漢方薬のことなら愛媛県の方も広島の漢方薬局ハーブスへ

漢方薬局ハーブスイメージ

漢方相談の事なら愛媛県の方も広島の漢方薬局ハーブス

漢方薬局ハーブスは広島県広島市西区にある漢方薬局です。

愛媛県から漢方ハーブスはかなりの距離がありますけれども、愛媛県から漢方薬局にハーブスに来られている患者さんはおられます。

愛媛県から漢方薬局ハーブスにわざわざ来られる症状として多いのは 不妊治療と癌の治療です。

他には原因のよくわからない病気や精神神経などの心の病の方も過去に来られたことがあります。

アトピー性皮膚炎・湿疹の方の相談も受けたこともありますけれども、アトピーなどの皮膚疾患の場合は、患部を直接見る必要があるため、短い頻度で来局するがあります。

そのためアトピーや湿疹、ニキビ・吹き出物、掌蹠膿疱症、乾癬などの皮膚疾患はよほどの頻度で通われない限り、治療は難しいと思います。

愛媛県から来られる患者さんで最も多いのは不妊治療の患者さんです。

愛媛県から来られている不妊症の患者さんの中で間違いなく半数以上は妊娠されています。

不妊治療には不妊症の患者さんが来られるわけですけれども、不妊症と一口に言っても実際には様々な原因があります。

漢方薬局ハーブスに来られる患者さんで他の漢方薬局と比べて圧倒的に多いのが高齢不妊治療の患者さんです。

一般的な高齢不妊というのは35歳以上の患者さんを言いますけれども、漢方薬局ハーブスに来られる患者さんは40歳以上超えられた方が多いのです。

実際に40歳以上の患者さんも45歳妊娠46歳出産の患者さんを筆頭に多くの方が妊娠・出産まで至っています。

詳しくはケース別不妊治療体験談を読んでいただければと思います。

不妊症イメージ

この40歳以上の高齢不妊の患者さんは一般的な不妊治療とどこが違うのでしょう?

それは一般的な不妊治療の患者さんはもともと持っている不妊体質の治療だけでいいのですけれども、高齢不妊の患者さんは加齢に伴う問題が出てきます。

そのため、もともと持っている体質の問題+年齢によって新しくできた不妊の原因を同時に治療していく必要があるのです。

そのため通常よりも用いる薬の量が多かったり、薬の量が増えたりする傾向があります。

例えば、加齢によって更年期障害の様な症状が出てきた時に、その治療に用いる漢方薬が実は不妊治療に用いる漢方薬と同じだったりすることがあるのです。

そのため、四十歳を超える不妊治療の患者さんは閉経との戦いであったり、更年期障害との戦いであったりするのです。

それ以外に他の漢方薬局と比べて多い患者さんは早発閉経の患者さんです。

一般的に閉経というのは45歳から55歳の間に来る方が多いのですけれども、早発閉経の患者さんは40歳未満で閉経を迎えられる方をさします。

つまり若くして卵巣が著しく老化してしまった状態なわけです。

そのため、漢方的な治療としては40歳以上の高齢不妊の治療の方に行う治療とほぼ同じ治療になります。

けれども、高齢不妊治療の患者さんは通常はまだ排卵は来てる状態ですので 排卵していない早発閉経の方はそのぶんだけ卵巣機能がより弱っているわけです。

そのため、高齢不妊の治療の形よりもさらに薬の量が必要だったり薬の種類が必要であったり治療期間が長引く可能性があります。

一般的には閉経してるわけですから妊娠はできないと考えられますけれども、その人にとって最適な漢方薬を組み立て、なおかつ高齢不妊治療や早発閉経の治療を得意としている病院に通っていただくことで何年も卵が育ったことがなかった患者さんの卵巣に卵は育つようになったり、採卵ができたり、その採卵した卵を育てて妊娠まで至ったり、その中のごく少数ですけれども出産まで至った患者さんもおられます。

