皮膚も見ただけでは判断できないことがある

アトピー性皮膚炎の難しいところは一見しただけではその病気の深さを判断しにくいというところがあります。

一見軽そうに見えても、治療してみると以外に難しいとか、ひどい症状でも治療してみたらすぐに治ったとか、そういう例はたくさんあります。そういう意味でもアトピー性皮膚炎は奇妙な病気です。ただし見た目も重要で、見た目によってある程度合う漢方薬を絞り込むことはできるのです。ただしそれが見た目だけの原因であれば非常に簡単だったりするのですが、多くの場合、見た目の更に奥にもっと深い原因が隠れていたりするのです。それは時として、玉ねぎの皮をむくような治療になることもあるのです。

ただいえることは、今までのアトピーだった期間と治る期間とは相関する場合が多いということです。長い間アトピーだった人は治るのにも同様に治る時間がかかるのが一般的です。小さい頃にアトピーがあって一時期治まっていて、また再発した場合、これに関しては早く治る場合と、ものすごく時間がかかる場合があります。

そのなかにはなかなか合う薬が見つからない場合や、本当にこじれてしまって治りにくい場合、アトピーを起こしている原因と考えられるものを取り除くことができない場合(職場のストレスが原因で職場を変われない場合)などなどがあります。どとちらにしろ漢方薬を一度は飲んでみない事には何とも言えないというところが本音です。

Follow me!

お気軽にお電話ください