漢方薬のことなら島根県の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスイメージ

 

漢方薬の相談なら島根県の方も広島の漢方薬局ハーブス

漢方薬局ハーブスは広島県の広島市西区にある漢方薬局です。

島根県からは随分距離がありますけれども、島根県から来られる患者さんはおられます。

島根からわざわざ来られる患者さんで多いのは不妊治療(不妊症)の患者さんです。

不妊症と一口に言っても様々な原因があります。

漢方薬局ハーブスに来れる患者さんで多いのは、まだ病院には通っていないけれども妊娠を希望と志望してからタイミングは自分なりにとっているけれどもなかなか妊娠しない方

病院に通っているけれど、 特に不妊の原因はないと言われるが何年も妊娠されていない方

こういう方は漢方的に見ると、不妊の原因があることがあります。

特に基礎体温を測ってみると、漢方的な不妊の原因が一目瞭然になることがありますのでまだ測っておられない方は測ってみることをお勧めします。

それ以外の患者さんで多いのは、病院で 不妊治療を受けタイミング療法人工授精 体外受精とステップしたのにもかからずなかなか妊娠せず体の体質の問題があるのかと思い、漢方治療を始めた方

また、何回も体外受精を受けられて、治療を行っているのにも関わらず妊娠することができない方

こういう方は病院では最終的に卵の質が悪いのではないか?と言われて 困っているケースが多いのです。

この卵の質を改善させるような治療は病院では基本的に行われていません。

そのため漢方薬を併用しようという風に考える方は多いのです。

漢方薬局ハーブスイメージ

それ以外に他の漢方薬局と比べて漢方薬ハーブスに来れる患者さんが多いのは、高齢不妊治療です。

一般的に高齢不妊と言うと35歳以上の方を指しますけれども、漢方薬ハーブスに来れる患者さんで多いのは40歳以上の高齢不妊の患者さんです。

現在でも46歳で通われてる方が5名から10名の間おられます。

40歳以上の高齢不妊の患者さんの漢方治療というのは基本的にもともと体質的に持っている不妊の原因プラス、高齢になって現れる不妊症の問題が組み合わさって いますので、その二つの原因を治療していくことになります。

また、他の薬局と比べて患者さんが多いのは早発閉経の患者さんです。

漢方薬局ハーブスイメージ

早発閉経とは通常であれば45歳から55歳の間で閉経するはずが40歳未満で閉経してしまった状態です。

閉経しているので基本的に排卵はしないから妊娠するはずがないという風に思われるかもしれませんけれども、それでも体質に合う漢方薬による不妊治療と病院との治療がうまく噛み合うと 今まで何年も卵が育っていなかったに卵は育つようになったり、採卵ができたり、人によっては排卵したり、その何割かは妊娠に至り、さらに実際に出産まで至った方もおられます。

早発閉経の患者さんの治療というのは40歳以上の高齢不妊の治療の患者さんと同じような治療法になります。

ただし、すでに閉経状態であることから40歳以上の患者さんよりも現時点での体の状態は良くないわけです。

そのため40歳以上の高齢不妊の治療よりもさらに使う漢方薬の種類や量が多くなったり、改善するまでの時間が長くかかる傾向があります。

それと同時に、40歳以上の高齢不妊の患者さんや早発閉経の患者さんの場合は、病院選びもかなり重要になります。

そのため、これらのことも合わせて相談を行っていきます。

漢方薬局ハーブスイメージ

ただし島根県在住の患者さんの場合は高度な不妊治療を行っている医療機関が非常に限られていますので、実際問題として、病院を選ぶといいうことはなかなか難しい部分もあります。

これ以外に患者さんで多いのは、妊娠はするのだけれど出産までなかなか至らない不育症(習慣性流産)があります。

この病気も漢方薬の治療と同じくらい病院選びが重要になってきます。

それから一人目は比較的簡単に妊娠することはできたのに二人目になるとなかなか妊娠することができない二人目不妊の患者さん

子宮内膜症や子宮筋腫子宮内ポリープなどがあり、子宮内の環境が良くないために着床がなかなかうまくいかず妊娠できない不妊症の方もおられます。

また甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症などによって妊娠が妨げられているケースもあります。

また、うまく排卵ができず、通常の人の比べると年間の排卵の回数がトータル的に少なくて妊娠するチャンスが少なくなっている多嚢胞性卵巣症候群

など漢方薬局ハーブスには多く来られています。

また卵管が詰まるもしくは狭くなることによって受精が妨げられているような卵管閉塞(卵管狭窄)の患者さんがおられます。

これらの疾患は何も漢方薬ハーブスの得意分野の一つです。

このように一口に不妊症と言っても様々な原因によって不妊となっています。

これ以外に、漢方薬局ハーブスに多く来られている病気や症状としては、アトピー性皮膚炎・湿疹、ニキビ・吹き出物、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、蕁麻疹などの皮膚疾患

うつ病、過敏性腸症候群、円形脱毛症、自律神経失調症、不安神経症(パニック障害)、過敏性腸症候群、手汗などの精神・神経疾患もしくは心の病

変形性膝関節症(ひざ痛)、五十肩、腰痛・坐骨神経痛、慢性関節リウマチなどの整形外科的な問題痛み

めまい、耳鳴り、難聴 などの耳のトラブル

夜尿症(おねしょ)などの小児のトラブル

逆流性食道炎、潰瘍性大腸炎などの胃腸のトラブル

非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺mac症)、間質性肺炎、気管支喘息などの呼吸器のトラブル

B型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎などの肝炎肝硬変の問題

漢方薬局ハーブスイメージ

がんなどの難病

など様々な患者さんが漢方薬局ハーブスには来られています。

これ以外に何か疾患症状などで気になるものがありましたらメールもしくはtelなどでお問い合わせいただければと思います。

Follow me!

お気軽にお電話ください