糸練功について

糸練功イメージ

 

糸練功とは

糸練功とは医療気功の一種です。

糸練功は「入江式FT(フィンガーテスト)」と「中国上海気功」とを合わせ改良開発された医療気功です.

※入江式FTはOーリングテストをベースに改良されたものです。

糸練功はもともと経絡の気の流れをチェックするためのもので、糸練功は東洋医学的なチェック方法の一つと考えてもらうと良いかもしれません。

 

糸練功のやり方

基本的には直接触れずに少しだけ離れたところからみるのが基本です.

患者さんはイスに座った状態で(たまに立ってもらうこともありますが)専用の手を置く台に、両手を出しておいてもらうだけです。

なぜ糸練功を行うのか?

患者さんから得られる情報量を増やし、少しでも治療の確率を上げたいという想いで行っています。

この技術は有効ですが、万能ではないのでこれだけに固執しているわけではありません。

ただ問診や舌診、検査データ、などでは情報として不十分な場合が多いのです.

糸練功イメージ

 

糸練功でチェックするポイント

病気の種類などによって異なりますが、基本的にはをツボでチェックします。

 

糸練功の適応の範囲

糸練功を用いる対象

その人の気のバランス、東洋医学的でいう臓腑・経絡の問題箇所、病邪の勢い、適切な漢方薬の選択とその量などです。

ただし私自身も100%だとは思っておりません。

そのため西洋医学・東洋医学・生理学・薬理学など様々な知識を総合して結論を出すよう心がけています.

※糸練功で薬をどうやって選ぶか?

問診などをもとにして候補としてリストアップした漢方薬を患者さんの手のひらにのせ、どれが一番その人に合っているかを比較する。(神がかり的にわかる訳ではありません。東洋医学理論に基づいて頭で絞り込んでリストアップした処方の中でどれが一番良いかをチェックする手法なのです)

糸練功を用いる対象外のもの

病名診断、栄養障害の有無、組織変性の進行状況、、血液検査などの各種の検査項目その他たくさんあると思います。

決して万能ではありません。必ずその他の検査と合わせて総合的に判断する必要があります。

※糸練功は気功治療ではありません。

Follow me!

お気軽にお電話ください