この方がうちの漢方薬局に来られたのは約5年前の事です。

2年前から自力での正常な生理が来ていない。そしてFSH(卵胞刺激ホルモン)の値は来局当時68、AMH(抗ミュラー管ホルモン:卵巣年齢)は0.16という状態です。

1年以上生理が来ない状態が続けば閉経と考えられます。そしてFSH(卵胞刺激ホルモン)の値が26を超えてくると閉経状態、AMH(抗ミュラー管ホルモン:卵巣年齢)が0.16という値を年齢に換算すれば、恐らく50歳くらいこの方の年齢は1年前は39歳なので、早発閉経ということになります。

もともとこの方右卵巣は若くして全摘出していて、左の卵巣も卵巣嚢腫のため半分摘出しているのです。

そのためAMH(抗ミュラー管ホルモン:卵巣年齢)はどうしても普通の方と比べれば絶対低くなるのです。

しかし、2年前までは正常に生理が来ていたというのです。

生理が来なくなったきっかけは仕事のストレスだったと言います。

それをきっかけに仕事を休職しているのですが、生理の方は一向に回復しないということです。

そこでHPをみてうちの薬局に来ようと思われたみたいです。

うちに来られる前にもいくつかの病院に行き、最初は排卵誘発剤(クロミッド)の投与で治療を受けていたそうなのですが、全く効果が表れないため、カウフマン療法に切り替えて治療を7周期つづけたそうです。

しかし全く改善の気配もないので、広島では有名な不妊専門のクリニックに転院して治療をすることにしたのです。

しかしその不妊専門クリニックはホルモン療法を得意としているクリニックで、こういう早発閉経に対する治療のノウハウはほとんど持っていないのです。

結局そこでの治療もカウフマン療法で、卵巣を休めながらカウフマン療法を行う以外方法はないと言われたのです。

それでうちの薬局にこられた当時もカウフマン療法を基本的には続けておられました。

しかし、もう祖の時点で丸々2年は無月経だったのです。(たまにホルモン剤でとりあえずリセットする目的で生理を来させるような治療は受けていたようでした)

そして、このクリニックに通う限り、この治療が延々と続いていくことは簡単に予想できました。

つづく