漢方の事なら広島市にある漢方薬局ハーブス

漢方の事なら広島市の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスイメージ

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

漢方薬局ハーブスには様々な疾患症状の方が来られていますが中でも多くの方が来られているのが不妊治療(不妊症)の患者さんです。

不妊症と一口に言っても様々な原因があります。

他の漢方薬局と比べて漢方薬局ハーブスに来れる患者さんで多いのは高齢不妊治療です。

中でも40歳以上の高齢不妊の患者さんは多いと思います。

現在来られている高齢の患者さんで言えば46歳の方が 5名から10名の間来られていて それに続くように45歳、44歳、43歳、42歳41、歳40歳というように高齢不妊症の患者さんが来られています。

漢方薬局ハーブスの行う高齢不妊治療というのは、まず基本的にその方の持っている体質的な不妊の原因を治療し、それプラスα高齢によって出てきている不妊症の原因を治療するという形が基本になります。

しかし一口に高齢と言っても実際には高齢になっているけれども、加齢に伴うような問題が出てきてない患者さんもおられます。

そういう場合は従来の不妊治療と全く同じ治療になったりします。

その高齢不妊症の問題が出てくる年齢というのは人によって個人差があります。

そのため、それを見極めながら治療を行っていきます。

漢方薬局ハーブスイメージ

早発閉経の患者さんは、本来45歳から55歳の間で閉経を迎えるはずであるのに40歳未満で閉経を迎えているということですので、つまり卵巣機能がかなり早く弱ってきているということです。

そのため、基本的には高齢不妊治療の患者さんと近い治療になります。

しかし実際には高齢不妊治療の患者さんよりも症状としては重いことが多いです。

なぜなら、すでに閉経しているわけですから。

つまり早発閉経の患者さんは体質的な不妊症の問題と高齢によって生じてきた不妊症の問題を同時に2つ持っている方がほとんどです。

そのためその二つを原因に対する漢方薬を必ず使用することになります。

それ以外には妊娠は何度もするけれども出産まで至らずに流産してしまう不育症(習慣性流産)があります。

これは漢方治療も大事ですけれども、それと同じくらい病院選びが大事になってきます。

そのため、この病院選びも合わせて漢方相談をさせて頂いています。

漢方薬局ハーブスイメージ

これ以外には卵管が詰まるもしくは狭くなることによって受精障害が起きてしまう卵管閉塞・卵管狭窄があります。

この卵管閉塞・卵管狭窄は漢方薬ハーブスの得意分野の一つです。

ただし、癒着がある場合の卵管閉塞・卵管狭窄に関しては治療が難しいことがあります。

また排卵がうまくいかないことによって妊娠がなかなかできない多嚢胞性卵巣症候群も 漢方薬ハーブスでは治療を積極的に行っています。

それ以外には一人目は比較的簡単に妊娠ができたの2人目になってなかなか妊娠することができない二人目不妊。

子宮の中の状態が悪くなり着床がうまくできない子宮内膜症や子宮筋腫などの治療も行っています。

この二つに共通するところは漢方的に言う瘀血と言って血液の流れの問題が関係していることが多いことです。

これ以外にはご主人に問題のある男性不妊なども治療を行っています。

ご主人に問題がある男性不妊は年々少しずつ増えてきているように思います。

この治療は 漢方薬も大事なのですけれども同時に生活上の指導も大事になってきます。

それらも合わせて漢方相談を行っていきます。

漢方薬局ハーブスイメージ

それ以外には病院では特に問題がないと言われたけれどもなかなか妊娠しないような場合 。

このような患者さんはかなり多いのですけれども、漢方的に見れば問題のあるケースが多くあります。

特に基礎体温をつけていただければかなり問題が明白になってくると思います。

また病院で体外受精を何度も行ったにも関わらず、妊娠出来ない場合は病院から卵の質が悪いのではないかというようなことを言われて悩んでご相談に来られる方は多いです。

病院では基本的に卵の質を上げるような治療はできないので、漢方薬による治療が力を発揮する場合が多いのです。

漢方薬を併用することによって体外受精だけではうまくいかなかった患者さんでも妊娠できたという方はたくさんおられます。

それ以外の漢方相談で多いのは、アトピー性皮膚炎家・湿疹、ニキビ・吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、蕁麻疹などの皮膚疾患です。

