妊娠した時に使っていた漢方薬は産後の肥立ちにもよいことが多い|広島の漢方薬局ハーブス

漢方治療イメージ

以前私の薬局で不妊治療されて妊娠された方が再び相談に来られました。

二人目不妊の相談ではなく、妊娠、出産されてから特に皮膚の状態が思わしくなく、相談に来られたのです。

この患者さんは皮膚病の漢方薬を出してもらいたいということだったのだと思うのですが、症状などの話を聞いて、

妊娠される前に出していた漢方薬(妊娠するための体質改善のお薬)で改善しそうな気がしたのです。

その話をこの患者さんにして納得していただいて皮膚病のお薬ではなく、妊娠される前に出していた体質改善のお薬を出してみることにしました。

そして、約2週間後に来られた際に様子をお伺いすると・・・

皮膚の症状は良くなっているそうです。

そういう事なんです。

本当にその方に合っている根本的な体質に効く漢方薬は産後の肥立ち(産後初期の調子の悪い時期)のお薬としても使えることが多いのです。

 

Follow me!

お気軽にお電話ください