三原市 漢方薬局|三原市の方も広島の漢方薬局ハーブス

広島の漢方薬局ハーブスへ

 

漢方薬の相談なら三原市の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスは広島の西区にある漢方薬局です。

三原市に在住の方から見ると、とても遠い場所にありますけれども、三原市から漢方薬ハーブスに来られる患者さんはおられます。

三原市の方でわざわざ漢方薬局に来られる症状としては、不妊治療が一番多いです。

それ以外にはアトピー・湿疹の方なども来られていました。

他の薬局と比べて不妊治療で特に多い原因としては高齢不妊治療早発閉経卵管閉塞不育症、習慣性流産、多嚢胞性卵巣二人目不妊などがあります。

特に高齢不妊の中でも40歳を超える様な高齢不妊の患者さんが多く来られています。

実際40歳以上で妊娠された患者さんは多数おられます。

ホームページの中に載せているケース別不妊治療体験談を読んでいただければわかると思いますけれども、妊娠された患者さんの体験談の数は広島県かにおいては最も多い 数を載せています。

実際に妊娠した数も広島県では最も多いのではないかと思います。

 

しかもそこに載せている妊産された方の体験談は実際に妊娠された患者さんのごくごく一部です。

漢方薬局ハーブスイメージ

また早発閉経の患者さんに関しては まだまだ十分とは言えませんが、何年も 卵が育ってない状態だった人が卵が育つ様になった患者さんや、一度も採卵したことがなかった患者さんが採卵できる様になったり、数名は妊娠まで至り、出産まで至ったケースもごくごく少数ですけれどもおられます。

早発閉経に関しても妊娠された患者さんの声をケース別 妊治療体験談の方に載せています。

また不育症(習慣性流産)は 漢方治療も大事なのですが、それと同じくらい西洋医学の病院選びも重要になります。

そこを誤ってしまうと 妊娠したとしても出産までいたならないケースが多々あるのです。

そこら辺も含めて漢方相談を行っています。

卵管閉塞は病院ではFTなど手術を行わないと難しい疾患ですけれども、漢方で治療することは可能なケースがあります。

ただし、卵管の癒着は漢方薬で治療することは難しいです。

卵管の癒着のない卵管閉塞の場合は漢方薬のみで治療が可能となることが多いのででぜひ相談していただければと思います。

多嚢胞性卵巣は直接不妊症になるわけではないですけれども、多嚢胞性卵巣によって排卵が上手くいかなくなると妊娠できるチャンスが増えることで不妊の原因になることがあります。

多のう胞性卵巣も漢方薬によって改善できるケースがあります。

簡保薬局ハーブスイメージ

またアトピー性皮膚炎・湿疹に関してですけれども、これらは 漢方薬と同様に 食事の取り方やスキンケアなども重要になってきます。

そのため、食事やスキンケアなどのアドバイスも合わせて行います。

ニキビ・吹き出物もアトピー性皮膚炎と同様にスキンケアと食事の取り方は大事になってきます。

掌蹠膿疱症はスキンケアよりも食事の関係の方が強いように思います。

尋常性乾癬に関してはスキンケアや食事よりも漢方薬の使用が女になるように思っています。

また最近増えているのが非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)の患者さんです この非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)ですけれども病院では難治とされてます。

そのため、病院でこの病気の診断が出たとしても経過観察と言って実際に治療をせずに様子を見るというケースが多いのです。

それはなぜかと言うと、この疾患を起こす菌に対して決定的に有効な抗生物質というのはなく、多剤併用することで効果をあげようとしているのです。

漢方薬局ハーブスイメージ

けれどもそれでも決定的な効果は出ず、なおかつこの疾患に用いる抗生物質にはかなり強い副作用が出ることが多いため、効果が低いのに副作用が激しく出るというケースが多く、病院のお医者さんも治療に消極的な場合が多いのです。

このような病院の治療と比べ、漢方薬局ハーブスの非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)に対する治療は、身体を元気にすることで自分の免疫力を上げ、この菌に対して自らのチカラでやっつけるようにするという考え方で治療を行っています。

そのため病院で危惧されるような大きな副作用もなく安心安全な治療と言えます。

また、相談で多いのは自律神経失調症不安神経症(パニック障害)不眠症過敏性腸症候群などの精神、神経、心の病です。

これらの病気は大きなストレスなどが引き金となって起きることが多いのです。

けれども 実際にはそれだけではなく、その方の持っている性格的な面が強調されて出ている側面もあります。

そのため、心の持ちようみたいなものも重要になってきます。

そのため、どのような事がその方にとってリラックスするのか?どうすればうまくストレスが発散できるのか?等それはその人の性格的な面によって様々です。

それらも含めて漢方相談を行っていきます。

意外に思うかもしれませんけれども円形脱毛症多汗症なども精神や自律神経と深くかかっています。

円形脱毛症は生理学的には最近ではアレルギーや自己免疫ではないかと考えられていますが 、実際に漢方的に精神や心の病としてとらえて治療することで良くなる方がほとんどです。

そのため円形脱毛症は精神的な要因が強いように思います。

漢方薬局ハーブスイメージ

またこれも意外に思うかもしれませんけれども、五十肩膝の痛(膝痛)腰痛慢性関節リウマチなどの整形外科的な痛みも漢方薬局ハーブスの得意分野の一つです。

もちろん漢方を飲んで翌日に良くなるということはないです。

けれども服用することで徐々に良くなっていきます。

特に老人性の 変形性膝関節症や熱感があり、何もしなくても寝ているだけで痛むような五十肩、骨粗鬆症を伴う慢性腰痛やすべり症を伴うような慢性腰痛などは整体や鍼灸の特例と比べても漢方の方が優れている場合が多いです。

慢性関節リウマチは自己免疫疾患の一つですけれども病院でこの治療する場合は免疫抑制剤を使うので免疫力の低下に伴う感染症などのリスクがあります。

けれども漢方薬は自分を元気にして免疫力を上げていくような治療ですのでこれも病院の治療などと比べると安心安全な治療法です。

これ以外にガンの方や肝炎などの難治性の患者さんも来られています。

癌の患者さんは、養生法と言って食事の取り方や何を食べるか?生活上注意すべき事、心の持ちようなど様々な問題に対してケアが必要となります。

そのため、それらを含めて相談するよう心がけています。

漢方薬局ハーブスイメージ

肝炎の患者さんは多くの方はウイルス性肝炎の場合が多いので、自分の免疫力上げて ウイルスを自らの力で減らしていくような漢方薬と 肝臓そのものを良くしていくような漢方薬を併用して使う場合が多いです。

実際には上記 舌以外にも様々な疾患症状の患者さんが来られています 三原市在住の方でここに書かれている以外に何か気になる疾患症状などがあればメールもしくはお電話でお問い合わせいただければと思います。

Follow me!

お気軽にお電話ください