高プロラクチン血症でしたが妊娠しました|広島の漢方薬局ハーブス

不妊治療妊娠イメージ

妊娠された患者さんの声

私は結婚して2年たってもなかなか子供ができず、不妊治療を始める勇気もお金もなくもんもんと悩んでいました。

動くきっかけは今年年明けの生理不順です。病院で診てもらったら「プロラクチンの値が高いね。これが不順の原因かも。」と言われました。

これまで生理は年に1,2回不順になってもほぼちゃんときてたので生理不順をあまり深く考えていませんでした。

しかしこれがきっかけで「不妊の原因は私にあるかも…」と思い始め、病院嫌いな私はネットでプロラクチンや不妊治療についていろいろ調べました。

そして”漢方”にたどりつき、家から行けるところで実績のある谷先生のところへ行くことに決めました。

谷先生の薬局を初めて訪れたのは今年6月中旬。

生は血液検査の結果を見て「プロラクチンが高いね。」とおっしゃり、気功で見てもプロラクチンが不妊の原因じゃないかと。

かなり悩みながらも高プロラクチン用の漢方を処方してくださいました。

また先生は「ここでは不妊の原因ははっきりわからない。病院で一度調べたほうがいい。」と指摘してくださり、私は近所の病院へしぶしぶ通うことになりました。

調べた結果、ひっかかったのはプロラクチンの値が高いということ。そして欠乏性貧血でした。
※ただし高いといっても谷先生の漢方を10日ほどでしたが飲んでいたおかげか、年明けの血液検査のプロラクチン値より7.6下がっていました!

その後、病院でも高プロラクチン用の薬を処方されたため、「せっかくなので試してみたいのですが…」と谷先生に相談し、漢方をお休みして病院の薬を試してみることにしました。

しかし病院は他の薬や注射もしましょう!と次々とすすめきます

。薬はどんどん数が増え、筋肉注射は痛みもあり、病院嫌いの私はたった2か月で精神的にしんどくなっていました。(病院の薬は副作用が怖く、結局高プロ用の薬と鉄剤以外はほとんど飲みませんでした)「今月ダメなら来月は病院休んで漢方に戻そう…」と思っていた矢先のことでした。

生理予定日に生理が来ず、8月末に無事妊娠がわかったのです。

薬局と病院に行きはじめて2か月というあっという間の出来事でした。

妊娠報告をした時、先生がよろこんでくれてうれしかったです。

また2人目の時も先生のところに相談に伺いたいと思っています。

谷先生は親身にちゃんと向き合って話を聞いて対応してくださるので安心できました!

谷先生、本当にありがとうございました。

 

漢方薬局ハーブスからのコメント

この患者さんは病院で高プロラクチン血症の診断は受けていましたが、なかなか妊娠せず、他にも不妊の原因があるのではないかと私の薬局に相談に来られたのです。

そこで、血液検査のデータ、問診や舌診、不妊のツボの反応のチェックなどを行いましたが、プロラクチンが高い以外には原因が無いように思いました。

そのため、最初は漢方薬による高プロラクチン血症の治療を行なう事にしました。

また、他に西洋医学的な問題の取りこぼしがあるかもしれないとも思い、病院で再度不妊の検査を受けてもらうようお願いしました。

そして高プロラクチン血症の漢方薬をしばらく服用していただいた頃、病院での検査結果も出ました。

そこでも問題はやはり、高プロラクチン血症だけでした。

ただ、この値は漢方薬を服用してから測ったので、当初の数値よりは下がってしましたが、病院で高プロラクチン血症の薬を飲みたいということで、服用されてから、再度漢方薬を併用すべきかどうかチェックしたのですが、漢方薬の併用は特に必要ないと判断したので、病院の薬のみで当面様子をみるようにお話ししたのです。

それからそれ程時間のたたないうちに妊娠されたので、やはり、不妊の原因はやはり高プロラクチン血症だけだったのだと思います。

何はともあれ、妊娠されて良かったです。

母子ともに無事出産されることを祈っています。

不妊治療に用いた漢方薬の費用と服用期間

高プロラクチン血症に用いた漢方薬の費用

1か月あたり約12000円~15000円

服用期間

約1か月

 

 

 

 

 

Follow me!

お気軽にお電話ください