ダグラス窩子宮内膜症|広島の漢方薬局ハーブス

不妊治療イメージ

ダグラス窩に子宮内膜症ができたら

ダグラス窩に子宮内膜症ができたらどうなるかというと、多くの場合、子宮と直腸の間で癒着を生じます。

このような状態をダグラス窩子宮内膜症と言います。

ではダグラス窩子宮内膜症になると最終的にどうなるのか少し詳細に説明してみたいと思います。

ダグラス窩とは

ダグラス窩とはヒトでも女性にしか存在しないもので、子宮と直腸の間に存在する腹膜腔の一部を指しています。

ダグラス窩は子宮と腹膜腔の間に存在し、子宮が男性にはないため、男性には存在しない組織ですが、男性の場合、直腸と膀胱の間にある腹膜腔をダグラス窩と呼ぶこともあるそうです。

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは詳しくはリンクしている子宮内膜症のページを参照していただければと思いますが、ごくごく簡単に言えば、子宮内膜の組織が別のところにできる病気です。

子宮内膜の組織の働きは生理前まで内膜が増殖して厚くなった後に、生理の時にその組織がはがれ落ちるというサイクルをくりかえすものです。

どの場所であれ、組織がはがれる時には、はがれた組織から出血し、痛みを伴います。

そしてそのはがれて出血したものがうまく吸収されればよいのですが、それが卵巣のようなところでできれば、チョコレート膿腫のように出血した血がどんどん溜まってひどければ卵巣が破裂する状態に至ることもあります。

また組織が剥がれた後に修復する際に組織と組織がくっついてしまう(癒着)ことが起こることもあります。

漢方薬局ハーブスイメージ

ダグラス窩子宮内膜症の症状

ダグラス窩子宮内膜症の状態はかなりの確立で子宮と直腸が癒着するため、症状としてはかなり重い進行しいた状態になりやすいです。

ダグラス窩子宮内膜症で起きる症状には次のようなものがあります。

性交痛

そのままですが性交を行う際に、女性がわに痛みを生じます。

排便痛

これもそのままですが、排便の際に痛みを生じます。

生理痛

生理時に激しい痛みを呈します。

病院治療イメージ

ダグラス窩子宮内膜症の病院での治療

基本的に子宮内膜症の治療となのでホルモン剤による治療or手術ということになります。

ホルモン剤による治療

子宮内膜症は卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌によって症状が悪化してゆきます。

そのため、この卵胞ホルモンの分泌が起こらないような状態にすることが治療になります。

女性で卵胞ホルモンが出ていない時期というのは妊娠時と閉経時に限られます。

そのため治療は人工的に閉経状態に近い状態にするような治療か妊娠状態に近い状態を作り出すうことになります。

妊娠状態に近い状態にするもの・・・ピルの服用

閉経に近い状態にするもの・・・タナゾール:男性ホルモン様の作用を持っていて閉経状態にする

・・・Gn-Rnアゴニスト:これによって最終的に性腺刺激ホルモンの分泌は低下して閉経に近い状態になります。

 

手術療法

妊娠希望かそうでないか?臓器摘出に関しての本人の希望なども加味されて行われると思います。

妊娠希望の場合は、卵巣、子宮などは保存して病巣のみの摘出となります。しかし3割の人に再発のリスクが伴います。

妊娠希望でなければ再発のリスクの少ない摘出手術を勧められるかもしれません。摘出手術には子宮のみを摘出するやり方と卵巣及び子宮の両方を摘出する方法があります。

子宮のみの方が体の負担は少ないですが、再発のリスクは若干上がります。

ただし、卵巣子宮の両方を摘出すれば更年期障害など別の問題が出てくる可能性もあります。

漢方薬のイメージ

 

漢方薬による子宮内膜症の治療

子宮内膜症の根本的な原因はお血と血虚です。

そのためそれらを治療することで症状が改善する可能性があります。

ただし、ダグラス窩子宮内膜症の場合癒着がかなりひどい場合もあります。

漢方薬は子宮内膜症の進行を止める働きがあると思いますが、癒着そのものをはがしたりすることはできません。

ただし痛みの軽減は期待できます。

でも画像的に病態は変化しない可能性があります。

瘀血の代表的な漢方薬

桂枝茯苓丸

血虚の代表的な漢方薬

当帰芍薬散

さらに子宮内膜症の治療に興味がある方は➡子宮内膜症

 

Follow me!

お気軽にお電話ください