頬から顎にかけてのアトピー性皮膚炎の改善した画像症例|広島の漢方薬局ハーブス

頬から顎にかけてのアトピー性皮膚炎の改善した画像症例

来局時 2か月半後
 頬から顎にかけてのアトピー来局時  頬から顎にかけてのアトピー2か月半後

来局時のアトピー性皮膚炎(湿疹)の状態

なぜか右の耳下の顎のライン辺りが赤みを帯び、カサカサする。

どうも夜に無意識に掻いているらしい。そこ以外にも目やおでこの付近も当初は赤かった。

来局時のアトピー性皮膚炎(湿疹)に用いた漢方薬や養生

右の顏に集中的にかゆみが出る。日中はそれほど痒くない。

それ以外の場所にも若干出ている。

油ものを控えるようにお願いして緑のものを積極的に摂るよう勧めた。

漢方薬

黄連解毒湯、宇金製剤

漢方薬によるアトピー性皮膚炎治療の経過

食事にも気をつけてもらい、薬を何度か変更し症状が消失したところで薬を止めてみた。

漢方薬

人参製剤牡蠣殻カルシウム製剤

広島市の漢方薬局ハーブスはアトピー性皮膚炎や湿疹に強い薬局です

 

さらにアトピー性皮膚炎(湿疹)の症例や治療法に興味がある方は➡アトピー性皮膚炎(湿疹)

 

 

まずはご相談ください。

 

Follow me!

お気軽にお電話ください