アトピー性皮膚炎・湿疹は漢方治療も非常に大事なのですけれどもそれ以外に、季節ごとのスキンケアや食生活などもかなり重要になってきます。

そのため、これらも合わせて漢方相談をしていきます。

ニキビ吹き出物などに関しては、アトピー性皮膚炎湿疹などと同様にスキンケアと食事が重要になってきます。

掌蹠膿疱症に関しましてはスキンケアはそれほど重要ではなく食事の方が重要になってくると思います。
尋常性乾癬や蕁麻疹などは生活のケアというのはあまりなく漢方治療が主体になってきます。

これ以外に多い疾患としては、膝の痛み(膝痛)や五十肩、腰痛、慢性関節リウマチなどの 整形外科的な痛みの疾患です。

痛みの治療が漢方薬でできるというのは意外に思うかもしれませんけれども、特に高齢になって出てくる変形性ひざ関節症や骨粗鬆症に伴う膝の痛みなどは体の内側の問題が深くかかっていますので鍼灸や整体などよりも漢方薬の方が有効な場合が多いです。

また腰痛に関してですけれども、一般的には腰痛は整体鍼治療の印象が強いと思いますけれども、骨粗鬆症に伴う慢性腰痛や腰椎すべり症に伴う慢性腰痛の場合は漢方薬は威力を発揮します。

漢方薬局ハーブスイメージ

また五十肩でも元々炎症があって、触ると熱感があり、なおかつただ寝ているだけで寝返りとかをうたなくても痛いような、激しい炎症を伴う痛みの場合は整体などと比べると確実に改善が起こります。

ただし、飲んで翌日にすぐ効くということではなく、飲み続けることによって徐々に徐々に改善していきます。

これ以外に、自律神経失調症や不安神経症パニック障害、不眠症、過敏性腸症候群、手汗(手掌汗)円形脱毛症などは漢方的に見ると精神・神経・心のトラブルとして考えます。

漢方では昔からこのような精神や神経や心の問題を七情とか五志の憂という考え方で捉え、 病気の原因として重要視してきました。

自律神経失調症や不安神経症(パニック障害)など、こういったものはストレスが引き金となって生じることが多いです。

けれども、単純にそれだけが原因ではなく、その人のもともと持っている性格的なものが関係していることが多々あるのです。

そのためその人の性格によってそのストレスの発散方や対処法などは異なってきます。

そのためそれらも含めた漢方相談を行うことが重要になります。

漢方薬局ハーブスイメージ

それ以外には副鼻腔炎蓄膿症やアレルギー性鼻炎などの鼻の問題や気管支喘息、非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)などの呼吸器系の病気も相談に来られます。

特に最近増えているのはこの非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)です。

この非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)は 西洋医学的には難病とされ ています。

そのため、病院でこの病名の診断がついても経過観察と言って治療せずに様子を見るケースがかなりあるのです。

なぜかと言うと、この非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)を治療するための有効な抗生物質がないのです。

そのため、この病気を治療する際は多剤併用といって何種類かの抗生物質を組み合わせる形で治療を行います。

それを行ったとしても治癒するケースはまずなく、現状維持もしくは場合によっては多少の改善が起こる程度などです。

効果がそれほどでないのにも関わらず、副作用はかなり強く出るケースが多いため、病院の お医者さんも治療するのをためらうことが多いのです。

漢方薬局ハーブスはこの非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)の治療を得意としています。

漢方薬局ハーブスの この病気の治療法は、その患者さんの体を元気にすることでその患者さんの本来の免疫力を上げていき、非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)を治療していくものです。

そのため 安心安全な治療法と言えます。

これ以外にも様々な疾患・症状の患者さんが来られていますのでHP上に載っていないような症状や病名でもご相談いただければと思います。

 

もし漢方薬局ハーブスで漢方相談を希望される際は、telにてご予約いただければと思います。漢方薬局ハーブスの所在地は広島県広島市西区草津東3-6-8となっています。

アクセスで最も簡単なのは広島電鉄の草津駅で徒歩10m以内です。広島市内の八丁堀付近からだと漢方薬局まで約40分くらいだと思います。

Follow me!

お気軽にお電話ください