超未熟児ですが何とか無事出産しました!!(甲状腺機能低下症、子宮筋腫の患者さん)|広島の漢方薬局ハーブス

不妊治療体験談イメージ

不妊治療を受けられて妊娠・出産されたお喜びの体験談(39歳女性)

こんにちはお久しぶりです。

お元気でしょうか?

私はアナログ人間で、パソコンがあまり得意ではないのでメールではなくお手紙を送らせていただくことにしました。

実は出産予定日より4ヶ月も早かったのですが、〇月○日に帝王切開にて5××gの男の子を出産しました。

超未熟児なので、産まれてすぐNICUに入り、今も入院中です。

私は搾乳した母乳をせっせと病院に持って行っている日々です。

今日で生まれて35日経ちました。

2度の手術をして体重も一旦は525gまで減ったのですが、今は600gと生まれた時よりも増えてくれました。

いきなりの出産になり不安でいっぱいでしたが、今は生きてまれてきてくれたことがとても嬉しく、この子の生きる力とNICUの先生を信じて、私も頑張っていきたいと思っています。

19週くらいに激しい腹痛があり、夜中に救急○○病院を受診したところ、子宮筋腫が炎症を起こしているため、痛みがあるとのことでした。

炎症を抑える薬と痛み止めを処方してもらい、12週間自宅で安静にしておくようにと言われ、2週間ほど自宅で安静に過ごしました。

痛みも治まったので、仕事に復帰したのですが、また激しい腹痛があり、病院を受診したところ、切迫早産で既に子宮口が開き始めているとのことで、そのまま入院となりました。

翌日になってもお腹の痛みと張りが治らず、さらに子宮口も開いているとのことで、救急車でNICUのある●●病院へ運ばれて入院となりました。

1日でも多くおなかの中で赤ちゃんを育てたいと思っていたのですが、二日後に大量出血してしまい、そのまま帝王切開での出産となりました。

23週と1日での出産でした。

胎盤を検査に出して調べたとのことでしたが、早産の原因は不明だそうです。

産休に入り落ち着いたら他に先生に手紙を書こうと思っていたのですが、こんなにも早い出産の報告になってしまいました。

息子の名前は○○と言います。

名前もまだ決まっていないままでの出産になってしまい、夫婦で急いで考えました。

命をつないでのびのびと育ってほしいと願いを込めて名付けました。

約4年間漢方に通わせて頂き夫婦共々お世話になり、待望の赤ちゃんを授かることができました。

本当にありがとうございました。

心から感謝しています。

今は○○と離れ離れの生活ではありますが、私たちの息子は小さいながらも一生懸命に生きてくれています。

○○の入院生活はしばらく続き、きっとこれからも色々リスクがあると思います。

けれど、○○は本当に頑張ってくれているので、この子の力を信じて私も頑張ります。

しばらく先のことになりますが、○○が大きく育ち、めでたく退院できた時、またご報告させてください。

お忙しいと思いますがお体に気をつけてください。(漢方の先生にこのようなことを言うのもおかしいですよね!すいません)

長い手紙ですいませんでした。

ではまたお手紙送ります。

先生本当にありがとうございました。

( 随分迷いましたけれども、この患者さんの想いが伝わるように個人特定できない形で全文掲載させて頂きました。
※この方にはあらかじめ掲載の了解を得ています。)

漢方薬局ハーブスからのコメント

この方は甲状腺機能低下症と重度の甲状腺腫、粘膜下子宮筋腫など、様々な問題がありました。

それと同時に甲状腺機能低下症の影響もあってか、基礎体温が低めでかなりガタガタでした。

年齢的にも40歳に近づいてきて高齢不妊の問題も出始めており、ご主人の方にも妊娠に影響を与える問題もあり、難問山積の状態でした。

このような状況で、病院に通ってない時期に妊娠されたのは本当に驚きでした。

また、赤ちゃんが超未熟児ということで、これからが本当に大変だとは思います。

それでも、今まで本当に長い間、辛抱されて、不妊治療を続けてこられたことを思うと、妊娠・出産されて本当に良かったです。

また、薬局にお子さんを連れてこられる日を楽しみにしています。

不妊治療に用いた漢方薬と治療期間と費用の目安

不妊治療に用いた漢方薬

子宮筋腫の関連する不妊症の問題

子宮筋腫は漢方理論で考えると瘀血(血液の滞り)です。

そのため、治療原則そしては血液をサラサラにするものが用いられます。

用いた漢方薬

桂枝茯苓丸加薏苡仁系統(子宮筋腫に用いるファーストチョイスの漢方薬です)

体質的および年齢的な不妊症の問題

血虚(女性ホルモン不足or生殖器機能の低下)と瘀血が混在している時に用いる漢方薬です。

用いた漢方薬

折衝飲系統

甲状腺機能時低下症(橋本病)が原因の不妊症

気滞(気の滞り)水毒(免疫や水分代謝の問題)

半夏厚朴湯系統

不妊治療に用いた漢方薬の服用期間

奥様

約4年

ご主人

約1年半

 

不妊治療に用いた漢方薬の費用の目安

奥様1カ月当たり18000円前後

ご主人1か月あたり15000円前後

 

さらに不妊治療の妊娠された方の体験談に興味がる方は➡ケース別不妊治療体験談

漢方薬局ハーブスの不妊治療に興味のある方は➡不妊治療

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

Follow me!

お気軽にお電話ください