廿日市市 漢方薬局|廿日市市の方もご相談は漢方薬局ハーブス

広島の漢方薬局ハーブスイメージ

廿日市市の方も漢方相談は広島市にある漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスは広島市西区にある漢方薬局です。

廿日市市からもそれほど遠くない距離にありますし、実際に廿日市市在住の患者さんはたくさん来られています。

廿日市市から来られる患者さんは通常ハーブスに来られる患者さんとそれほど差はありません。通常漢方薬局にハーブス に来られる患者さんとほぼ一緒です。

漢方薬ハーブスには様々な患者さんが来られていますけれども、福山市や山口県、島根県のように、もう少し遠方からわざわざ来られる患者さんの症状で最も多いのは不妊治療です。

それ以外にはアトピー性皮膚炎非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)がん治療めまい自律神経失調症、不安神経症、パニック障害、などあります。

不妊症と一口にいますけれどもその不妊症を起こす原因もまた様々あります。

漢方薬局ハーブスには不妊症全般の患者さんが多いですけれどもその中でも特に他の漢方薬局と比べて多いと思われるのは40歳以上の高齢不妊治療の患者さんです。

それ以外には早発閉経の患者さん、卵管閉塞の患者さん、二人目不妊不育症(習慣性流)多嚢胞性卵巣症候群黄体機能不全などです。

中でも 40歳以上の高齢不妊治療の患者さんは かなりの数が妊娠されています。

ケース別不妊治療体験談を見てもらえばわかると思いますけれども、おそらく広島県内で最も妊娠した症例をのせていると思いますし、実際に妊娠された感じさんの数も多いと思います。

早発閉経の患者さんに関して言えば、まだまだ 妊娠出産まで至った数は少ないですけれども、今まで何年も卵が育つことがなかった患者さんに卵巣に卵が見える様になったり採卵できたりするようなケースも出てきています。

またごく少数ですけれども妊娠されたり出産まで至った患者さんもおられます。

卵管閉塞は病院での治療となると基本的に手術が中心となりかなり大掛かりな治療になりますそして治療を行ったとしても再癒着したりしてなかなか難しいケースがあります。

また漢方薬 手の治療の場合はそういった大掛かりの問題でなく治療することができます。

ただし、癒着がある場合はなかなか難しい帰着がない場合は漢方薬に治療は 有効なのではないかと思っています。

特に漢方薬局ハーブスは卵管閉塞の腫瘍に対しては 得意分野としています。

漢方薬局ハーブスイメージ

また多嚢胞性卵巣症候群はダイレクトな不妊症ではないですけれども、排卵障害を引き起こすことによって生理不順となり不妊の原因となることがあります。

漢方薬局ハーブスはこのた嚢胞性卵巣症候群も得意としています。

それ以外に不育症(習慣性流産)などは漢方だけで治療が可能の場合と病院との治療を併用する必要がある場合があります。

特に抗リン質抗体 などを持っているタイプの不育症(習慣性流産)の患者さんの場合は病院との併用が必須であり、その病院選びを誤ってしまうと妊娠はできても出産まで至らないと言うケースが多々見受けられます。

そのため病院選びも含めた漢方相談を行なっています。

それ以外に病院では特に問題が見られないのになかなか妊娠されないケースと言うのもありますけれども、生理学的に問題がない場合でも漢方的な視点で見ると問題がある場合が多々あります。

非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)の患者さんは、西洋医学ではとても治療が難しく、検査上問題が見つかったとしても経過観察といって特に治療を施さず様子を見ると言うケースがたくさんあります。

と言うのも抗生物質などを使っても十分に治療効果が 見受けられないケースがあるのです。

見つけられないケースが かなりあるのです なおかつ非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)の患者さんの病院での治療と言うのは抗生物質を多剤併用するという形になるのです。

けれどもその抗生物質の副作用がかなりひどい場合が多く、治療することによってその副作用で調子を崩す方がかなりおられるのです。

そのため、治療の効果に比べあまりにも副作用が多いということで、お医者さんも強く進めないと言う様な状況があるのです。

それに比べ漢方薬による非結核性抗酸菌症(非定型性抗酸菌症・肺MAC症)の治療は患者さん自身の免疫力を上げ、ご自身で このこれらの菌をやっつけてもらう様な治療がベースになります。

漢方薬局ハーブスイメージ

そのため漢方薬による治療は安心安全なものということができます。

またアトピー性皮膚炎湿疹などは漢方治療も重要なのですけれども、それと同様に食事の問題やスキンケアの問題も重要です。

それらを含めた総合的な漢方相談が大事になります。

ニキビや吹き出物の治療も同様で、食事の問題やスキンケアの問題は欠かせません。

漢方薬の治療と並行して常に漢方相談の際にチェックしていきます。

パニック障害や自律神経失調症などは、漢方の得意分野の一つです。

ただし、病院での抗不安薬や安定剤などと違って飲んですぐに効くと言うことではありません。

飲み続けることによって徐々に体調が良くなっていきます。

漢方薬局ハーブスイメージ

漢方の場合は、病院の抗不安薬や安定剤などと違い 服用することで意識が朦朧としたり眠くなったりすることはありません。

また長期服用することによって依存症の様なものを引き起こすこともありません。安心安全です。

また夜尿症(おねしょ)の治療も漢方薬局ハーブスは得意としていますし。

また逆流性食道炎過敏性腸症候群潰瘍性大腸炎などの胃腸のトラブルなどに関しても体調が改善された方も多数おられます。

ここに書いている以外の病気や症状がある場合でも、過去に治療して良くなった症例も多々あります。

もし、気になることがありましたら、お電話、もしくはメールでお気軽にお問い合わせください。

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

 

Follow me!

お気軽にお電話ください