3カ月で5kg太った患者さん、更年期障害の漢方薬1か月で体重が1kg減りました|広島の漢方薬局ハーブス

3か月で5kg体重増加イメージ

知り合いの方の紹介で患者さんが来られました。

この方、足のむくみがひどく、月に1回必ずリンパマッサージに行かれるそうなのです。

けれども、それでも全く追いつかないぐらい最近ひどいそうなのです。

また、足がとても冷えて不快なのでそうです。

それ以外にも色々な症状があったのですが、特に何とかしたいと思っているのは、この二つの症状だそうです。

そこでまず、この二つの症状を改善するような漢方薬を探してみることにしました。

そこで、更に漢方的な問診を追加してお伺いしました。

そうすると、去年強いめまいがあったそうです。

また、全身に汗をかきやすいそうです。

そして冷える部位をお伺いすると、足先だけではなく、膝から下全体が冷えるそうです。

また、以前にのぼせはあったけれども、最近はのぼせなくなっているそうです。

それ以外にも色々質問したのですけれども、気になるポイントは今あげたくらいのものでした。

そして、舌の状態を見ると、あまり特徴のない舌でした。

しいて言うなら、瘀血(血流の悪い状態)が普通の方よりも少ない感じを受けました。

食事制限イメージ

さらに、むくみの反応のツボと冷え性をチェックしてみて、最終的にこの患者さんに合いそうな漢方薬を一つ見つけました。

通常、この漢方薬は、冷え症に使うことはありますがむくみに使うことはないものです。

そのため、むくみに関しては少し自信がなかったのですけれども、冷え症は多少改善するだろうと思って漢方薬を2週間分出してみました。

そして2週間後来られた際に様子を伺いすると・・・冷え性に関しては、前より少しいい気がするとのことでした。

そして意外にもむくみも少し改善しているとのことでした。

全体的に薬が合ってそうだったので、変更せずにこのままこの漢方薬をお出しして、 2週間おきに来ていただくことにしました。

そして、漢方薬を服用し始めて約4ヶ月で冷え性やむくみなどは特に気にならないレベルになりました。

さらに、漢方薬服を始めて約半年経った頃に患者さんから別の相談がありました。

「最近すごく太りやすくなっている」のだそうです。

スポーツジムとかに行って体重落とすように努力をしているのだそうですけれども、3ヶ月で5キロ太ったそうです。

すごく過食しているのではないか?と思って質問してみたのですが、食事の量は変わっていないそうです。
そして運動量は増やしているのにどんどん太っていくそうなのです。

そこで、肥満の反応の出るツボをチェックしてみると、確かにお腹周りに脂肪の反応が出ています。漢方治療イメージ

その原因をチェックしてみると、食事や運動不足ではなく、女性ホルモンのバランスが関係しているように感じました。

そのため、更年期障害に用いる漢方薬から、この体重増加を改善するような漢方薬を探してみることにしました。

そこで再度、肥満のツボの反応チェックして、この方に合う漢方薬を探してみると・・・やはり更年期障害に用いるような漢方薬が合っているように思いました。

 

そこでその漢方薬を2週間分お出しして、様子を見ていただく事にしました。

それから出した2週間ははっきりとわからないような状態でしたけれども、さらに2週間同じ漢方薬を服用していただいたところ、食事量も運動量も同じで体重が1キロ減ったそうです。

今までのペースで言えば1ヶ月で1.5kg前後増えて行ったので本来なら6.5kgになっているはずなのですけれども、4kg増加というレベルに踏みとどまっているのだそうです。

あまり、肥満に関して、治療したこともなく、それほどこの治療に興味もなかったのですが、閉経した女性で急激に体重が増えた場合には、女性ホルモンが関係している事があるということだと思います。

今回のことはちょっと勉強になりました。

Follow me!

お気軽にお電話ください