高齢不妊治療の40代の壁

高齢不妊治療の40代の壁について

40代の不妊治療は、自分の漢方薬局を開業して、不妊治療をメインにするようになって最初の壁でした。

不妊治療では、やはり30代と40代では妊娠率はかなり違います。

最初の頃は40代は漢方薬での不妊治療は無理なのではないかとさえ思ったことがあります。でも不妊治療を続けてゆくうちに、38歳、39歳と妊娠するようになって、40代の患者さんも不妊治療で妊娠したのです。

そうすると、前よりも40代の不妊治療の患者さんに対する抵抗感が減りました。しかしやはり40代の患者さんの方が30代の患者さんに比べれば妊娠率が低いことに変わりはないのですが、40代の不妊治療であっても、うまく漢方薬を合わせて、40代以上高齢の不妊治療の得意な病院に通ってもらうことで今までよりも40代の不妊治療で妊娠する確率は少しづつですが上がってきています

そして40代以上の不妊治療の患者さんに用いる漢方薬の傾向もわかりつつあり、完全ではないのですが、40代の不妊治療の漢方薬による治療法が確立しつつある感じです。

40代の不妊治療の患者さんで言えることは、30代以上に40代の不妊治療の患者さんは人によって身体のコンディションの幅が大きいということです。

30歳前半くらいのすぐ妊娠できそうなコンディションの患者さんもいれば40代後半もしくは閉経しそうな不妊治療の患者さんもいます

そのため、40代であっても比較的不妊治療が簡単にいく人もいるのです。でも大概頭を悩ませるのは40代後半くらいの感じの不妊治療の患者さんなのです。

こういう方は閉経との戦いになります。そのため40代だから不妊治療で妊娠できるとかできないとかは簡単に言えないのです。それと体が良くなることと、妊娠することはイコールではないのです。

ちょっと話は変わりますが、受験例えを挙げると少しわかってもらえるかもしれません。もともとの偏差値が45の人を塾で教えることで偏差値を伸ばすことは可能だと思います。仮にその塾に行って本人も努力して偏差値55まで伸びたとします。でも目標の大学の偏差値が65だと恐らく合格しないのです。これが体をよくすることと妊娠することが別だという一つの例です。

でも偏差値45では偏差値65の大学には通りませんが、偏差値55なら可能性がないとは言えないとも思います。あとはこの偏差値45の人が塾に行ってすごく勉強して指導もよくて偏差値65を超えたとします。でもそれでも希望の大学に落ちることはあります。た

またまその日に出た問題が自分の不得意の問題だったり、当日の体の調子が悪かったり、いろいろなことが起きる可能性があります。

何が言いたいかというと、不妊治療だけに限ったことではないですが、絶対はないのです。それでも偏差値55の人より偏差値65の人のほうが絶対合格しやすいことに間違いはないのです。

つまり、40代であっても正しい努力によって不妊の壁を超えることができる確率は間違いなく上がります。ただし絶対ではない・それでも・・・

まずベストを尽くしてできるだけ身体の状態を良くするそこから先は神様が決めることだと僕は思っています人事を尽くして天命を待つということだと思います。

Follow me!

お気軽にお電話ください