不育症の患者さん妊娠したけどここからが勝負です|広島の漢方薬局ハーブス

妊娠イメージ

 

ここ半年ほどウチの薬局で不妊治療をされている患者さんが相談に来られました。

いつも通り、現在の状態をお伺いしたところ、なんと陽性反応が出たとのこと。

やったね!!ですが・・・この方の場合は素直に喜んでばかりはいられません。

と言うのも、この方は不育症で相談に来られているのです。

過去にこの方は10回ぐらい妊娠されているらしいのですが、なかなか継続が難しいのです。

不育症の専門の病院にもかかっているのですが、そこでの治療を受けても妊娠が継続できていないのです。

それでうちの漢方薬局を訪ねて来られたのです。

なので妊娠するのは本人曰く、さほど難しくはないと言われるのですが、妊娠を継続することが難しいと言われるのです。

そこでうちの薬局では不育症の原因は免疫異常にあると考えて治療してきました。

まだ完全に良くなったとは思えないのですが、とりあえず確率はゼロではないだろうというレベルまで来たので一応妊娠してもいいよとオッケーを出したのです。

とはいえそんな簡単に妊娠するものではないし、と思っていました。

そうしたら本当にすぐに妊娠したので逆に驚いています。

ともかく妊娠されたので今度は流産止めの薬を出すことにしました。

通常使う流産止めと不育症の人に使う流産止めは若干違う事が多いです。

この方はやはり不育症の人が使う流産止めの漢方薬があっているような気がしました。

それでとりあえず1週間分ほど出して様子を見てもらうことにしました。

そして約1週間経過した今日、連絡があり、とりあえず順調であるとのこと。

でも今までの経過をみると大体あと2~3週間後に流産するケースが多いのでまだまだ安心はできません。

薬はチェックしてみるとまだ前回出した不育症の方に用いる硫安止めと同じ薬で大丈夫そうなので、このまま継続してもらうことにしました。

うまくいくと良いんだけどな・・・

これからが勝負です。僕も緊張します・・・

さらに不育症関連ブログを読みたい方は➡不妊治療カテゴリー別ブログ

不育症(習慣性流産)の治療に興味のある方は➡不育症

Follow me!

お気軽にお電話ください