接触性皮膚炎|広島の漢方薬局ハーブス

接触性皮膚炎の漢方治療イメージ

このページは広島県広島市西区にある漢方薬局ハーブスの接触性皮膚炎に関する情報ページです。

ここでは接触性皮膚炎の概要、分類、原因、症状、用いられる代表的な漢方薬などについて書いています。

接触性皮膚炎とは

急性の皮膚疾患で一般的にはかぶれといわれているものです。
なんらかの外的刺激によって皮膚が反応し、紅斑(こうはん)や丘疹(きゅうしん)や水疱(すいほう)を生じさせる湿疹の一つです。

接触性皮膚炎の分類

接触性皮膚炎は大きく2つに分類することができます。一つは一次刺激性接触皮膚炎ともう一つはアレルギー性接触皮膚炎です。

一次刺激性接触皮膚炎

原因物質の毒性によって生じるため誰にでも起こるものです。アレルギーの有無に関係なくその原因物質の毒性の強さによって発症する症状の度合いが異なります。

アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎は原因物質となるアレルゲンに繰り返し触れることでアレルギー反応を引き起こし、湿疹を生じさせます。一見アトピー性皮膚炎と似ていますが、アトピー性皮膚炎と比べると、原因が単一であることが多く、そのアレルゲンを除去することで症状は改善します。

接触性皮膚炎の原因

一次刺激性接触皮膚炎

植物や虫の毒、石鹸、洗剤などの強い刺激によって生じます。

それ以外には赤ちゃんのおむつかぶれは赤ちゃんの出すおしっこの中のアンモニアによって生じるといわれています。

アレルギー性接触皮膚炎

化粧品や外用剤の中に含まれる成分などによっても生じる場合があります。

それ以外にはうるしやマンゴー、銀杏の実、金属(銅、銀、クロムなどアクセサリーに使用されている金属)、歯科領域でつかわれている金属でもアレルギーを生じる場合があります。

また化繊が使われている衣類などでも生じる場合があります。

接触性皮膚炎の症状

原因物質(アレルゲン)に触れてから数時間以内に発症することが多い。

原因物質と接触した部分で掻痒を伴う発疹が生じる。発疹の状態としては紅斑、水疱、丘疹などを生じる場合が多い。

歯科領域での金属による接触性皮膚炎が慢性化すると口内炎となることが多い。

接触性皮膚炎と漢方薬治療について

接触性皮膚炎の漢方薬による治療はジンマシンなどの急性皮膚疾患に近い治療になります。

比較的原因は浅めでアトピーなどの皮膚疾患に比べれば治療期間も短めなのが一般的です。

接触性皮膚炎に使われる代表的な漢方薬

十味排毒散
排膿散及湯
越婢加朮湯
黄連解毒湯
桂麻各半湯など

広島の漢方薬局ハーブスのTEL082-507-3470

Follow me!

お気軽にお電話ください