あの頃の更年期障害がウソのように晴れ晴れとした日々を送っています|広島の漢方薬局ハーブス

漢方薬局ハーブスイメージ

更年期障害の漢方治療を受けられて治癒した患者さんのお喜びの声

42歳になった頃、急にホットフラッシュが始まりました。
初めの頃は気に留めることもなく、
やり過ごしていましたが・・・1・2年と経つうちに、治まるどころか10分に1回のペースで頻繁に起こるようになりました。
同時に気分の落込み・不安感・対人恐怖症と、いつの間にか更年期症状にどっぷり悩まされていました。
ハーブ・命の母・加味逍遥散と色々試してみましたが、ほとんど気休め程度で、加味逍遥散に至っては「顔面のむくみ」「だるさ」「眠気」の副作用が出てしまい気も滅入りました。
産婦人科に行くのも考えましたが、どこか抵抗があり悶々と悩んでいた頃、知人から谷先生の事を聞き、予約をとって伺うことになりました。
来院初日、谷先生から「ホルモンの減少は体質の変化なので、外傷と違ってすぐに効果は出ませんヨ!ゆっくり改善していきましょう。大丈夫、完治を目指しましょう。」
と、心強い言葉に安堵しました。
毎回熱心に時間をかけて、心身の状態を見抜ぬいて処方を決められる姿勢に、信頼と安心感がありました。
日々の食生活や習慣についてのアドバイスは、簡潔で分かりやすくとても納得しました。
徐々に気分の落込み不安感はなくなり、ホットフラッシュも日に2・3回に減り、10か月後には、憑いていたものがスッと抜けたように症状がなくなりました。
今は晴れ晴れとした日々を過ごしています。
谷先生に感謝です。ありがとうございました。
くれぐれもご自身のお体も大切に、増々のご活躍を願っております。

更年期障害治療を受けられた患者さんに対するハーブスからのコメント

この方は最初に来られた時からかなり症状がひどかったです。特にホットフラッシュはひどくしょっちゅう、汗を拭いていました。

それ以外にも精神的な落ち込みがひどく、気力も低下していました。

もともとは元気な方だったようで、それがかえって自分の自信を極端になくされて逆逆な方向に行ってしまっていました。

また体はどちらかというと薬に敏感なようで、ちょっとした薬のバランスの違いが症状に出やすい方でした。

しかし、もともと根は明るくポジティブな方だったので、一旦良くなり始めるとそれが良い方向に回り始め一気にかなりのところまで改善しました。

最後に動悸の症状が出てきてそれには少してこずりましたが、最後の頃は1時間弱の薬局までの道のりを自転車で通ってくるようになりました。

本当に良かったです。

更年期障害治療に用いた漢方薬とその費用と治療期間

更年期障害に用いた漢方薬

逍遥散など

連珠飲など

当帰芍薬散など

更年期障害にかかった費用の目安

1か月あたり12000円~18000円

 

更年期障害の通常の費用の目安は1か月あたり15000円~20000円です

 

更年期障害の治療期間

約10カ月

 

広島市にある漢方薬局ハーブスは更年期障害をはじめとした婦人科疾患、不妊治療に強い薬局です。

まずはご相談ください。

さらに更年期障害の体験談または治療に興味がある方は➡更年期障害

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

Follow me!

お気軽にお電話ください