そのため40歳以上の高齢不妊治療の患者さんや早発閉経の患者さんは病院選びも漢方薬と同じくらい重要になります。

まだ最適な病院が見つかっていない患者さんには病院選びも含めて漢方相談を行なっています。

それ以外に、不妊治療の患者さんで多いのは、妊娠は何度もするのだけれども出産までには至らない不育症(習慣性流産)の患者さん。

こういった患者さんは病院では特別問題がないというふうに言われるタイプの方と病院の西洋医学的にも不育症(習慣性流産)のあるタイプに分かれます。

そのためまずは病院できちんと検査を行うことが重要です。

もし、病院の検査で何ら問題が出ない場合は、漢方治療だけに専念すれば良いわけです。

もし西洋医学的な病院の検査で問題が出るようであれば、それは妊娠確定後に不育症の治療を病院で開始しなければなりません。

そのため、不育症の検査をあらかじめ受けておくことはとても大事なことです。

そして、この不育症(習慣性流産)の専門医というのはあまりおられません。

少なくとも広島県下には専門の先生はおられません。

漢方薬局ハーブスイメージ

そのためどこの病院で治療を受けるかというのは非常に大事になってきます。

その方の現在の状況に応じて病院選びに関する相談も行っています。

また一人目は比較的簡単にできたのに、二人目になるとなかなかできない二人目不妊の患者さん。

排卵がうまくできずタイミングをうまくとることができないためになかなか妊娠出来ない多嚢胞性卵巣症候群の患者さん。

卵管が詰まっているもしくは狭くなっていることで受精障害が生じてなかなか妊娠することができない卵管閉塞・卵管狭窄の患者さん。

子供が産まれてるわけではないのに乳汁の分泌するホルモンがたくさん出て妊娠を妨げている高プロラクチン血症の患者さん。

甲状腺の機能が亢進or低下することによって妊娠が障害されている甲状腺機能亢進症(バセドウ病)・甲状腺低下症(橋本病)の患者さん。

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内ポリープなどの患者さんは子宮の環境が悪くなることによって着床が妨げられていて妊娠がしにくくなると考えられています。

それ以外に最近増えているのは、ご主人が原因による男性不妊です。

男性不妊の患者さんは薬選びも重要なのですけれども、それと同じくらい生活習慣が影響している場合があります。

そのため、生活習慣の改善をしていくことが重要になる場合があります。

漢方薬局ハーブスではそれらのことも含めて漢方相談を行っています。

このように漢方薬局ハーブスでは様々な原因の患者さんが不妊治療に来られています。

そして少なくとも広島県下では最も不妊症の患者さんが妊娠されていると思いますし、体験談は広島県かでは一番多いと思います。

詳しくはケース別不妊治療体験談を読んでいただければと思います。

それ以外に漢方薬局ハーブスでは 先ほども書きましたけれども、がん治療の方 精神神経心の病の患者さんのもこられています。

ガンの患者さんは漢方治療ももちろん重要ですけれども食事や生活などを含めた養生もとても重要になります。

そのためそれらも含めて相談を行っています。

漢方薬局ハーブスイメージ

パニック障害や不安神経症、自律神経失調症、過敏性腸症候群、円形脱毛症、不眠症 など精神神経心の病に関する症状の患者さんはかなり来られています。

一般的にこれらの原因はストレスというふうに考えられていますが、ストレスと同じくらい関係しているのがその人のもともと持っている性格的な問題です。

性格そのものを治すことはできないですけれども、そのもともと持っている性格的な気質によって用いる漢方薬は異なります。

また、心の持ち様みたいなものは自身で気を付けることはできますし、その方の性格ごとにリフレッシュの仕方やストレスがかかった時の対処療法はそれぞれ異なります。

最終的には漢方薬を飲まなくてもよい状態を維持していかなければいけないわけですから、ご自身でいかにストレスを発散するか?受けにくくするか?というのも重要になってきます。

そのため、それらの事も合わせて漢方相談を行っていきます。

あといろんな地区から患者さんが増えているのは非定型性抗酸菌症(非結核性抗酸菌症肺・MAC症)です。

この疾患症状は病院では難病とされておりなかなか治療の決め手がありません。

そのため病院でこの病名の診断がついたとしても経過観察と言って 治療せずに様子を見るということがよくあります。

というのも先ほども書きましたけれども、この非結核性抗酸菌症(非結核性抗酸菌症肺・MAC症)に 有効な抗生物質が ないのです。

そのため多剤併用といって何種類かの抗生物質を併用する形で治療を行っていくのですけれども、それでも十分な効果が得られないというのが実情です。

なおかつこの非結核性抗酸菌症(非結核性抗酸菌症肺・MAC症)に用いる抗生物質というのは通常よりもかなり強い副作用が出るケースが多く、治療効果が薄い割に副作用は強いということがしばしば見受けられるのです。

そのため病院の医師の方でも治療を躊躇するということが多々あるのです。

これに比べ漢方薬局ハーブスの行う非結核性抗酸菌症の治療というのは、自己免疫力を高めて、非結核性抗酸菌症(非結核性抗酸菌症肺・MAC症)などの菌に対する抵抗性を強めて病気を治していくという治療法ですので病院で行われている治療とは違い、安心安全なものです。

これ以外にも様々な疾患症状で患者さんが来られています。

けれども、もしホームページの中でお探しの疾患症状などが見当たらない場合、漢方薬局ハーブスでは 過去に治療したり、治癒に至った症例なども多々あります。

ただし全てをまだ掲載できずにいますので、メールもしくはお電話などでお問い合わせいただければと思います。

愛媛県からは遠い広島の漢方薬局ハーブスですけれども、何かお困りのことがあればお気軽にご相談下さい。

Follow me!

お気軽にお電話ください