良かれと思ってはじめたことが実は自分にとってマイナスに働くことがある(化粧品の話)|広島の漢方薬局ハーブス

予想外のことが起きた話

昔来られていた患者さんの紹介で、新しい患者さんが来られました。

この方、約1年前に酒さ性皮膚炎?と病院で診断されたそうなのですが、診断を受けた病院でも良くならず、他の病院や漢方薬局にも行って良くならずに来られたのです。

病名はともかくとして、症状は鼻から頬にかけて真っ赤でかなりひどい状態です。

ご本人が「今、マスクをすることがマナーになっているから救われている」と言われていました。

そこで、今のうちに少しでも良くなってもらうため、お薬を、探すことにしました。

まず、どうしてこの症状がでたのか?原因をお伺いすると、最初はよくわからないと言われていたのですが、よくよくお話をお伺いすると、マルチ商法の化粧品を使いはじめてから症状が出始めたようでした。

化粧品によるアレルギーなんだと思います。
でも病院で抗アレルギー剤が出ていたのに改善していないということは、原因は単純ではないのかもしれません。

そこで、漢方的な視点でこの皮膚の状態を考えると、瘀血の可能性が高いと考えました。

そこで、瘀血の漢方薬を1週間服用していただくことにしました。

そして再び皮膚が悪化しないために、新たなサプリメントや化粧品は使わないようにお願いしておきました。

そして一週間後、こられた際に皮膚の状態をチェックすると・・・全く変わってない状態でした。

そこで瘀血の系統の薬ではなかったということで、再度考え直すことにしました。

そうすると次に可能性が高いと思ったのは血熱といって皮膚に熱がこもっている状態に思えたので、この熱を冷ます漢方薬を使ってみることにしました。

漢方治療イメージ

そして一週間後来られた際に一目見て、明らかに改善しているとわかりました。

ご本人さんも改善を自覚されたようで嬉しそうでした。

よし!!このまま続ければうまくいくに違いないと思い、次は2週間後に来ていただくことにしました。

そして2週間後来られた際に一目見てあれっと思いました。

なんか皮膚の状態が逆戻りしてるように感じたのです。

ご本人さんはあまり気づいていないみたいです。

前回の写真画像と見比べてもらうと最初に来た時よりもいいけど、前回より良くない感じでした。

そこで前回出したお薬が合ってるかどうを皮膚病のツボでチェックしてみると・・・まだ合っている気がします。

そうすると、こういう場合は何か合わないようなことを患者さんはされていることが多いのです。

そこでこの2週間何か変わったことはしていないですか?何か始めたことはないですか?

とお伺いすると、芸能人が愛用していると言う化粧品を新たに使い始めたそうなのです。

ええ~?

そこで、この化粧品をチェックしてみると、やはりこの方には合っていない感じでした。

そこで漢方薬はそのままでこの化粧品を止めてもらうようにお願いしてまた2週間後に来てもらうことにしました。

そして2週間後、来られた際に、 一目見てまた皮膚の状態が良くなったのが明らかに分かりました。

やっぱり一時的に悪化した原因は新たに始めた化粧品だったのです。

そのため当面、新たな化粧品やサプリメントは取らないように重ねてお願いしておきました。

このように、良かれと思ってはじめたことが実は自分にとってマイナスに働くことがあるのでくれぐれお気を付けください。

Follow me!

お気軽にお電話ください