こんな時期でもカビの影響が出る|広島の漢方薬局ハーブス

カビの影響するアトピーイメージ

以前、妹さんのアトピー性皮膚炎の治療をしていた時に一緒に来られていた、お姉さんから皮膚の状態が悪くなったから見てほしいというTELがありました。

今回は妹さんのことではなく、お姉さんの方だそうです。

僕がその時見た限りではお姉さんの方には特別何も皮膚の症状はなかったように思いました。

でもここ最近は症状が出ているらしいのです。

改めてお母さんからも連絡があり、漢方相談の予約をちゃんと取られました。

この子はちょっと変わっていて、最初に妹と来たときには学校に行く前におなかが痛くなるというのです。

最初は単なるストレスによる過敏性大腸炎だと思ったのですが、ストレスのツボの反応がないのです。

おかしい・・・そこでもうちょっと別の問題を調べ始めたのです。

ストレスでなければ、あと原因として多いのは食べ物です。食べ物と言っても、たまに食べるものではなく、割とよく食べているものです。しかも多くの場合は健康に良いと思って食べているようなものが案外ダメだったりするのです。

そこで食べ物をいろいろチェックしました。

そこでいろいろ食べ物をチェックしたのですが、それも違っていました。

そこで家にあるものをいろいろチェックしてみると・・・パワーストーンが合わないようなのです。

この家にはものすごくたくさんのパワーストーンがあったのです。

その中でこの子の腹痛に関係していたのは・・・ローズクオーツでした。

それを自分の部屋から無くしてもらったら痛みが無くなったのです。ちょっと変わった経験でした。

そして予約された時間帯に親子で来られたのですが、お姉さんを一見したところ、特におかしいところは見当たりませんでした。

そこで「どこがおかしいの?」と直接聞いて見えない部分だそうです。

肘の内側とか首筋とかには良く見ると掻き壊した跡、がありました。

確かに皮膚の状態良くないです。

これがいつから悪くなったたのか聞くと・・・夏くらいからだそうでした。

夏くらいから悪化する症状に使うアトピー性皮膚炎の漢方薬はかなり限りがあります。

そういえば、うちに来る前に違う薬局で薬をもらっていたというので、どんな薬か聞いてみると、消風散という漢方薬だというのです。

「消風散かあ~・・・」確かに可能性は高いです。

そこで消風散があっているかどうかチェックすると・・・合っています。

その薬局でなんでそこで飲まなかったのか伺うと、妹さんもうちの薬局で良くなったからとのこと・・・ありがたいことです。

その期待に応えるように頑張らねば・・・とりあえず消風散のまま様子を見ることにました。

 

さらにアトピー性皮膚炎・湿疹に関連するブログに興味のある方は➡アトピー性皮膚炎関連ブログ

Follow me!

お気軽にお電話ください