B型肝炎の事なら広島の漢方薬局ハーブス

B型肝炎とは

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液を介して感染して起きる肝臓の炎症です。

一過性感染と慢性感染

HBVは感染した時期やその時の健康状態によって、一過性の感染に終わるもの(一過性感染)と慢性感染とに大別されます。
思春期以降の感染は一過性感染で終わります。そしてその原因のほとんどはHBV慢性感染者との性的接触によるものです。それ以外には、十分に消毒していない器具を使った医療行為、入れ墨、ピアスの穴開け、カミソリや歯ブラシの共用などでも生じる場合があります。
HBVが慢性感染している人の大部分は、母親がHBVの感染者で、出産時に産道出血によりHBVが新生児の体内に侵入することにより感染します(垂直感染)。また成人であっても、免疫力が低下するような、免疫抑制剤使用、抗癌剤治療、後天性免疫不全症候群(AIDS)患者の人たちは、HBV感染後、自分の力ではHBVが排除できずに持続感染を起こすことがあります。

肝炎治療を受けられた患者さんのお喜びの声

肝炎治癒体験談

B型肝炎と症状

急性のB型肝炎では、約1〜3カ月の潜伏期間をおいて症状が現れます。初期の症状は体がだるい、食欲がない、発熱、吐き気、嘔吐など、かぜに似た症状です。その後、黄疸(おうだん)が現れます。その中の1%以下の人に劇症肝炎と呼ばれる重い状態に移行するケースがあります。

B型肝炎と検査データ

検査項目 検査結果
HBs抗原 陽性であればB型肝炎ウイルス(HBV)に感染している 。
HBs抗体 陽性であれば過去に感染し、その後治癒したことを示す。HBVワクチンを接種した場合にも陽性となる
HBe抗原 陽性であれば一般にHBVの増殖力が強いことを示す。
HBe抗体 陽性であれば一般にHBVの増殖力が低下していることを示す。
HBV-DNA HBVのウイルス量を測定する。

B型肝炎に使われる代表的な漢方薬

小柴胡湯
大柴胡湯
五苓散
茵陳蒿湯
茵陳五苓散

広島市にある漢方薬局ハーブスはB型肝炎の治療に強い薬局です

まずはご相談ください。

Follow me!

お気軽にお電話ください