体外受精で妊娠出来なかったのに漢方薬を飲んだらタイミング療法で妊娠しました|広島の漢方薬局ハーブス

不妊治療で妊娠したイメージ

漢方薬の不妊治療で妊娠された患者さんのお喜びの体験談(30代女性)

夫も私も初期検査では特に異常が無く、不妊治療を始めてから約一年半経過した時に体外受精、その前後にも数回人工授精をしましたが妊娠に至りませんでした。

体外受精ではいくつか採卵できたましたが、育ってくれたのはひとつの卵でした。胚移植できましたが着床せず、先生にも原因はわからないと言われました。その時の血液検査でプロラクチンの値が高かったため薬を処方してもらいました。(当帰芍薬散、ビタミンDのサプリメントは以前から処方してもらっていました)

自分では子宮の状態や卵の質が良くないのかと思いました。冷え性、30代後半、疲れやすいこともあったので、自分の体を整えないといけない気がしました。

寝るときはレッグウォーマーを履き、仕事中は温かいルイボスティーを飲んだり、ストレッチメインのヨガ教室に通ったり、足つぼマッサージを受け血流を良くするツボを教えて頂いたり、食べるものを気をつけ、歩くようにしたり、、とできることはしようと思って過ごしていました。

そんな中不妊治療の経験がある友人からハーブスさんを教えてもらいました。初回の診察で今までの治療の経緯や私の体質を詳しく聞いて頂き、不妊治療のクリニックで処方されていた当帰芍薬散をやめて違う漢方を処方して頂きました。

約2ヶ月が経ち、基礎体温も落ち着いたように感じていました。

体力受精後もクリニックには通っており、幸運にもタイミング法で妊娠することができました。

夫と転院を考えていたところだったので、最初は本当に信じられませんでしたが、無事に安定期に入りました。

漢方を処方して頂き、先生にとても感謝しています。体外受精後に落ち込んでいた時の初診でしたので、色んな話を親身に聞いて頂いたことにもとても救われました。

本当にありがとうございました。

不妊治療を受けられた患者さんへ漢方薬局ハーブスからのコメント

この方は大阪に住んでおられる患者さんで 広島にわざわざ漢方を相談に来られました。

体外受精でもうまくいかなかったそうですが、漢方的ににみると大きな原因は一つで、体のエネルギー不足(気虚)が原因のように感じました。

そのため元気になる漢方薬一種類だけを飲んでいただきました。

漢方服用 ヶ月でそろそろ漢方薬を変更しないといけないかな?
と思っていた時期の妊娠されたということでホッとしました。

このまま母子共に無事出産されることを祈っています。

漢方治療イメージ

不妊治療に用いた漢方薬とその費用と服用期間

不妊治療に用いた漢方薬

高麗人参製剤

1か月分の費用の目安

約18000円/月

漢方薬の服用期間

約3か月

 

広島県広島市にある漢方薬局ハーブスは大阪からも漢方相談に来られる不妊治療に強い薬局です。

Follow me!

お気軽にお電話ください