蕁麻疹 広島|蕁麻疹のことなら広島の漢方薬局ハーブス

蕁麻疹(ジンマシン)とは

蕁麻(イラクサ)の葉に触れると痒みを伴う発疹が出現するためこの名前がついたといわれています。

アレルギー反応によって生じるものでありⅠ型のアレルギー(即時型アレルギー)が原因であると考えられています。

その発生機序としては、さまざまな原因で、皮膚の血管や血管の周りに存在する免疫細胞の一種である肥満細胞がヒスタミンを分泌します。

それによって、分泌されたヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、血管の透過性が増し、血管外への血漿成分の漏出を起こります。

そして、皮膚の真皮内に流出した血漿蛋白が真皮の組織間隙圧によって抑制され、限局した浮腫になります。

それが膨疹という表現形になるのです。

そしてさらに、ヒスタミンは皮膚の神経を直接的に刺激し掻痒を誘発させるのです。

それがジンマシンなのです。

蕁麻疹(ジンマシン)の原因と分類

食物性のジンマシン

サバなどヒスタミンを多く含む食品を摂取することで生じることが多いですが、食べ過ぎ・飲みすぎ・風邪による感染性胃腸炎などがあるとさらに起こりやすくなると考えられています。

薬剤性蕁麻疹

抗生剤・NSAIDが多い摂取後30分以内に出現することが多いです。

コリン性蕁麻疹

非アレルギー性蕁麻疹とも言われてます。

なんらかの刺激でヒスタミンが肥満細胞から分泌されたり、神経末端よりアセチルコリンなどの物質が分泌され、それより血管透過性が亢進して症状が出ことがあります。

物理性蕁麻疹

機械刺激・温度・圧迫・汗・運動などが引き金となり、生じる。寒冷蕁麻疹もこの一種と考えられている。

日光蕁麻疹

光刺激が原因で生じる蕁麻疹

心因性蕁麻疹

精神的ストレスが原因で生じる蕁麻疹

ジンマシンに良くつかわれる漢方薬

ジンマシンは一般的に急性~亜急性の病気が多いため、ジンマシンに使う漢方薬も急性~亜急性の体に表面に作用するような漢方薬が使われるのです。

葛根湯・桂麻各半湯・・・急性のジンマシン
香蘇散・・・魚介類が原因のジンマシンの時に多い
小柴胡湯・柴胡桂枝湯・十味敗毒散・・・やや慢性化した蕁麻疹に多い

ジンマシンの養生法

ジンマシンの養生法はジンマシンの原因によって異なります。

食べ物由来のジンマシンは基本的にその食べ物を除去することになります。(体質改善のレベルまでいったらまた食べることができます)

気温などが原因の場合はなるべく肌を保護し、温度差を感じないようにします。

※ジンマシンの養生法はジンマシンの生じる原因がはっきりしている時に限ります

ジンマシンの症例

症例1

来局時 1か月半後
蕁麻疹腕来局時 蕁麻疹腕1か月半後

 

症例2

来局時 4か月後
蕁麻疹目来局時 蕁麻疹目4か月後

Follow me!

お気軽にお電話ください