ヘパーデン結節の事なら広島の漢方薬局ハーブス

ヘパーデン結節イメージ

このページは広島の漢方薬局ハーブスのヘパーデン結節に関する情報ページです。

ここではヘパーデン結節の概要、症状、原因、西洋医学的診断、病院での治療、漢方的な原因および治療、養生法などについて書いています。

ヘバーデン結節とは

ヘバーデン結節とは 手の指の第一関節であるDIP関節に生じる変形性の関節症です。

多くの場合、第一関節 が赤く腫れたり曲がったりします。

関節の動きが悪くなり、痛みを伴う事もあります。

この疾患を最初に報告したヘパーデンの名を取ってヘバーデン結節と呼ばれています。

 

ヘパーデン結節の症状

ヘバーデン結節の症状は主に人差し指から小指にかけての第一関節が赤く腫れたり、曲がって変形したりします。

人によっては母指にも変形や痛みが生じることもあります。

痛みを伴うこともありますが、痛みを伴わないこともあります。

進行がゆっくりと進む場合は痛みがでないこともあり、急激に進行する場合は痛みが出やすい傾向があります。

変形が進むと、第1関節の動きも悪くなります。

変形が進み、 痛みを伴う場合、強く握ることが難しくなります。

また、人によっては、第一関節周辺に水ぶくれのようなでっぱりができることがあります。

これをミューカシスト(粘膜嚢腫)と言います。

 

ヘパーデン結節の原因

原因は現在のところはっきりとは解明されていませんが、一般的に 40代以降の女性に多く発生します。

そのため女性ホルモンとの関連を指摘する声があります。

ただし、男性でもこの疾患になるケースがあります。

そのような場合は、機械的な刺激が病状を 進行させている可能性が考えられています。

また遺伝的(家系的)な問題があるのではないかとも言われています。

そのため、血縁関係者にヘバーデン結節の患者がおられる場合は、できるだけ指先に負担をかけないようにすることも大事です。

 

ヘバーデン結節の西洋医学的診断

第一関節に変形、炎症、痛み、突出等を伴うなどの自覚・他覚的な症状を伴う

なおかつレントゲン(x線)によって関節の隙間が狭くなり、関節が壊れている、骨棘などが生じている場合にはヘパーデン結節と診断されます。

ヘバーデン結節の病院での治療

治療は主に この第一関節を使わないようにすること。

テーピングによる固定と炎症や痛みを伴う場合は消炎鎮痛剤の概要や内服などが基本となります。

もし、急性期で炎症が強い場合には、ステロイド注射や内服などを行う場合もあります。

さらに、症状が進行し、痛みや変形によって生活に支障が出る場合には、関節に生じた骨棘の切除や、関節の固定、粘液嚢腫の切除などの手術療法を行うこともあります。

ヘパーデン結節の漢方薬によるアプローチ

ヘパーデン結節は、第一関節 が赤く腫れ、場合によっては痛みを伴い、最終的には変形して指の関節が動かしにくくなっていく病気です。

多くの場合は進行はゆるやかです。

このヘパーデン結節、漢方薬を用いても一度変形した関節を元に戻すことはできませんが、現在生じている関節の腫れや痛みを改善させることは可能です。

また、ある一定期間、漢方薬を服用することで今後、再発しないように体質改善させることも可能です。

 

ヘパーデン結節の漢方的な原因

ヘパーデン結節を漢方的に考えるとその原因は水毒と瘀血です。

水毒とは一般的には水分代謝の異常や水の偏在によって生じる病気の原因のことですが、このヘパーデン結節に関して言えば、天気の悪い日に悪化したり水仕事をしたりすると悪化したりするようなケースも広い意味で言えば水毒と考えられるのです。

また骨や関節の問題も漢方的には水毒の問題と考えます。

一方、瘀血とは、血流障害・血行不良のことを表す漢方用語です。

ヘバーデン結節とはこの水毒と瘀血どちらかが原因で起きている場合と、その二つが複合して起きている場合が多いのです。

ヘパーデン結節の治療に用いられる漢方薬

ヘパーデン結節の治療に用いられる漢方薬にも様々なものがあります。

炎症が強く腫れが強い場合には一過性で越婢加朮湯のようなものを用いる場合もありますが、通常は症状は緩やかに進んでゆくため、人參製剤や駆瘀血剤(瘀血を改善させる漢方薬)も作用の穏やかなものを用いるケースが多いです。

水毒を取り除く代表的な漢方薬

越婢加朮湯

防已黄耆湯

瘀血を取り除く代表的な漢方薬

桂枝茯苓丸

ヘパーデン結節の養生法

養生法はひとに若干異なる場合があります。

一つは指の関節の使い過ぎに注意することです。

この場合、難しいのは仕事上、指の関節を酷使しなければならないケースです。

それでも、できる範囲で指の使い過ぎにならないように注意することが重要です。

天気が悪いと悪化する場合➡水分の摂りすぎに注意する

寒い日に悪化する⇒南国のフルーツを食べ過ぎないように注意、冷たい物の過食に注意する

指が赤くはれている場合➡お酒や辛い物(刺激物)は控える

血行がよくなると症状が改善する場合➡お風呂(湯船)に入るようにする

このようなことがケースバイケースで重要になります。

 

以上が広島県広島市にある漢方薬局ハーブスのヘパーデン結節に関する情報でした。

 

 

Follow me!

お気軽にお電話ください