類は友を呼ぶ(膝痛患者さんの知り合いは膝痛患者さんだった)

類は友を呼ぶパート1

うちの薬局で膝痛を治療して良くなった患者さんからこの間TELがあり、ぜひ友達を診てほしいという依頼がありました。

改めて再度TELがあり、予約をとっていかれました。

そして昨日その方と紹介のお友達が一緒に来られたのです。

そこでカルテに症状などを書いていただくと。やっぱり膝痛でした。

しかも膝痛を治療して良くなった患者さんは悪くなって数か月で来られたのすが、このお友達の方は悪くなってからはや10年以上経過しているとのこと。しかも両足ともおかしくなっているのです。

そして実際に膝を見せてもらうと、膝が相当変形して原型をとどめていない状態なのです。

これは・・・思わず言葉を失うような感じでした。

そして膝関節の両側は炎症が起こっているようで熱感がありました。

みていると歩くのも不自由です。階段のくだりなどは悲鳴があがるそうです。

本当にゆっくりゆっくり一歩一歩注意して歩かなければとても難しいそうです。

漢方的に原因を探すと少なくとも2つ以上あり、以前治療した方と比べると費用も倍くらいかかりそうです。

時間も相当かかると思われます。

そこでこの方のは非常に時間をかけておかしくなっているので、同じように時間がかかり費用も非常にかかるというお話をしました。

それにしても・・・やはり類は友を呼ぶですが、症状を良くするためのハードルが高くなって大変です。頑張らねば!!

類は友を呼ぶパート2

うちで膝痛が良くなった患者さんの紹介で来られた患者さんが再び来られました。
最初に薬を出してから1か月半くらい経ちました。
今回の前に一回漢方相談に来られたのですが、前回来られた時にはあまり変化がないと言われていました。
ただ気功でチェックした感覚では少しずつですが改善してきている感じはあったのです。
でもご本人にはまだピンと来ていないようでした。
前回も玉ねぎの皮がむけるような感じのペースで良くなっていきますからと説明して再度来ていただくようお願いしていたのです。
そして今日来られたのですが、患者さんに様子をお伺いすると・・・患者さん曰く、歩くのが楽になってきたとのこと。
少しほっとしました。気の短い人だとここまで待ってもらえなかったです。
でもこの方変形してからもう10年くらい経っているので、ちょっとやそっと何をしても症状が変わらなかった分だけ待ってもらえたようです。
そして両膝の熱感をチェックしてみると・・・間違いなく熱感は引いています。
特に左ひざの熱感は完全になくなっています。
右ひざの熱感は若干一部残っていますが、間違いなく減っているのでもう少し時間が経てばさらに減る可能性は高いと思います。
いまは膝の屈伸の際に痛みが気になるそうです。
でも最初来られた時は何もしても痛いと言われていたので、それに比べれば格段の変化だと思います。
薬は変えずにこのまま様子を見てもらうことにしました。
また経過を書きます。

Follow me!

お気軽にお電話ください