46歳、体外受精で初産を目指す患者さん久しぶりに採卵成功!!

46歳不妊治療イメージ

 

46歳で自然妊娠も考えながら、今回は体外受精で初産を目指してる患者さんがご夫婦で来られました。

この方、元々は ネットで宣伝している電話やメールなどで漢方相談をする有名な漢方薬局で漢方相談をしていたのです。

けれども1か月のお薬代が月5万円以上と値段が高いわりに結果が悪くなっていく一方で、不安に思い市漢方薬に来られたのです

実際にそこの漢方薬を持って来て頂いて後でチェックしてみたところ、やっぱり合っていないという感じでした。

そこでその漢方薬は休んでいただいて、代わりにうちの漢方薬を飲んでいただいたとおろ、ご主人の男性不妊の状態はすぐに改善しました。

そして奥さんの方の最初はなかなか改善しなかったのですけれども、少し時間はかかりましたが、今は46歳で最も高齢ですけれども基礎体温的には今まで数年にわたり基礎体温をつけてきた中では一番よく、病院の薬を飲まなくてもほぼ理想的に近い理想の基礎体温になっています。

それもあって奥さんの方は仕事も忙しさと、自然妊娠ができるのでいかという期待もあって、病院の治療はしばらく お休みしてタイミング療法で自然妊娠を目指されていたのです。

しかし半年ぐらいはトライしたのですけれども妊娠できず、再び今回体外受精をされることにしたのです。

最後に体外受精の採卵をしたのは約1年近く前です。

そのころには変性卵や空胞が目立ってきて採卵がなかなかできない状態になってきていたのです。

45歳辺りを超えてくると、体のコンディションも良くても突然、高齢による不妊症の原因が出てくるのです。

しかしそれは自覚症状として出てくるのではなく、いわゆる卵巣の状態、つまり、採卵できる卵の状態に影響してくるのです。

それが空胞や変性卵みたいな形で出てくるのです。

高齢不妊治療イメージ

この方も突如、高齢不妊の問題が出てきその状態を改善するような漢方薬を今回はかなりの量使いました。

その甲斐あって、ここ1年で随分調子が上がってきているのです。

しかし、最終的には年齢の問題というのは必ず出てきます。

若返るということができないように、いつまでも抑えきれるものではないのです。

そのため少しでも早く採卵だけはしておいてほしいと思っていたので正直ホッとしました。

そして体外受精の採卵行って数日後すぐにうちの薬局に来られたのです。

実際に「どうでしたか?」という話を伺いすると、今回は取れた卵は一つだったけれども、ちゃんと 受精もして胚盤胞まで分割したそうです。

よかった~・・・ホッとしました。

大概ですけれども漢方薬が合っていて、本人のコンディションも良い場合はやはり摂れる卵の質もや量も良いことが多いのです。

卵を返すのはおそらく1周期休んで年明けになると思います。

採卵と同様、漢方薬が合っている時に卵を返すと着床率も上がることが多いので出している漢方薬が身体に合っている間に早く卵返してもらえればと思っています。

Follow me!

お気軽にお電話ください