関節リウマチなどは免疫異常ですので整体などよりも圧倒的に漢方によって内側の免疫の異常を調整していく方が治療法としては有効です。

非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC病)は病院の治療では 難治性とされています。

そのため病院でこの非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC病)の診断が出たとしても特別な治療せず、経過観察するケースもあります。

と言うのもこの治療のために抗生物質を用いる場合、多剤併用しないといけないのですが、この抗生物質にはかなりの副作用が生じるリスクがあるのです。

実際に治療を受けられてその副作用で苦しまれた方もおられます。

漢方薬局ハーブスイメージ

また、その治療を受けたから必ず非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC病)良くなると言うわけでもないのです。

そのような治療と比べ、漢方薬は自分の体を元気にして免疫力を上げてこの非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC病)をやっつけるする方向に持っていく治療法ですので、漢方薬による治療のリスクはほぼなく、安心安全なやり方なのです。

不安神経症(パニック発作)、自律神経失調症などは昔から、漢方の得意分野です。

漢方医学では自律神経や精神神経疾患などの心のトラブルに関してその問題を五志の憂、七情と言う概念で捉えて治療を行ってきました。

この五志の憂や七情と言われる様な精神や神経のトラブルの問題はストレス過多であればもちろんどの様な場合でも起こり得るのですけれども、多くの場合はその人の生まれながらにして持っている性格的な部分に影響を受けている場合が多いのです。

そのため、それぞれの方の気持ちの持ち様みたいなものも、この症状に大きく影響したりしているのです。

ただ性格そのものを変えることはできませんから、性格を変えることなく、どうすればそのような状態から少しでも早く本来の状態に回復できるか?

漢方薬を飲まなくなった状態でもどうやったら再発しない様に感情や体調をコントロールできるようになるかも合わせて考えていきま。

逆流性食道炎や過敏性大腸炎、潰瘍性大腸炎 などの消化器のトラブルも漢方薬の得意分野の一つです。

これらの中にも精神・神経的な問題が絡んでいることがあります。

アレルギー性鼻炎や気管支喘息どは病院では耳鼻科と呼吸器科で診療が分かれますけれども、漢方的に考えるとこの二つは肺の病と言う風に同じ系統の問題として捉えることができます。

そのため漢方的な肺を良くする漢方薬で同時に良くなるケースもあります。

また手汗は自律神経の異常によって生じるものの一つですので、先ほど書きました自律神経失調症やパニック障害不安神経症などと同様の漢方理論や漢方薬による治療ででよい場合が多いのです。

漢方薬局ハーブスイメージ

また夜尿症(おねしょ)はかなり方が悩まれている症状です。

これを生じさせる原因は様々あり、冷えや自律神経の異常、体の体力的な問題も関わっていることもあります。

そのため同じ薬が使えるわけではなく人によって用いる漢方薬は様々です。

そういうことも含め体質を見極めるために漢方相談が必要となるのです。

以上様々な疾患・症状について書きましたが、これ以外の疾患症状でお見えになる患者さんもおられます。

そして良くなられている患者さんもおられます。

そのため、HPなどを読まれて、何か気になる疾患症状などあれば、お電話などでお問い合わせいただければと思います。

呉市からは少しと遠いですが、ぜひご相談ください。

Follow me!

お気軽にお電話ください